「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 27 万円
平均年収 640 万円

ビオトープ管理士とは、野生の生物たちが生息する環境を保護し、生態系を維持していく職業です。

ビオトープ(BIOTOP)とは、生きもの(BIO)と場所(TOP)から成るドイツ語で、地域の野生の生きものたちが生息・生育する空間を意味します。建築や街づくりの際に、ビオトープの概念を用いて地域計画を行い、自然環境との共存を図るのがビオトープ管理士の仕事です。

ビオトープ管理士になるには、「ビオトープ計画管理士」か「ビオトープ施工管理士」どちらかの資格を取得する必要があります。資格を活かして、土木会社や建設会社、造園会社などの民間企業、あるいは地方自治体や官公庁などの行政機関で働くことが一般的です。

ビオトープ管理士の仕事内容

  • 依頼者からビオトープについての要望をヒアリングします
  • ビオトープの維持管理方法について、官公庁や自治体の担当者と協議します
  • 緑地管理や地域計画についてチームメンバーとミーティングを行います
  • ビオトープの設計やデザインを行います
  • 環境調査や生態調査を行います
  • 新たに施工する施設内にビオトープを設置するために現場確認を行います
  • ビオトープの設計図に沿って施工を行うよう管理します
  • 生態系を守るために外来種の植物の除去や樹木の伐採作業を行います
  • ビオトープや自然保護についての講演や研修を行います
  • 小学校などで自然環境について授業を行います

ビオトープ管理士の業務スキル

  • 環境・生態調査スキル
  • 設計・デザイン能力
  • プロジェクトマネジメント能力
  • 地域住民とのコミュニケーション・合意形成
  • 環境保全を実現するために関係各所をまとめる折衝能力
  • 樹木の伐採スキル
  • 講演や研修、授業を行うための発信力

ビオトープ管理士の専門知識

  • 生態学
  • ビオトープ論
  • 環境関連法
  • 都市計画
  • 農村計画
  • 地域計画
  • 施工計画

ビオトープ管理士の実務能力

  • プレゼンテーション力
  • コンサルティング力
  • 情況把握力
  • 業務管理能力
  • 政策立案力

ビオトープ管理士の基礎能力TOP3

  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

ビオトープ管理士の働く場所

  • 土木会社
  • 建設会社
  • 造園会社
  • ハウスメーカー
  • 材料メーカー
  • 環境調査機関
  • 官公庁
  • 地方自治体
  • 博物館
  • NPO
  • ボランティア団体

ビオトープ管理士の作業方法とツール

  • パソコン
  • CAD
  • メール
  • Microsoft Office
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • ヘルメット
  • 制服
  • 安全靴

ビオトープ管理士の活動内容

  • 依頼者からの要望をヒアリング
  • 官公庁や自治体との協議
  • 緑地管理や地域計画についてのミーティング
  • ビオトープの設計・デザイン
  • 環境調査
  • 生態調査
  • 施設内ビオトープ設置のための現場確認
  • ビオトープの施工管理
  • 外来種の植物の除去
  • 樹木の伐採作業
  • ビオトープや自然保護についての講演・研修
  • 小学校などでの自然環境について授業

ビオトープ管理士の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人

ビオトープ管理士のキャリアステップ

  • 環境コンサルタント
  • 環境活動家

ビオトープ管理士の給与

初任給:27万円
平均年収:640万円

参考:
初任給:27.04万円(企業規模1,000人以上、20~24歳)
平均:40.64万円(企業規模1,000人以上、年齢計)
平均年収:640.07万円(賞与:152.39万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

ビオトープ管理士の必須資格

  • ビオトープ計画管理士
  • ビオトープ施工管理士

ビオトープ管理士の推奨資格

  • CAD利用技術者
  • 普通自動車免許
  • 土木施工管理技士
  • 技術士
  • 環境計量士
  • 環境アセスメント調査員
  • 港湾海洋調査士
  • 公害防止管理者

