「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

フードデリバリースタッフ

初任給 27 万円
平均年収 422 万円

フードデリバリースタッフとは、飲食店で作った料理を一般家庭やオフィスに配達する職業です。

昔からピザやラーメン、寿司などの出前はありますが、現在では飲食店と顧客のマッチングサービスが普及したことで、さまざまな料理を配達するようになりました。デリバリー用のバイクで配達を行うことが多いですが、自動車や自転車での配達をすることもあります。

近年、Uber Eats(ウーバーイーツ)が日本でのサービスを開始したことで、雇用関係を結ばずに好きな時に好きな時間だ働くという自由な働き方も普及してきています。

フードデリバリースタッフの仕事内容

  • 顧客から注文が入ったら、飲食店から料理を受け取ります
  • 配達場所を地図アプリなどで確認します
  • 料理を積み込み、バイクや自動車、自転車などで配達します
  • 配達時間が遅れそうな場合は電話で状況を連絡します
  • 料理を受け渡し、現金決済の場合はお金を受け取ります
  • 飲食店に配達完了の報告をします
  • 全ての配達が終了したら回収した売上を納めます

フードデリバリースタッフの業務スキル

  • 夏の暑さや冬の寒さにも耐えうる体力と精神力
  • バイクや自動車、自転車の安全な運転技術
  • 料理を崩さないように配達するバランス感覚
  • 道に迷わないように配達エリアの地理を把握する方向感覚
  • 料理をスピーディーに効率よく配達する段取り力

フードデリバリースタッフの専門知識

  • 道路交通法

フードデリバリースタッフの実務能力

  • 体力
  • 接客力
  • 実行力
  • 計画力
  • 情況把握力

フードデリバリースタッフの基礎能力TOP3

  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力

フードデリバリースタッフの働く場所

  • 飲食店
  • フードデリバリー会社
  • ケータリング会社
  • 仕出し屋
  • 個人事務所

フードデリバリースタッフの作業方法とツール

  • 自動車
  • オートバイ
  • 原付バイク
  • 自転車
  • ヘルメット
  • スマートフォン
  • デリバリーバッグ
  • 地図アプリ
  • 制服
  • 帽子
  • 電卓
  • カーナビ

フードデリバリースタッフの活動内容

  • 料理の受け取り
  • 配達場所確認
  • 配達
  • 配達状況連絡
  • 料理受け渡し
  • 代金受け取り
  • 配達完了報告
  • 売上納入

フードデリバリースタッフの人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人

フードデリバリースタッフのキャリアステップ

  • 経営者

フードデリバリースタッフの給与

初任給:27万円
平均年収:422万円

参考:
初任給:27.07万円(企業規模10人以上、20~24歳)
平均月給:31.79万円(営業用普通・小型貨物自動車運転者の年収から推計)
平均年収:422.63万円
※2019年度参照

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

フードデリバリースタッフの推奨資格

  • 普通自動車免許
  • 普通二輪免許

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
  • ゆうた
    2021年04月13日 11:04
    フードデリバリーの仕事は、勤務時間をしりたいのですがよかったら教えていただくと幸いです。
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収409万円

料理人とは、レストランやホテル、居酒屋などで食材を調理し、お客様に料理を提供する職業です。仕事内容は調理だけでなく、食材の仕入れや仕込み、メニュー開発など多岐にわたります。

日本料理の場合は板前、西洋料理の場合はコックやシェフと呼ばれます。とくにシェフと呼ばれる場合は、ただの料理人ではなく、コックをまとめる”総料理長”を意味します。そのため、シェフの仕事にはスタッフや料理のクオリティのマネジメントも含まれます。

料理人になるには、調理師の専門学校に通ったり、飲食店で下積みをして技術を身につけたりする方法があります。最近では、料理に関することだけでなく、売上や原価計算などの経営感覚を持った料理人が求められています。

平均年収324万円

カスタマーサポートとは、企業の窓口として顧客からの商品やサービスに対する問い合わせに対応する職業です。

商品やサービスの使用方法に関する問い合わせや、クレームなどに対応します。顧客とのやりとりは電話やメール、チャットなどでのコミュニケーションがメインです。また、業種によっては見積もりや各種手配業務も仕事内容に含まれます。

シフト制で残業のない職場が多いため、ワークライフバランスの面で女性が働きやすい職種といえるでしょう。また近年、サブスクリプション型のビジネスモデルが増えてきているので、顧客満足度を向上させるためにカスタマーサポートがより重要視されるようになっています。

平均年収359万円

飲食店店長は、飲食店の店舗管理と運営を行う職業です。

営業計画を立て、食材の発注や料理の品質管理、店内の環境整備や雰囲気づくり、スタッフの人材管理や教育など、店舗運営に関わる管理業務を一手に担います。営業終了後には、売上を計上して営業日報を作成し、本社に報告します。

店舗の総責任者としてスタッフの教育や指導を行い、店舗を成長させ顧客満足を高めるという飲食店店長の仕事は、経営センスを磨く絶好の機会です。将来的に自らの飲食店を経営したいと考えている人にとっては多くのことが学べるでしょう。