「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

初任給22万円 平均年収323万円

美術品輸送コーディネーターとは、美術品の運送に最適な環境や方法をコーディネートする職業です。依頼者の要望に沿い、美術品を美術館や博物館、個人宅などのあらゆる場所へ、破損させることなく無事に届けるための輸送をコーディネートします。

輸送・集荷・梱包・展示・保管・返却・通関手続きなど、あらゆる美術品運送に関する知識を持ち、繊細で壊れやすい美術品を梱包方法から温度管理まで最適な方法で運ぶための方法を考えます。関係業者とのスケジューリング調整や書類作成などの事務処理も大事な仕事です。

美術品はその特性上、細かな管理をしないと破損リスクが高まります。そのため、美術品運搬の詳細な知識を持ち、丁重に美術品を運ぶ方法をコーディネートできる美術品運送コーディネーターが求められるのです。

美術品輸送コーディネーターの仕事内容

  • 運送依頼を受けた美術品の特徴や状態を、正しく把握します
  • 展示会場の環境を確認します
  • 美術品に最適な輸送プランを立案します
  • 運送業者や依頼者と、運送日程についてスケジュールを調整します
  • 輸送車両を手配します
  • 輸送ルートを決定します
  • 海外の美術品を運ぶ場合、通関に関する書類を作成します
  • 海外の美術品を運ぶ場合、税関申請を行います
  • 見積書を作成します
  • 運送日当日は、現場スタッフへの指示出しを行います
  • 必要箇所へ業務結果報告を行います

美術品輸送コーディネーターの業務スキル

  • 関係業者と円滑にコミュニケーションを取り、美術品を安全に運送するためのチームワーク力
  • トラブルが発生したときも冷静に判断し、適切な指示を出せる情況把握力
  • 美術品運送にともなう書類作成などを滞りなく作成できる事務処理能力
  • 各美術品に合った運送方法を提案する提案力
  • 現場であらゆる関係スタッフに指示を出し、適切に行動してもらうためのリーダーシップ力

美術品輸送コーディネーターの専門知識

  • 美術品の扱いに関する知識
  • 運送業界の知識
  • 世界中の絵画・美術品に関する深い知識

美術品輸送コーディネーターの実務能力

  • チームワーク力
  • 情況把握力
  • 業務管理能力
  • 提案力
  • リーダーシップ力

美術品輸送コーディネーターの基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力

美術品輸送コーディネーターの働く場所

  • 美術品運送会社
  • 運送会社
  • 美術館
  • 博物館
  • 絵画保有企業
  • 画廊

美術品輸送コーディネーターの作業方法とツール

  • 手袋
  • デジタルカメラ
  • メジャー
  • マスク
  • ライト
  • ドライバー
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • Microsoft Office
  • ヘッドセット

美術品輸送コーディネーターの活動内容

  • 美術品の特徴や状態の確認
  • 展示会場の環境確認
  • 輸送プラン立案
  • スケジュール調整
  • 輸送車両手配
  • 輸送ルート決定
  • 通関に関する書類作成
  • 税関申請
  • 見積書作成
  • 現場スタッフへの指示出し

美術品輸送コーディネーターの人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人

美術品輸送コーディネーターのキャリアステップ

  • 経営者

美術品輸送コーディネーターの給与

初任給:22万円
平均年収:323万円

参考:
初任給:22.23万円(企業規模1000人、20~24歳)
平均月給:25.23万円(企業規模1000人、年齢計)
平均年収:323.05万円(賞与:20.29万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

美術品輸送コーディネーターの推奨資格

  • 美術品梱包輸送技能取得士

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収323万円

営業事務とは、外回りの多い営業職を、主に事務面でサポートする職業です。営業アシスタントと呼ばれることもあります。企業によっては、内勤ではなく営業先に同行したり、営業職に代わって代理営業を行うこともあります。

販促資料を作成したり、顧客からの電話を受けたりと、営業活動全般に関わるだけでなく、営業職の営業成績を管理しているため、締日になると共に喜んだり、あるいは励ましたりするポジションでもあります。

求人数も多く、未経験でも比較的採用されやすい職種です。海外と取引をしている企業などでは、たとえ趣味レベルであっても英語や中国語などの外国語のスキルがあると歓迎されます。

平均年収330万円

美術商またはアートディーラーと呼ばれ、美術品を仕入れ、展示会やデパートのギャラリー、画廊などで顧客に販売する仕事です。

オークションに出向いたり、同業者やコレクター、美術家を訪ね、美術品に価値があり売れるか判断し買い付け、顧客のコレクターに販売します。
また、展示スペースを持つ美術商や百貨店の美術部で働く美術商は、作品を販売するとともに、新作の展示会なども企画・開催し、新しい美術作品を発信する場としてアーティストを育てる役割も担います。

以前は個人からの買取依頼が多かったが、最近では貴金属買取り店など、古物商からの引き合いが増えています。

平均年収368万円

トラック運転手は、個人や法人などから依頼を受けた荷物を、トラックを運転して荷揚げ場所から荷卸し場所まで確実に配送する仕事です。

宅急便などの小包だけでなく、引っ越しの荷物から建築使われる大きな構造物、危険物に指定されるガソリンや高圧ガスなど様々な種類があり、それに合わせて小型、中型、大型、長距離、宅配、冷凍冷蔵車やタンクローリーなど、使用するトラックや積載量が変わったり、距離などにより種類や必要な免許も変わります。

以前よりトラック運転手の過酷な労働環境が問題になっていますが、最近では労働時間の短縮や有給休暇の取得など少しずつ働きやすい環境が整ってきています。

平均年収410万円

学芸員とは、美術館や博物館などの文化施設において、施設内に保管する資料を研究・整理・展示などに使用して、学術振興や文化向上に貢献する職業です。

取り扱う文化的資料に関する深い造詣を持つことはもちろん、常に知識を更新していく必要があります。それは施設に訪れる人を案内をする立場であるからだけでなく、「学術振興や文化向上に貢献する」学芸員として、常に自己研鑽をし、その道の専門家で有り続ける必要があるからです。研究職としてのイメージが強い学芸員ですが、施設運営に関する幅広い事務作用も行います。

海外ではキュレーターという専門職が設置されますが、日本における学芸員の仕事はキュレーターよりも多岐に渡ります。そのため、あらゆる専門技術が必要とされますが、やりがいのある職業といえるでしょう。

現在作成しております。しばらくお待ちください。