「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給-平均年収478万円

ゲームテスターとは、開発中のゲームが仕様通り動くか、発売前にテストプレイする職業です。主な仕事は、ゲームプレイに支障をきたす“バグ(不具合)”を見つけること。バグとは、突然画面が動かなくなったり、キャラクターが動けなくなったりなど、ゲームプレイ中に起こる問題のことです。

「ゲームをプレイする」という仕事内容から楽しい仕事と認識されがちですが、同じステージを何時間も繰り返しプレイし問題がないか確かめるなど、集中力と根気が求められます。そのため、ゲームを自由に楽しむことができる仕事ではありません。しかし好きなゲームの開発に関わり、エンドクレジットに名前が載ることは大きなやりがいとなるのではないでしょうか。

別名「デバッガー」とも呼ばれるゲームテスターですが、彼らなくしてゲームは完成しないため、開発現場の“縁の下の力持ち”のような存在といえるでしょう。

ゲームテスターの仕事内容

  • 開発中ゲームの指示書や仕様書を確認します
  • 仕様書の通りに動作するか、実際にゲームをプレイして確かめます
  • 指示書の内容に沿い、正しくゲームが動作するか確かめます
  • 起こったバグや問題点を分かりやすく詳細に書き出します
  • ゲーム開発チームに、書き出した内容を報告します
  • プログラムの改善提案などを報告します

ゲームテスターの業務スキル

  • 小さなバグや不具合を見逃さない洞察力と察知力
  • 長時間集中してゲームを行う事ができる集中力
  • 同じシーンやステージを繰り返し行い、飽きても仕事を続けられるストレス耐性
  • バグや不具合が、なんのトラブルによって起こっているか仮設を立てる仮説設定力
  • 発表前の情報を間違って公表することのないよう管理する自己管理能力

ゲームテスターの専門知識

  • ゲームに関する幅広い知識
  • ゲームプログラミングの知識

ゲームテスターの実務能力

  • 洞察力、察知力
  • 集中力
  • ストレス耐性
  • 自己管理力
  • 仮説設定力

ゲームテスターの基礎能力TOP3

  • ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力

ゲームテスターの働く場所

  • 自宅
  • ゲーム制作会社

ゲームテスターの作業方法とツール

  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • Microsoft Office
  • ゲーム機、ソフト
  • ヘッドホン

ゲームテスターの活動内容

  • 開発中ゲームの指示書・仕様書の確認
  • ゲームの動作確認
  • バグや問題点の書き出し
  • バグ報告
  • プログラムの改善提案
  • ゲームの情報収集

ゲームテスターの人間性

  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人

ゲームテスターのキャリアステップ

  • ゲームキャスター
  • ゲームディレクター
  • ゲームプランナー
  • ゲームプロデュ―サー

ゲームテスターの給与

平均年収:478万円

参考:
初任給:なし(企業規模計、20~24歳)
平均:33.97万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:478.29万円(賞与:70.65万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

Indeed からの求人
未経験start活躍中 ゲームテスターStaff(登録制)

monoAI technology株式会社 - 東京都 新宿区

アルバイト 【職種】 ゲームテスター・デバッガー フォーク... ゲーム・VRなど新しいエンタメ領域で 成長中の当社でゲームテスターを募集!! 決められたマニュアルに沿ってゲームに 不具...

【アルバイト】ゲーム事業 / ゲームテスター(未経験可)

株式会社アカツキ - 東京都 品川区 上大崎

イルゲーム(携帯ゲーム、モバイルアプリ)事業における、ゲーム... 職種 / 募集ポジション 【アルバイト】ゲーム事業 / ゲームテスター(未経験可) 雇用形態 アルバイト・パート 給与...

国内版か海外版ゲームアプリのテスター募集

株式会社スキルコネクト - 東京都 渋谷区

東京 契約社員 国内版か海外版ゲームアプリのテスター募集 職種 一般職 技術分野 テスター・ヘルプデスク 雇用形態 契約... 回 業務内容 国内版か海外版ゲームアプリのテスト業務 必須ス...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収423万円

グラフィックデザイナーとは、ポスターやチラシ、書籍、雑誌、商品パッケージ、看板など、平面的なもののデザインを行う職業です。広告宣伝や販売に関わり、ビジュアル効果を高めることで、”伝えたいこと”を表現するのが仕事です。

グラフィックデザイナーの仕事内容は、広告代理店や広告制作会社での宣伝物のデザインがメインとなります。コピーライターやカメラマン、イラストレーターなど、他のクリエイターとチームを組んで仕事をしていきます。

