「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給26万円 平均年収589万円

気象予報士は、気象レーダーの情報などさまざまなデータを総合的に分析し、天気予報を行う職業です。

気象庁や自衛隊などの公的機関や、気象会社やマスメディア、商社などの民間企業で活躍します。自然災害による被害を最小限に抑えるなど、人々の安全を守ることも使命のひとつであり、やりがいのある仕事だといえます。

気象予報士になるには、気象予報士試験に合格し国家資格を取得しなければなりません。しかし合格率は5%前後といわれており、狭き門だといえます。気象庁職員を目指すのであれば、「気象大学校」に進学するとエスカレーター式で入庁することが可能です。

気象予報士の仕事内容

  • 気象庁が発表している最新の気象データを収集します
  • 気象観測データなどを分析し天気や気温、湿度、降水確率などの予報を行います
  • 各種データを活用して天気図やグラフを作成します
  • クライアントや関係部署とミーティングを行います
  • クライアントに提出する気象予報資料を作成します
  • 天気予報番組の台本を作成します
  • 天気予報番組に出演し気象解説をします
  • 天気予報の観点から、船の最適航路を予測します
  • 建設作業時期のアドバイスを行います
  • 気温などからイベントでの食料・飲料水などの需要の予測をします
  • 環境アセスメントなどでの調査業務を行います

気象予報士の業務スキル

  • 気象データの分析力
  • 天気図やグラフの作成スキル
  • 難しい天気予報をわかりやすく伝える発信力
  • 天気予報の台本を作成するための文章作成能力
  • 24時間交代制などの不規則な勤務にも対応できる体力
  • 台風や災害時にも落ち着いて対応できる冷静さ

気象予報士の専門知識

  • 大気の構造
  • 大気の熱力学
  • 降水過程
  • 大気における放射
  • 大気の力学
  • 気象現象
  • 気候の変動
  • 気象業務法その他の気象業務に関する法規
  • 観測の成果の利用
  • 数値予報
  • 短期予報・中期予報
  • 長期予報
  • 局地予報
  • 短時間予報
  • 気象災害
  • 予想の精度の評価
  • 気象の予想の応用

気象予報士の実務能力

  • 分析力
  • プレゼンテーション力
  • 表現力
  • 情況把握力
  • モニタリング力

気象予報士の基礎能力TOP3

  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力

気象予報士の働く場所

  • 気象庁
  • 自衛隊
  • 気象会社
  • 商社
  • テレビ局
  • ラジオ局
  • 新聞社
  • Webメディア運営会社
  • シンクタンク
  • 一般企業

気象予報士の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • Microsoft Office
  • 筆記用具
  • グラフィックソフト
  • ノート、データ保管ツール
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • 専門天気図
  • 衛星画像

気象予報士の活動内容

  • 気象データの収集
  • 気象観測データの分析
  • 天気や気温、湿度、降水確率などの予報
  • 天気図やグラフの作成
  • クライアントや関係部署とのミーティング
  • 気象予報資料作成
  • 天気予報番組の台本作成
  • 天気予報番組での気象解説
  • 船の最適航路の予測
  • 建設作業時期のアドバイス
  • 食料・飲料水などの需要予測
  • 環境アセスメントなどでの調査業務

気象予報士の人間性

  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

気象予報士のキャリアステップ

  • 天気キャスター

気象予報士の給与

初任給:26万円
平均年収:589万円

参考:
初任給:26.96万円(企業規模計、20~24歳)
平均:37.73万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:589.14(賞与:136.38)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

気象予報士の必須資格

  • 気象予報士

気象予報士の推奨資格

  • 環境アセスメント調査員

気象予報士の就業者数推定

10,693名(令和2年4月1日現在)

・気象庁
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/minkan/yohoushi.html
Indeed からの求人
予報技術者

日本気象株式会社 - 大阪府 大阪市 中央区 城見

務内容 予報センターにて、気象予報の監視、予報の解説、原稿作... 気象予報の資格や知識を生かして、人々の生活と財産を守る仕事に一緒にトライしてみませんか。 求める人材 • 気象予報...

気象情報の解説業務、予測業務

一般財団法人 日本気象協会 関西支社 - 広島県 広島市 中区 八丁堀

報の解説業務、予測業務(気象予報)/広島市 仕事内容 1... 報に関する実務経験 必要な免許・資格 免許・資格名 気象予報 必須 試用期間 あり 期間 1か月間 試用期間中の労...

電力需給アナリスト

株式会社 エナリス - 東京都 千代田区 神田駿河台

構築。 職務の魅力 ・気象予報の知見を活用し、高い専門性... 益力の向上に興味・関心をお持ちの方 歓迎要件 ・気象予報の資格をお持ちの方 ・C言語、JAVA使用可能な方 待遇...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収673万円

官僚・国家公務員とは、福祉や医療、教育、財政運営、産業振興、外交、防衛など、あらゆる分野で国家の運営に携わる職業です。特別職と一般職に大別され、各府省庁によって担当する職務が異なります。採用試験合格後、各府省庁での面接(官庁訪問)を経て採用先が決まります。

中央官庁で働くのは、難関試験として知られる総合職試験に合格した国家公務員であり、官僚と呼ばれます。出世コースに乗った「キャリア官僚」は、国の政策立案や国会答弁作成など、国政に直に関わります。その他、多くの国家公務員は行政官や外交官、技官、税務職員、研究職員などとして国家の土台を支えています。

