「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 19 万円
平均年収 281 万円

美容家は、美容に関する知識・スキルを活かして、その人の個性や生活志向に合った美容法やヘアメイクなどを提案する職業です。

テレビなどのメディアで講師をしたり、レッスンを企画・開催したり、雑誌やネットで美容に関する記事を寄稿したり、オリジナルの商品を販売するなど、人によって活動内容はさまざまです。美容家になるには資格は必要ありませんが、美容師やメイクアップアーティストなどから転身することが多いようです

最近では、InstagramやYouTubeなどで自身のチャンネルを運営するなど、自分で情報発信を行ってファンを獲得する人も増えてきています。いずれにしても、。自分の強みをしっかりと磨きながらセルフブランディングをすることが必要です。

美容家の仕事内容

  • 美容レッスンを企画し、生徒を募って開催します
  • 会員制サロンの運営を行います
  • 雑誌やネットメディアで美容記事を寄稿や記事内容の監修・アドバイスを行います
  • オリジナル化粧品などの商品を企画・監修・販売します
  • テレビなどのメディアに美容講師として出演します
  • ブログやSNS,YouTubeなどのオンラインメディアで情報発信活動を行います

美容家の業務スキル

  • 芸術や最新トレンドにつねに触れ磨き上げるセンス、創造力
  • ヘアメイクや化粧品、メイク技術、スタイリングなどに関する専門知識やスキル
  • 自分の強みを磨きひろくアピールする人間関係構築力、プレゼンテーションスキル
  • オンラインメディアなどでファンを増やす発信力
  • 多くの人と連携して仕事を進めるコミュニケーション力

美容家の専門知識

  • 美容に関する幅広い知識
  • 人体に関する知識

美容家の実務能力

  • マーケティング力
  • 創造力
  • 審美眼
  • 人脈構築力
  • コミュニケーション力

美容家の基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

美容家の働く場所

  • 美容室
  • 専門学校
  • 化粧品メーカー
  • 出版社
  • 個人事務所

美容家の作業方法とツール

  • メイク道具
  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • 動画共有サイト
  • SNS
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • Microsoft Office

美容家の活動内容

  • 美容レッスンの企画・開催
  • 会員制サロンの運営
  • 記事寄稿、監修
  • オリジナル商品の企画・監修・販売
  • メディア出演
  • オンラインメディアでの発信活動

美容家の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 社交的で感性豊かな人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人

美容家のキャリアステップ

  • 経営者
  • メイクアップアーティスト

美容家の給与

初任給:19万円
平均年収:281万円

参考:
初任給:19.23万円(企業規模計、20~24歳)
平均月給:22.99万円(企業規模計、年齢計)
平均年収:281.82万円(賞与:5.94万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

美容家の推奨資格

  • 美容師免許
  • JMAメイクアップ技術検定
  • 日本化粧品検定
  • スキンケアアドバイザー、スキンケアカウンセラー
  • 色彩検定
  • カラーコーディネート検定試験
  • AEA認定エステティシャン
  • ビューティー・セラピー・ディプロマ
Indeed からの求人
医療スタッフ

真心鍼灸治療院 - 長野県 長野市

業務 美容鍼を始め、体の総合治療、不妊治療、骨盤矯正、猫背矯正、小顔矯正、オイルトリートメントなど施術メニューを行います。 9割以上クライアント様は女性になります。 治療とし...

柔整師(柔道整復師)

株式会社スイッチオン - 大阪府 大阪市 中央区 本町

ですが、その分、治療として早く成長できる環境です。 お客様の男女比率は、男性・女性:4:6で、美容鍼灸に力を入れてま... 美容鍼の経験者を優遇します。 全身美容鍼など、美容鍼灸のお...