グラフィックデザイナーになるには資格は必要ありませんが、AdobeのPhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを使いこなせると有利になります。

平均年収559万円

サウンドクリエイターとは、ゲームやアニメ、映画などのBGMやエフェクトなど、サウンドを作る仕事です。

ディレクターの演出意図に沿い、テーマ曲やBGMだけでなく、ドアを開ける音やボタンを押す音など、細かな効果音も制作します。声優の声や演奏楽曲はスタジオでレコーディングします。BGMや効果音一つでゲームの印象が一変するため、現場と綿密な打ち合わせを行った上で、納得のいくサウンドを作り上げる必要があります。

有名作品ではサウンドトラックが販売される場合があり、作品が有名になることでサウンドクリエイターの人気に火がつくこともあります。

平均年収464万円

ゲームプログラマーとは、企画書や仕様書をもとに企画を実現するためのロジックやアルゴリズムを設計し、プログラミング行い、ゲームを制作する職業です。

企画段階でそのゲームが実現可能どうかを判断する重要な役割も担っています。キャラクターの動きやサウンドの設定、ゲームシステムの構築など、ゲームが意図したとおりに動くようにプログラミムを組んでいきます。プログラミングをチェックするチームもあり、プログラムが意図したとおりに動くか確認をします。発見された不具合をゲームプログラマーが繰り返し修正していき、最終チェックが終われば、はれてゲームが完成します。

近年では処理技術やネットワークの発達により、複雑なアルゴリズムや、3D・VRなどのリアルなビジュアルを求められるゲームが増えてきており、ゲームプログラマーに多くのスキルが求められるようになっています。

平均年収679万円

ゲームシナリオライターとは、ゲームの内容やキャラクターのペルソナなどに合わせて脚本やストーリー、場面展開、セリフなどのシナリオを作成する職業です。

企画意図に沿ったうえで、システムを念頭にシナリオを書いていく必要があるため、ディレクターやプランナーが兼任することもあります。

ソーシャルゲームの広がりにより、アニメ業界などの他のエンタメ領域から移行してくるシナリオライターも多く、今後さらに注目される職種です。

平均年収409万円

ゲームプランナーとは、主にゲームの企画立案を行い、仕様書の作成とプロジェクトの進行管理を担う職業です。

市場調査や分析を行い、プロデューサーやディレクターとともに企画を立案します。企画をもとにゲームの設計図である仕様書を作成し、クリエイタースタッフに共有します。いざ制作がスタートすれば、プロジェクトの進行管理を行い、ゲームが完成するまで携わります。完成後にユーザーの反応をもとにゲームの改善を行うのも、ゲームプランナーの仕事です。

業務内容は写真素材の調達や攻略本のチェックなど多岐に渡り、「ゲームを作るため、売るために必要なこと全て」が仕事だと言っても過言ではありません。プロデューサーやディレクターの指示のもと、具体的な施策を実行するのが主な仕事であり、ゲームのヒットを左右する重要な役割です。

平均年収563万円

ゲームディレクターとは、ゲーム制作現場における、クリエイターチームの総監督です。

ゲーム制作には、デザイナーやプログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイターなど、数十人の専門クリエイターが関わりますが、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、問題解決の相談に乗ったりしながら、良い作品ができるように指揮をとるのが主な仕事です。ゲームの発売予定時期はあらかじめ決められているので、プロジェクトの進捗状況を正しく把握して、スケジュール管理を行います。

ゲーム開発における代表的なポジションであり、ヒットするゲームを作れるかどうかは、ゲームディレクターの腕次第といっても過言ではありません。また、個性的なクリエイターが集うゲーム業界において、スタッフをまとめる調整役として、強靭な精神力が求められる職業でもあります。

平均年収692万円

ゲームプロデューサーとは、ゲームの企画から完成までの全工程を統括する職業です。

市場調査や分析を行い、どのようなジャンルのゲームをどのような方法で販売するかなど、企画を検討し決定します。ゲーム開発を成功させるために必要な制作スタッフの選定や開発費の調達、スケジュール管理、販売促進などを担当し、全体を統括します。

近年では、スマートフォンによるソーシャルゲームが拡大しており、ゲームプロデューサーの需要が高まっています。また「ゲーミフィケーション」など、ゲームの考え方を取り入れたサービス設計なども増えており、ゲーム以外にも活躍の場が広がっています。