「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

初任給22万円 平均年収679万円

修復家とは、古くなった絵画や美術品の中で、保存状態がよくないものを修復し、後世に残せる状態にする職業です。

絵画修復家と美術品修復家とでは行う仕事内容が全く異なりますので、修復家になるには、まずは何の修復家になりたいかを決め、美術学校や専門学校で修復技術を学ぶのが一般的です。

美術学校や専門学校などで学んだ後に、絵画・美術品保存研究所や絵画・美術品修正工房のような企業や財団法人などに就職し、仕事を行います。あるいは、海外の絵画・美術品修復工房に入り、技術を磨き、世界中で活躍できる修復家を目指すこともできます。

修復家の仕事内容

  • 作業開始前にアトリエ内の清掃をします
  • 絵画・美術品の修復作業を行います
  • 絵画・美術品の修復に関して、進捗具合などの関連書類を作成します
  • 絵画・美術品に関する情報収集を行います

修復家の業務スキル

  • 古く壊れやすい絵画・美術品の汚れを落とし、丁寧に修復することができる手先の器用さ
  • 取り扱う絵画・美術品の価値を正しく理解することができる審美眼
  • 絵画・美術品を損なわないように、長時間集中して作業を行うことができる集中力
  • 古修復箇所を正しく見極めて修正することができる判断力
  • 絵画・美術品を修復し後世に残したいと強く思い行動に移せる主体性

修復家の専門知識

  • 世界中の絵画・美術品に関する深い知識
  • 絵画・美術品修復技術に関する深い知識

修復家の実務能力

  • 手先の器用さ
  • 審美眼
  • 集中力
  • 判断力
  • 主体性

修復家の基礎能力TOP3

  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力

修復家の働く場所

  • 美術館
  • 画廊
  • 絵画修復工房
  • 大学
  • 専門学校

修復家の作業方法とツール

  • 作業服
  • ライト

修復家の活動内容

  • アトリエ内の清掃
  • 修復作業
  • 関連書類作成
  • 絵画・美術品の情報収集

修復家の人間性

  • 強い意志で理想を実現する人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

修復家の給与

初任給:22万円
平均年収:679万円

参考:
初任給:22.1万円(企業規模計、20~24歳)
平均月給:40.34万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:679.19万円(賞与:110.51万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

Indeed からの求人
施設長

公益財団法人徳川ミュージアム - 茨城県 水戸市

語の言葉で、この精神は水戸徳川が受け継いだ水戸学の精神とい... めに貴重な文化財の保存と修復にも力を注いでいます。これらの事業を実施するために、歴史ある徳川ゆかりの「徳川の森」を守る...

保育士(歯科医院)

なないろの森 歯科クリニック - 大阪府 高石市 高石駅

達と食事に行ったり、 ゆっくりでくつろいだりと、有意義に過... して患者様を ゴールへと導いて行きます。しかし、それは単に修復処置であり、 欠損補綴であり、歯周治療一つとっても切除療法...

歯科技工士(歯科技工所)

株式会社ワールドラボ - 東京都 目黒区

マーの指導スタッフを2名募集します。 寮完備、通訳あり、親日が多く治安の良い国なので、海外勤務の経験がない方でも安心で... 工物製造 ・保険適応技工物: 歯冠修復物、有床義歯、小児補綴...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収1,159万円

私立大学教員とは、学校教育法で定められた学校法人に所属する教授や准教授、講師、助教、ポストドクター(ポスドク)などを指します。自然科学系や人文社会系など各専門分野に関する研究・教育活動を行います。

私立学校は、国公立とは違い私人等の寄附によって設立された法人であるため、独自の教育理念に則って運営されています。しかし、公教育の一翼を担っている点で「公の性質」を有するため、国の法令に基づき交付された私学助成の配分を受けて活動を行っています。

私立大学の教授として有名になると、国立大学教授よりも高い収入を得ることも可能です。また、なかには企業の顧問や社外役員といった兼業を行っている教員もいます。

平均年収917万円

国立大学准教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。研究室を主宰する教授と連携しながら、独自の研究活動と、実質的な研究室運営に携わります。

公募情報は各大学の公式ウェブサイトやJREC-IN Portalなどの研究人材向けポータルサイトなどに掲載され、各機関の部局単位で置かれる教授会での審議などを経て採用が決まります。

かつては助教授と呼ばれていましたが、2007年4月の改正学校教育法施行に伴い、准教授に名称が変わりました。

平均年収1,159万円

国立大学教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。他にも入試委員や公開講座講師など、さまざまな活動を通じて大学の運営に携わります。

国立大学教授は国立大学法人の職員という立場なので、公務員ではありません。しかし、公共性の高い職種であることから、「みなし公務員」として、公務員と同じような待遇を受けられます。

知を愛し、学問を深く希求する哲人の姿になぞらえて、自らをアカデミアと称することがあります。これは紀元387年頃、哲学者プラトンが創設した学園名に由来します。

平均年収549万円

市役所職員は、地方自治体の市役所で一般行政職や技術職に従事する地方公務員です。政令指定都市では人口が多いため区役所職員がその役割を担います。

一般行政職は戸籍や住民票に関する窓口業務などの事務を、技術職は道路工事や都市計画などに関するサポート業務を行います。市民と直接触れ合う仕事であり、地域住民の役に立っていることを肌で実感できる、やりがいのある仕事です。

多くの自治体では受験資格の中に住所要件を設けていないため、勤め先の自治体に住まずに、近隣の自治体から通勤することもできます。また、女性の育児休暇の取得率が99.1%と、女性が働きやすい職場であるといえます。

平均年収410万円

学芸員とは、美術館や博物館などの文化施設において、施設内に保管する資料を研究・整理・展示などに使用して、学術振興や文化向上に貢献する職業です。

取り扱う文化的資料に関する深い造詣を持つことはもちろん、常に知識を更新していく必要があります。それは施設に訪れる人を案内をする立場であるからだけでなく、「学術振興や文化向上に貢献する」学芸員として、常に自己研鑽をし、その道の専門家で有り続ける必要があるからです。研究職としてのイメージが強い学芸員ですが、施設運営に関する幅広い事務作用も行います。

海外ではキュレーターという専門職が設置されますが、日本における学芸員の仕事はキュレーターよりも多岐に渡ります。そのため、あらゆる専門技術が必要とされますが、やりがいのある職業といえるでしょう。