安定した給与や福利厚生など、充実した諸制度に守られながら、スケールの大きなプロジェクトに携わることができる魅力的な仕事です。政治に深く関わるので、国会議員を目指すことも可能です。実際に、官僚から転身した政治家の数は400人以上にのぼります。

平均年収781万円

商社マンは、三菱商事や伊藤忠商事、丸紅などの総合商社や、特定分野に特化した専門商社で働く営業などを行う総合職の社員です。国内外のモノやサービスについて輸出入の商取引(トレード)を仲介したり、高い配当収入が見込まれる国内外の企業に事業投資や経営参画したりすることで、利益を生み出します。

商社マンが取り扱う商材は多岐に渡り、特に総合商社では、”ミネラルウォーターから通信衛星まで”といわれるほど、幅広い製品やサービスの仲介を行います。

他業界と比較して、給料などの待遇面でとても恵まれており、世界を相手にダイナミックな仕事ができる商社マンは人気の職業です。しかし、専門商社は60社以上ありますが、総合商社は7社しかありませんので、狭き門であるといえます。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

アナウンサーとは、テレビやラジオのニュース番組などで、事前に用意されたニュース原稿をもとに視聴者に分かりやすく内容を伝えたり、番組の司会進行を行ったりする職業です。

ニュースでは正確に情報を伝達することが重要になるため、正しい言使いの勉強や発声トレーニングなどを日々行います。また、情報番組を担当することが多いため、日頃からアンテナを高く張り、世の中の変化やトレンド情報を収集しておくことも重要です。バラエティ番組に出演する際は、司会進行だけでなく、気の利いたコメントを求められることも多く、ユーモアのセンスも求められます。

人気アナウンサーになるとフリーランスとして活躍したり、タレント活動をしたりする道もあり、人気の高い職業となっています。

平均年収560万円

航空自衛隊とは、空からの侵略に備え、日本の平和と航空交通の安全を守る職業です。

役割は主に3つに分かれており、領空を守る防衛活動、国内で災害が起きた時に出動する緊急救助活動、海外で災害や紛争が起きた際に行う国際平和協力活動があります。それ以外にも有事に備え、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

航空自衛隊に所属するアクロバット飛行チームである「ブルーインパルス」は、その飛行技術の高さが海外からも評価されています。

平均年収560万円

海上自衛隊とは、海上からの侵略に備え、日本の平和と海上交通の安全を守る職業です。

役割は主に3つに分かれており、領海を守る防衛活動、国内で災害が起きた際に出動する緊急救助活動、海外で災害や紛争が起きた際に行う国際平和協力活動があります。それ以外にも有事に備え、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

各地域の艦艇ごとの独自の秘伝レシピがあるといわれる海上自衛隊カレーが有名で、一般に販売されているものもあります。毎週金曜日に食されており、時間感覚を失う長期の航海で曜日を把握するために毎週カレーを食していたことがルーツとされています。

平均年収560万円

陸上自衛隊とは、陸上での戦闘や情報収集、補給に当たり、国民や国土を守る職業です。

役割は主に3つに分かれており、国土を守る防衛活動、国内で災害が起きた際に出動する緊急救助活動、海外で災害や紛争が起きた際に行う国際平和協力活動があります。 それ以外にも有事に備えて、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

定期的に行われている演習は一般にも公開され、チケットを入手するのが困難なほど、大変な人気を博しています。

平均年収323万円

ディスパッチャーとは、航空機の運航に関わる情報を収集し、「フライトプラン」を作成する職業です。“地上のキャプテンとも呼ばれる運航管理のエキスパートで、ディスパッチャーなくして安全なフライトは実現しません。

ディスパッチャーが収集する情報は、目的地の気象情報や機体の整備情報、乗客および搭載貨物の重量などです。これらを元に、航空機を安全に定時運行させるためのフライトプランを立て、パイロットと情報共有します。離陸後は、気象情報や機体の揺れをリアルタイムで観測し、パイロットに指示を出します。

ディスパッチャーは、自分の仕事が安全運行に直結する職業です。お客様の命を預かる立場から、大きな責任感とプレッシャーに耐えうる精神力が求められます。なお、ディスパッチャーとして働くには、国土交通省が行う「運航管理者技能検定」と「航空無線通信士」という資格が必要です。

平均年収772万円

船長とは、船上におけるすべての業務・人事をつかさどる船全体の指揮官として、乗組員や乗客、貨物を安全に目的地へ運ぶ職業です。

気象や海の状況を判断しながら運航計画や航海計画を定め、難易度の高い場所を通過するときは自ら操船の指揮を執ります。緊急時には、船の安全を守るため、船員や乗客に対して命令することができるなど、法律の下に強い権限が与えられています。

船長になるためには、まず専門の学校を卒業して、国家資格である海技士の資格を取得することが必要です。外国航路と国内航路とでは、学べる専門学校が異なります。外国航路の船長を目指す場合は、東京海洋大学か神戸大学、あるいは全国に5校ある商船高等専門学校で学ぶ必要があります。国内航路の船長を目指す場合は、全国に4校ある海上技術学校か全国に3校ある海上技術短期大学校、あるいは海技大学校で学ぶ必要があります。