「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

証券リテール営業

初任給 24 万円
平均年収 781 万円

証券リテール営業とは、個人の顧客向けに株式や投資信託、債券などの金融商品を販売する職業です。

新規顧客開拓を行い、資産運用を目的とした個人の顧客に証券会社の口座を開設してもらいます。その後、金融商品の売買により手数料を稼ぐことが証券リテール営業の大きな仕事です。

新規顧客開拓や営業ノルマがあるのでハードな仕事である一方、営業成績によっては20代のうちから年収1,000万円以上を稼ぐこともできる夢のある仕事といえます。

証券リテール営業の仕事内容

  • 毎朝、経済新聞やニュースなどから経済やマーケット情報を収集します
  • ミーティングを行い営業予定を確認します
  • 見込み客リストに沿ってテレアポを行います
  • アポが取れた見込み客や飛び込み営業で個人宅を訪問します
  • 株や投資信託、債券など顧客に適した金融商品を販売します
  • 顧客管理システムに新規顧客のデータを入力します
  • 口座開設の手続きや注文受注などの事務処理をします
  • 金融商品の提供に際して必要な書類(目論見書)を作成します
  • 価格が下落時などには顧客へのアフターフォローを行います

証券リテール営業の業務スキル

  • 断られても営業の数をこなせる精神力
  • 営業ノルマを絶対に達成するというバイタリティ
  • 新規顧客とも良好な関係を築けるコミュニケーション能力
  • さまざまな集まりなどで見込み客を発掘できる人脈構築能力
  • 細かな数字も正確に扱える事務処理能力
  • 相場の下落した際にも落ち着いてアフターフォローができる冷静さ
  • 顧客からの不安の声やクレームにも動じないストレス耐性

証券リテール営業の専門知識

  • 金融商品取引法及び関係法令
  • 金融商品の勧誘・販売に関係する法律
  • 協会定款・諸規則
  • 取引所定款・諸規則
  • 株式業務
  • 債券業務
  • 投資信託及び投資法人に関する業務
  • 付随業務
  • デリバティブ取引
  • 証券市場の基礎知識
  • 株式会社法概論
  • 経済・金融・財政の常識
  • 財務諸表と企業分析
  • 証券税制
  • セールス業務

証券リテール営業の実務能力

  • 提案力
  • 粘り強さ
  • ストレス耐性
  • 相場観
  • コミュニケーション力

証券リテール営業の基礎能力TOP3

  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

証券リテール営業の働く場所

  • 証券会社

証券リテール営業の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • Microsoft Office
  • ビジネスチャットツール
  • 電卓
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • 複合機
  • 顧客管理システム

証券リテール営業の活動内容

  • 経済やマーケットの情報収集
  • ミーティング
  • 営業予定の確認
  • テレアポ
  • 訪問営業
  • 金融商品の販売
  • 新規顧客データ入力
  • 口座開設手続き
  • 注文受注などの事務処理
  • 目論見書作成
  • 顧客へのアフターフォロー

証券リテール営業の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

証券リテール営業のキャリアステップ

  • 経営コンサルタント
  • ファイナンシャルプランナー

証券リテール営業の給与

初任給:24万円
平均年収:781万円

参考:
初任給:24.37万円(企業規模計、20~24歳)
平均:58.13万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収781.55万円(賞与:83.99万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

証券リテール営業の必須資格

  • 証券外務員二種

証券リテール営業の推奨資格

  • 証券外務員一種
  • 生命保険募集人(一般課程)
  • 生命保険募集人(専門・変額課程)
  • 損害保険募集人
  • ファイナンシャルプランナー
CAREER INDEX からの求人
未経験OK<証券リテール営業> 1923年創業、独立系日系証券会社(東証一部上場)

岡三証券株式会社 - 本店・全国各地の支店(室町本店)東京都中央区【最寄り駅】三越前(徒歩2分)(支店)札幌市、仙台市、金沢市、東京都23区内、さいたま市、千葉市、柏市(千葉県内ほか)、横...

【証券会社/リテール営業】<東証1部上場・独立系証券会社>証券会社、金融業界未経験の方歓迎です!これまでのご経験を活かして、金融業界でさらにスキルアップしませんか。...

証券リテール営業:上場金融総合グループ:日系独立系証券

会社名非公開 - ○東京本社●神奈川県 :平塚支店、武蔵小杉支店 ●千葉県:成田支店、八日市場支店●埼玉県:新座志木支店 ●静岡県 :磐田支店 ●大阪府:大阪支店 ●兵庫県:加古川支店、赤穂支店...

