「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

環境活動家

初任給 32 万円
平均年収 816 万円

環境活動家とは、地球温暖化や公害問題、動物保護問題など、あらゆる環境問題の解決のために環境保全活動を行う職業です。

環境保全のための講演活動から研究活動、植林などの実地活動まで幅広い仕事があります。NGO団体や公益財団法人などで働くことが多いですが、個人で活動する人もいます。

近年では、地球温暖化防止を訴えて学校ストライキを行った、スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさんが有名になり、環境活動家への注目が集まっています。

環境活動家の仕事内容

  • 環境保全のための講演活動をします
  • 環境保全のための執筆活動をします
  • 各国政府や自治体と協力して森林や野生動物の保護活動を行います
  • 植林や森林火災を防止する活動を行います
  • サンゴ礁や干潟の保全など、海の環境保全活動を行います
  • さまざまな分野の専門家と協力して、環境問題の研究をします
  • クリーンエネルギーなど新技術開発の支援を行います
  • 環境保全活動のための資金集めを行います
  • 環境保全活動の広報を行います
  • 環境に配慮した製品の購買推進活動を行います
  • 公害など企業による環境破壊が起こらないよう監視活動を行います

環境活動家の業務スキル

  • 環境保全についてわかりやすく伝える発信力
  • 講演活動などで必要となるプレゼンテーション能力
  • 執筆活動で必要となる文章作成能力
  • 科学的根拠に基づいて環境保全活動を行うための研究力
  • さまざまな考えの人々と議論を行いながら仕事を進めるためのコミュニケーション能力
  • 山林や海などの自然環境で仕事を行うための体力

環境活動家の専門知識

  • 環境マネジメントシステム
  • 生態学概論
  • 統計学基礎
  • ミクロ経済学
  • マクロ経済学
  • 数学
  • 環境問題原論
  • 生物学
  • 都市環境
  • プロジェクトマネジメント
  • 環境倫理
  • 環境数理学
  • 環境リスクマネジメント
  • 情報セキュリティ
  • 社会調査
  • 環境法
  • 環境化学
  • 生態環境
  • 地理情報システム
  • 環境アセスメント
  • 環境都市関連法
  • 公共政策論
  • 都市気候論
  • 環境経営
  • 環境政策
  • 温暖化の科学
  • 持続可能な消費
  • アカウンティングシステム
  • エコマテリアル
  • 環境統計学
  • 環境教育
  • 食料問題と環境
  • 国際法
  • エネルギー政策
  • オペレーションズリサーチ
  • ライフサイクルアセスメント
  • 循環型生産システム
  • 環境ロジスティクス
  • エコデザイン
  • 環境会計
  • 環境マーケティング
  • 環境志向型経営分析
  • 企業経営とサステナビリテ
  • 環境監査
  • 環境改善のライフスタイル
  • 公共経済学
  • 環境社会学
  • 開発協力と環境
  • 環境経済学
  • 国際政治経済論
  • 環境政策論
  • グローバルガバナンス
  • 国際経済と環境

環境活動家の実務能力

  • プレゼンテーション力
  • 文章作成力
  • 情況把握力
  • 体力
  • コミュニケーション力

環境活動家の基礎能力TOP3

  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

環境活動家の働く場所

  • 環境保全団体
  • 公益財団法人
  • NGO
  • NPO
  • 国連
  • 個人事務所

環境活動家の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • Microsoft Office
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • デジタルカメラ
  • SNS

環境活動家の活動内容

  • 講演活動
  • 執筆活動
  • 森林や野生動物の保護活動
  • 植林や森林火災を防止する活動
  • 海の環境保全活動
  • 環境問題研究
  • エコテクノロジー開発支援
  • 環境保全活動のための資金集め
  • 環境保全活動の広報
  • 環境に配慮した製品の購買推進活動
  • 環境破壊の監視活動

環境活動家の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

環境活動家のキャリアステップ

  • 政治家

環境活動家の給与

初任給:32万円
平均年収:816万円

参考:
初任給:32.61万円(企業規模計、20~24歳)
平均:54.06万円(10人以上、年齢計)
平均年収:816.95万円(賞与:168.23万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

環境活動家の推奨資格

  • 森林インストラクター

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収1,159万円

国立大学教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。他にも入試委員や公開講座講師など、さまざまな活動を通じて大学の運営に携わります。

国立大学教授は国立大学法人の職員という立場なので、公務員ではありません。しかし、公共性の高い職種であることから、「みなし公務員」として、公務員と同じような待遇を受けられます。

知を愛し、学問を深く希求する哲人の姿になぞらえて、自らをアカデミアと称することがあります。これは紀元387年頃、哲学者プラトンが創設した学園名に由来します。

平均年収673万円

官僚・国家公務員とは、福祉や医療、教育、財政運営、産業振興、外交、防衛など、あらゆる分野で国家の運営に携わる職業です。特別職と一般職に大別され、各府省庁によって担当する職務が異なります。採用試験合格後、各府省庁での面接(官庁訪問)を経て採用先が決まります。

中央官庁で働くのは、難関試験として知られる総合職試験に合格した国家公務員であり、官僚と呼ばれます。出世コースに乗った「キャリア官僚」は、国の政策立案や国会答弁作成など、国政に直に関わります。その他、多くの国家公務員は行政官や外交官、技官、税務職員、研究職員などとして国家の土台を支えています。