ビオトープ管理士の付帯条件・制限

・1級の受験資格

4年制大学卒業後、7年以上の実務経験を有する者

大学院(土木、造園、農業、生物関係に限る)を卒業後、5年以上の実務経験を有する者

短期大学・専門学校・高等専門学校卒業後、9年以上の実務経験を有する者

高等学校卒業後、11年以上の実務経験を有する者

中学校卒業後、14年以上の実務経験を有する者

技術士(建設、農業、林業、水産、環境の5部門に限る)の資格を取得後、4年以上の実務経験を有する者

ビオトープ管理士2級取得後、7年以上の実務経験を有する者

1級土木施工管理技士・1級造園施工管理技士資格所有者で、実務経験4年以上。

2級土木施工管理技士及・2級造園施工管理技士資格所有者で実務経験7年以上。

実務経験14年以上の者。

実務経験とは、以下のものを指します。

地域計画の事業(都市計画や農村計画など)における、基本構想の策定、計画、設計、研究、分析、評価の実務、およびそれらに関する指導・監督

土木工事や造園工事の、現場設計、施工、研究、分析、評価の実務、およびそれらに関する指導・監督

野生生物の調査や環境改善など、自然環境の保護・保全、復元、創出に関する活動

上の3点に関する、教育機関での継続的な指導

上の3点に関する、環境NGOにおける継続的な活動

ビオトープ管理士の就業者数推定

約13,500人

・ビオトープ管理士資格試験
http://www.biotop-kanrishi.org/
CAREER INDEX からの求人
環境技術者(即戦力)/転勤無し・地域密着/山口県宇部市

株式会社宇部セントラルコンサルタント - 山口県宇部市中野開作67

■業務内容(下記いずれかの業務をご担当いただきます)(1).環境測定・環境監視・分析・解析及び指導(生活環境の保全) ・河川、海洋、地下水などの水質・流況調査、報告書作成 ・建設工事、自動車交通...

環境技術者/山口県/転勤なし

株式会社宇部セントラルコンサルタント - 山口県宇部市

環境技術者/山口県/転勤なし

環境技術者(即戦力)/転勤無し・地域密着/山口県宇部市

株式会社宇部セントラルコンサルタント - 山口県宇部市中野開作67

環境技術者(即戦力)/転勤無し・地域密着/山口県宇部市

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収673万円

官僚・国家公務員とは、福祉や医療、教育、財政運営、産業振興、外交、防衛など、あらゆる分野で国家の運営に携わる職業です。特別職と一般職に大別され、各府省庁によって担当する職務が異なります。採用試験合格後、各府省庁での面接(官庁訪問)を経て採用先が決まります。

中央官庁で働くのは、難関試験として知られる総合職試験に合格した国家公務員であり、官僚と呼ばれます。出世コースに乗った「キャリア官僚」は、国の政策立案や国会答弁作成など、国政に直に関わります。その他、多くの国家公務員は行政官や外交官、技官、税務職員、研究職員などとして国家の土台を支えています。

安定した給与や福利厚生など、充実した諸制度に守られながら、スケールの大きなプロジェクトに携わることができる魅力的な仕事です。政治に深く関わるので、国会議員を目指すことも可能です。実際に、官僚から転身した政治家の数は400人以上にのぼります。

平均年収549万円

市役所職員は、地方自治体の市役所で一般行政職や技術職に従事する地方公務員です。政令指定都市では人口が多いため区役所職員がその役割を担います。

一般行政職は戸籍や住民票に関する窓口業務などの事務を、技術職は道路工事や都市計画などに関するサポート業務を行います。市民と直接触れ合う仕事であり、地域住民の役に立っていることを肌で実感できる、やりがいのある仕事です。

多くの自治体では受験資格の中に住所要件を設けていないため、勤め先の自治体に住まずに、近隣の自治体から通勤することもできます。また、女性の育児休暇の取得率が99.1%と、女性が働きやすい職場であるといえます。

平均年収739万円

二級建築士は、都道府県知事の免許を受けて、主に戸建て住宅の設計・工事監理を行う職業です。

ただし、国土交通大臣の免許を受ける一級建築士と違って、マンションや高層ビルなど、一定規模以上の建築物については設計・工事監理を行うことができません。小規模な建物の設計を専門に扱うことから、実際に住む人の立場や意見を尊重しながら、注文住宅の新築や中古住宅のリフォーム工事を請け負うことが多いという特長があります。

小規模な木造建築しか扱えない木造建築士という資格もありますが、住宅の設計を行いたい人が最初に取得を目指す、最も一般的な資格が二級建築士です。

平均年収640万円

建設コンサルタントは、ダムや防波堤、道路などの大規模な建設事業に際して、専門知識や高度な技術を駆使しながら事前調査や計画、企画立案を行い、総合アドバイザーとして依頼者をサポートする職業です。

