「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

極地冒険家

初任給 -
平均年収 -

極地冒険家とは、北極地方や南極大陸の冒険や探検を行う職業です。元々は北極圏や南極大陸の実地調査や研究、観測のために行われるものでしたが、現代ではスポーツに近い目的で行われることもあります。

極地という人類未踏の場所へ出かけ新たな発見をすることを目的に、氷に囲まれた過酷な環境の中、徒歩やソリでひたすら進み続けます。ときには命を落とす危険と向き合いながら、無事に帰還しなければなりません。

極地冒険には多くの費用が必要となるため、書籍を出版したり、テレビ出演や講演を行ったりする冒険家や探検家もいます。有名になるとスポンサーがつくこもありますが、最近ではクラウドファンディングで資金を集める極地冒険家も出てきています。

極地冒険家の仕事内容

  • 極地冒険の目的地とルートを定め、下調べをし計画を練ります
  • 貯金やスポンサー、クラウドファンディングなどから必要資金を調達します
  • 冒険や探検に必要な装備や食料、スタッフを用意します
  • 北極圏や南極大陸の冒険や探検を行います
  • 極地で食料を調達するために猟を行います
  • 極地冒険の記録を書籍や動画、講演などで発信します

極地冒険家の業務スキル

  • 過酷な状況下にも耐えうる強靭な精神力と体力
  • 目的を達成し無事に帰還できるように探検をプランニングする計画力
  • 想定外の出来事にも冷静に対処し命を守るサバイバル力
  • 現地で食料を調達するための猟の技術
  • 限られた食材や機器で必要なカロリーをまかなうための料理の腕
  • 常に現在地を把握しておくために、地図やコンパス、六分儀、GPSなどの機器を使いこなすスキル
  • 極地探検の記録を書籍や動画、講演などで世間に共有する発信力
  • クラウドファンディングやスポンサーから必要資金を集めるための資金調達力

極地冒険家の専門知識

  • 北極圏や南極大陸の地理や環境に関する知識
  • 極地を生き抜くために必要なカロリー計算などの栄養学

極地冒険家の実務能力

  • 体力
  • 実行力
  • 判断力
  • 計画力
  • 情況把握力

極地冒険家の基礎能力TOP3

  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力

極地冒険家の働く場所

  • 北極圏
  • 南極大陸
  • 個人事務所
  • 所属企業

極地冒険家の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • デジタルカメラ
  • GPS
  • 調理機器
  • ナイフ
  • 地図
  • 六分儀
  • ウェア
  • ソリ
  • テント
  • 猟銃

極地冒険家の活動内容

  • 目的地やルートの下調べ・計画
  • 資金調達
  • 装備・食料・スタッフの用意
  • 極地探検
  • 食料調達のための猟
  • 極地探検の記録発

極地冒険家の人間性

  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 強い意志で理想を実現する人

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。