安定した給与や福利厚生など、充実した諸制度に守られながら、スケールの大きなプロジェクトに携わることができる魅力的な仕事です。政治に深く関わるので、国会議員を目指すことも可能です。実際に、官僚から転身した政治家の数は400人以上にのぼります。

平均年収549万円

市役所職員は、地方自治体の市役所で一般行政職や技術職に従事する地方公務員です。政令指定都市では人口が多いため区役所職員がその役割を担います。

一般行政職は戸籍や住民票に関する窓口業務などの事務を、技術職は道路工事や都市計画などに関するサポート業務を行います。市民と直接触れ合う仕事であり、地域住民の役に立っていることを肌で実感できる、やりがいのある仕事です。

多くの自治体では受験資格の中に住所要件を設けていないため、勤め先の自治体に住まずに、近隣の自治体から通勤することもできます。また、女性の育児休暇の取得率が99.1%と、女性が働きやすい職場であるといえます。

平均年収589万円

環境計量士は、計量法に基づく経済産業省所管の国家資格であり、振動、騒音、その他公害に関わる数値を正確に計量・管理する職業です。

計量士の資格を取得するには、計量に関する実務経験を経たのち、所定の教習を受講するか、国家試験に合格する必要があります。資格がなくても計量業務を行うことはできますが、計量士の資格があれば「計量管理者」として高度な役割を担うことができます。

環境計量士には、主に化学知識をベースに化学物質の濃度を計量する「環境計量士(濃度関係)」と、主に物理知識をベースに騒音・振動を計量する「環境計量士(騒音・振動関係)」の二種類があります。

平均年収478万円

広報・PRは、プレスリリースなどを通じて自社製品やサービスの最新情報を発表したり、社会活動などの取り組みを伝えたりすることで、自社のイメージアップを図り、ステークホルダーからの信頼獲得を担う職業です。

仕事内容は、大きく【社外広報】【社内広報】【IR】の3つに分けられます。社外広報は、自社のブランディング目的で、主に顧客や消費者に対して情報発信を行います。社内広報は、社内報を作成するなどして、社内での情報共有を図ります。IRは、Investor Relations(インベスターリレーションズ)の略で、株主や投資家への情報提供を行うものです。

なお、広報・PRの”PR”とは、Public Relations(パブリックリレーションズ)の略語で、”社会との関係”を築くという意味です。宣伝のPRとは違い、売上アップが目的ではありません。関係者に向けて正確な情報を開示することで、企業の信頼度を高める役割を担っています。

平均年収619万円

小学校教諭は、文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、指導を行います。

基本的には全ての科目を一人で教えますが、音楽や体育などは専門の教諭を配置している学校もあります。
生徒が登校するまでに授業の準備を行い、出欠連絡などの対応を行います。生徒が登校したら、午前と午後に授業を行います。
生徒が下校した後には、テストの採点や翌日の授業の準備を行います。
その他に、運動会や音楽会などの学校行事の準備・実施や、PTA活動なども行います。

以前は一人の教諭が担任としてクラスを教えることがほとんどでしたが、近年は一つのクラスを二人の教師で教えるチームティーチングという取り組みも進んでいます。

平均年収640万円

ビオトープ管理士とは、野生の生物たちが生息する環境を保護し、生態系を維持していく職業です。

ビオトープ(BIOTOP)とは、生きもの(BIO)と場所(TOP)から成るドイツ語で、地域の野生の生きものたちが生息・生育する空間を意味します。建築や街づくりの際に、ビオトープの概念を用いて地域計画を行い、自然環境との共存を図るのがビオトープ管理士の仕事です。

ビオトープ管理士になるには、「ビオトープ計画管理士」か「ビオトープ施工管理士」どちらかの資格を取得する必要があります。資格を活かして、土木会社や建設会社、造園会社などの民間企業、あるいは地方自治体や官公庁などの行政機関で働くことが一般的です。

平均年収589万円

環境管理士とは、日常生活での環境汚染の防止などを通し、生活環境と経営環境の保全と改善を行う職業です。

企業内の環境管理部署において公害防止のためのアドバイスを行ったり、環境管理事務所を立ち上げ、企業や自治体に対して環境保全や街づくりなどのコンサルティングを行ったりします。

環境管理士になるには、日本環境管理協会が実施する環境管理士6~1級の資格を取得する必要があります。資格取得のためには通信講座を受講・修了する方法と、検定試験を受験する方法がありますが、1級を取得するためには検定試験に合格しなければなりません。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収640万円

環境コンサルタントとは、建設及び開発工事にともなう社会環境や自然環境への影響について、調査・予測を行い、影響を最小限に抑える環境保全策を企画立案する職業です。

環境コンサルタントが活躍する分野は多岐にわたります。工事以外にも、製品そのものや企業活動が環境に及ぼす影響について検討して対策を立てたり、企業としての環境保全の取り組みをサポートしたりするコンサルタントもいます。また、法令違反がないか調査し、必要があれば改善指導をします。そのほかにも、自治体や一般企業の環境政策をはじめ、環境ビジネスの企画提言や、地域住民の相談業務を行います。

近年、二酸化炭素の排出規制を行うカーボンオフセットなど、環境保全に対する意識が地球規模で高まり、規制も増えています。特に大規模開発において、環境コンサルタントは、クリーンな環境を未来に残すための重要な役割を担っています。