同じ建設コンサルタントという職業でも仕事内容は細分化されています。主に土木に関する21部門の全部あるいは一部について、一定の要件を満たした場合には、国土交通大臣の登録が受けられます。登録をしなくても建設コンサルタントとして営業活動を行うことはできますが、発注者の大半が地方自治体を含む官公庁であるため、公共事業の競争入札に参加するためには登録が必要です。

打ち合わせや調査のため、国内出張や海外出張が多いため、旅行好きの人にはお勧めの仕事です。

平均年収742万円

小学校教諭は、文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、指導を行います。

基本的には全ての科目を一人で教えますが、音楽や体育などは専門の教諭を配置している学校もあります。
生徒が登校するまでに授業の準備を行い、出欠連絡などの対応を行います。生徒が登校したら、午前と午後に授業を行います。
生徒が下校した後には、テストの採点や翌日の授業の準備を行います。
その他に、運動会や音楽会などの学校行事の準備・実施や、PTA活動なども行います。

以前は一人の教諭が担任としてクラスを教えることがほとんどでしたが、近年は一つのクラスを二人の教師で教えるチームティーチングという取り組みも進んでいます。

平均年収640万円

建築技術者は、主に建築業に従事する専門的技術者の総称であり、建築士や建築設備技術者などが含まれます。建物の建設や改修、維持に関する計画や設計、工事監理、技術指導、施工管理、検査などを行います。

建築に関連するさまざまな分野において即戦力となる技術者のニーズが高まっていますが、公共建築工事の経験や関連資格を求められることがありますので、職場に勤務しながら関連資格を取得しておくことが推奨されます。専門分野だけにとどまらず、建設全般に関して高度な応用能力を備えておくと、建築コンサルタントなどへの転身もはかれます。

近年では、東京ディズニーリゾートでおなじみのオリエンタルランドのようなアミューズメント企業でも、建築技術者のニーズが高まっています。

平均年収399万円

土木作業員とは、建築工事や道路工事、ダムの建設など土木工事の現場で働く作業員です。

建築資材の運搬や穴を掘る作業など、基本的に力仕事になるので相応の体力が求められます。重機などの免許を取得している場合は、ショベルカーや掘削機械などを操作して作業を行います。

これまで男性ばかりだった作業現場にも、分業による身体的負担の軽減や職場環境の改善により、少しずつ土木系女子(通称「ドボジョ」)が増えてきています。

平均年収589万円

測量士とは、建築工事にあたり、土地の位置や形状を正確に測量する職業です。

測量士の仕事内容は主に外業と内業に分かれます。外業は建設・土木現場などで測量を行いデータを記録する業務です。内業は測量計画や図面作成、予算管理などのデスクワークです。その他にも、地図作成のために行う地図測量や、土地登記などのために土地の面積を測る地籍測量などもあります。

技術の進歩により、以前は測量が困難であった場所も、ドローンや3Dレーザースキャナーを用いることで測量をすることができるようになっています。

平均年収640万円

建設現場監督とは、建設現場の責任者として、原価・工程・品質・安全の管理を行う職業です。

建設工事を計画通りに実行するために必要なあらゆる管理を行います。工事の前には地元住民への説明会や問い合わせの対応も行い、工事が円滑に進むようにケアします。工事現場が大きくなるほど複数の業者や作業員が出入りするため、現場を統率する現場監督の役割は重要になります。

一般的に現場監督は建設会社の社員として働きますが、最近では1級建築士や1級建築施工管理技士などの専門資格を持ち、フリーランスで働く人も増えています。

平均年収739万円

一級建築士とは、建築法に基づき、ビルや商業施設、住宅などの建築物の設計および工事の監理を行う職業です。

設計業務は主に、建物の基礎となる骨組みの設計を行う「構造設計」と、空調設備や電気設備などの設計を行う「設備設計」、内観や外観を美しくデザインする「意匠設計」の3つに分かれます。また、設計図通りに工事が進んでいるかチェックを行う工事管理も大事な仕事です。

2級建築士が主に戸建て住宅などの小規模な建築物の設計を行うのに比べて、一級建築士はマンションやビル、病院、学校、公共施設などの大規模な建造物の設計を行うことが多くなります。大きなプロジェクトになると、建造物だけでなく街や地域全体のデザインを行うこともあります。