【MUST】・短大卒以上で、証券会社でリテール営業のご経験が3年以上ある方。 【基本的に年齢は不問です】 【証券会社でのご勤務にブランクがある方も可です】【WANT】・明るく、お…...

証券リテール営業【上場金融グループ:日系証券会社】

会社名非公開 - ・東京本社【中央区】・大阪支店【大阪市中央区】・兵庫県【加古川支店】・埼玉県【新座志木支店】・千葉県【八日市場支店】【成田支店】・神奈川県【平塚支店】【武蔵小杉支店】・...

○大手上場金融グループの日系証券会社にて、・リテール営業全般:引継ぎ顧客担当がメインとなります。・主な商品:株式・投信、債権、仕組債、他、...

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収323万円

営業事務とは、外回りの多い営業職を、主に事務面でサポートする職業です。営業アシスタントと呼ばれることもあります。企業によっては、内勤ではなく営業先に同行したり、営業職に代わって代理営業を行うこともあります。

販促資料を作成したり、顧客からの電話を受けたりと、営業活動全般に関わるだけでなく、営業職の営業成績を管理しているため、締日になると共に喜んだり、あるいは励ましたりするポジションでもあります。

求人数も多く、未経験でも比較的採用されやすい職種です。海外と取引をしている企業などでは、たとえ趣味レベルであっても英語や中国語などの外国語のスキルがあると歓迎されます。

平均年収781万円

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人や中小企業に対して、資産や資金計画に関するアドバイスを行う職業です。

家計の見直しや住宅ローン、保険、教育資金、老後の生活、相続、税金など、暮らしにおけるお金の悩みは尽きません。そのようなライフステージごとのお金に関する相談に乗り、ライフプランニング(生涯生活設計)を行うのがファイナンシャルプランナーの仕事です。FPの9割は企業内で仕事をしていますが、経験をつめば独立開業も目指せる夢のある職業です。

ファイナンシャルプランナーになるには、資格を取得するのが一般的です。とくに、「ファイナンシャル・プラニング技能検定」は国家資格であるため、取得していると信用度が高くなります。

平均年収596万円

銀行員(総合職)は、融資の取引獲得や金融商品の販売など銀行内での審査や事務業務だけでなく、個人や法人に対する営業を行う仕事です。

個人や法人に対して金融商品販売などの営業活動を行い、資金を必要としている依頼者を探し融資の契約や資産の活用などのコンサルティングを行います。

総合職は本部の幹部候補生として、全国転勤や部署異動を繰り返しながら幅広い分野の知識やスキルを身に付け、キャリアを積み重ねながら管理職へと昇進していきます。

平均年収781万円

保険外交員とは、一般家庭や企業を訪問し、顧客一人ひとりのライフスタイルやニーズに合わせて、保険商品のコンサルティング・販売をする職業です。

保険や税金の知識をもとに、お客様の不安や疑問を解消しながら、適切な保険商品の情報を提供し保険の加入を勧めます。また保険加入後のアフターサービスも大切で、ライフスタイルの変化に合わせ契約内容を見直し、必要に応じて特約や新商品を紹介するなど、顧客と長期に渡る信頼関係を築いていきます。

契約は知人や顧客からの紹介など人脈に依存する部分が大きく、日頃から幅広い人間関係を構築するための活動が求められます。

平均年収781万円

証券アナリストとは、証券会社や投資顧問会社などの金融機関に所属し、企業動向や経営状態、国内外の政治・経済情勢などの幅広い情報を集めて分析し、株価の評価や金融の将来予測を行う職業です。

証券アナリストは、「セルサイド(売る側)」と「バイサイド(買う側)」の2種類に分かれます。セルサイド・アナリストは証券会社に所属し、投資家向けにマーケット情報を提供します。証券アナリストという場合には、セルサイドを指すことが一般的です。バイサイド・アナリストは投資顧問会社などに所属し、自社のファンドマネージャーが投資先を選定する際の判断材料としてレポートを作成します。

証券アナリストになるには資格は必須ではありませんが、CMA(日本証券アナリスト協会認定アナリスト)を取得することが一般的です。また、新卒で証券アナリストとして働けることは希ですが、証券会社によっては部門別採用を行っており、「リサーチ部門」で採用されれば近道となります。