融資審査

株式会社フィード - 東京都 港区

社について: ・2007年に美容系企業として創業し、以来業績... 向かい、を失った人々を支援するボランティア活動を通じて、「これからの日本で人の役に立つために、心から安らげるをつくろ...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収298万円

ネイリストは、ネイルサロンや美容室などで爪の形を整えたり、アートを施したりして美しく飾る仕事です。

まず初めに、お客様の要望と爪の状態を把握します。
お客様の生活習慣も踏まえながら、どのようなケアやカラー、アートを施すか提案します。
方向性が決まったら爪のケアを行います。削ったりするだけでなく、修復や巻き爪対策をすることもあります。
カラーリングやジェルの塗布、シールやラインストーンを用いたアートは腕の見せ所です。

爪の状態を観察して、お客様に合ったネイルケア商品の紹介や販売をしたり、キャンペーンやイベントの案内もします。

最近は3Dアートやペイントアートなどのニーズが高く、流行を知ることだけでなく、常に進化している商材を扱う技術や知識を身につける必要があります。

平均年収280万円

ビューティーアドバイザーとは、化粧品の販売や提案を行う美容部員のことです。百貨店やドラッグストアに配置され、さまざまな化粧品を利用客に提案したり、トライアルを行って販売したりします。華やかなイメージのある職業ですが、商品の在庫管理や伝票処理など、裏方業務にも徹します。

百貨店に所属する社員、化粧品メーカーに所属する社員など、雇用形態は複数あります。化粧品の販売がメイン業務ですが、時には利用客のスキンケア相談にのったり、メイクを施したりもします。女性特有のデリケートな問題に接するため、ビューティーアドバイザーの大半は女性です。

一般的にビューティーアドバイザーは、化粧品メーカーが実施する研修に参加します。百貨店に所属するビューティーアドバイザーには異動があり、その都度担当メーカーの研修を受けることになります。メイクや化粧品に対する深い知識、利用客に安心感を与えるコミュニケーション能力が必要な職業です。

平均年収281万円

ヘアメイクアップアーティストは、テレビや映画、CM、雑誌、舞台、ファッションショー、イベント、ブライダルサロンなどで、タレントやモデル、出演者、一般の人に対しヘアメイクを施す職業です。

ヘアスタイリングとメイクアップの仕事はとくに分業されていないため、ヘアメイクアップアーティストは両方の知識と技術を持っていることが必要です。また、単に美しいだけでなく、TPOや依頼者のニーズに合ったヘアメイクを行います。ヘアメイクアップアーティストになるには、まず美容系専門学校に入学し、その後ヘアメイクアッププロダクションやブライダルサロンなどに就職するルートが一般的です。

華やかな業界ですが、裏方としての体力勝負な一面もあり、地道な仕事をこなしながらスキル・経験を磨き、人脈を築いていきます。向上心を持ち続けて売れっ子になれば、フリーランスとして幅広く活躍することも可能です。

平均年収281万円

アイリストとは、まつ毛エクステやまつ毛パーマなどの施術を行ったり、目元のケアを行う職業です。

まつ毛エクステやまつ毛パーマは、ビューラーやマスカラをしなくても目元がはっきりするため、美容に敏感な女性に高い人気があります。アイリストになるには、大切な目元に薬剤を使用するなど高度な技術を要するため、国家資格である美容師免許に合格することが必要です。美容師免許取得後に美容サロンやエステサロンに就職し、まつ毛や目元のケアについての専門知識やスキルを修得していきます。民間講座を利用してアイリストの技術を学ぶ人もいます。

アイリストは、美容師や理容師と同様に手に職の仕事です。高い技術を身につけることで独立したり、多くの指名を得たりしながら、長く働き続けることが出来るのも大きな魅力です。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収281万円

美容師とはヘアスタイリストとも呼ばれ、お客の要望に合わせて髪の毛を美しく整える職業です。

最初にお客の希望を確認し、髪質や生活スタイルによってアドバイスを行いながら、施術内容を決定します。全体のバランスに注意しながら施術し、カットやパーマなどを終えたら綺麗にヘアセットをします。また、施術後のクオリティを保つために、ヘアケアやヘアセットのアドバイスをしたり、ケアに有効な商品の紹介と販売をしたりもします。

最近ではトータルビューティーをかかげ、メイクやネイルなど、髪以外の部分に関わる施術を行なったり商品案内をしたりする美容師も増えています。