「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

マーケティングリサーチャー

初任給 21 万円
平均年収 328 万円

マーケティングリサーチャーとは、新商品やサービスを開発する際などに、さまざまな調査方法を用いてマーケットの需要をリサーチする職業です。

インターネットを使ってアンケート調査をしたり、顧客や消費者にグループインタビューを行ったりと、さまざまな方法で必要な情報をリサーチします。

マーケティングリサーチャーになるには、マーケティングリサーチ会社やコンサル会社、一般企業のマーケティング部などに就職するのが一般的です。また必須ではありませんが、数学や統計の知識があると有利になります。

マーケティングリサーチャーの仕事内容

  • マーケティングリサーチのテーマ(目的)の設定を行います
  • テーマに沿って課題をブレイクダウンします
  • リサーチ課題に沿って仮説の検討を行います
  • マーケティング調査設計を行います
  • アンケートやインタビューなどを通してマーケティング調査を行います
  • 調査結果を集計します
  • 集計結果を分析します
  • 分析結果を元に報告書を作成します
  • 報告書を元に社内や顧客へプレゼンをします

マーケティングリサーチャーの業務スキル

  • PDCAを回すための論理的思考力
  • 調査設計に必要な仮説設定力
  • マーケットの需要を把握するためのリサーチ力
  • 調査結果から有効な施策を導くデータ分析能力
  • リサーチ結果をわかりやすく説明するプレゼンテーション力

マーケティングリサーチャーの専門知識

  • マーケティング
  • 数学
  • 統計学
  • 消費者心理
  • 語学力
  • 定量分析

マーケティングリサーチャーの実務能力

  • プレゼンテーション力
  • 分析力
  • 論理的思考力
  • 仮説設定力
  • 課題発見力

マーケティングリサーチャーの基礎能力TOP3

  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力

マーケティングリサーチャーの働く場所

  • マーケティングリサーチ会社
  • コンサルティング会社
  • シンクタンク
  • 一般企業にマーケティング部

マーケティングリサーチャーの作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • Microsoft Office
  • ビジネスチャットツール
  • 電卓
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • 自動解析ツール
  • マーケティングツール

マーケティングリサーチャーの活動内容

  • テーマ設定
  • 課題のブレイクダウン
  • 仮説の検討
  • マーケティング調査設計
  • マーケティング調査(実査)
  • 調査結果の集計
  • データ分析
  • 報告書作成
  • プレゼン

マーケティングリサーチャーの人間性

  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

マーケティングリサーチャーのキャリアステップ

  • 経営コンサルタント
  • 企画・経営職
  • ウェブ解析士
  • データサイエンティスト・データアナリスト

マーケティングリサーチャーの給与

初任給:21万円
平均年収:328万円

参考:
初任給:21.88万円(企業規模計、20~24歳)
平均月給:23.51万円(企業規模計、年齢計)
平均年収:328.71万円(賞与:46.59万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

マーケティングリサーチャーの推奨資格

  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定
  • Webアナリスト検定
  • IMA検定
  • TOEIC
  • ウェブ解析士
CAREER INDEX からの求人
マーケティングリサーチャー【未経験可・ポテンシャル採用】

会社名非公開 - 東京都千代田区

顧客のニーズ把握、企画提案、集計・作表、分析、報告、提案などの一部、あるいは経験に合わせて一連の業務にご対応いただきます。企画内容に合わせた自社開発の集計ツールによる集計、Excel等でグラフ・…...

マーケティングリサーチャー/オンコロジー領域コンサルタント

株式会社インテージヘルスケア - 東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地 御茶ノ水ソラシティ13階

マーケティングリサーチャー/オンコロジー領域コンサルタントのポジションの求人です...

【マーケティング・リサーチャー】

会社名非公開 - 東京23区内

顧客のマーケティング活動における課題をヒアリングし、解決につながるリサーチ手法を企画・提案します。 担当する企業は、メーカーやコンサルティング会社など様々。社内には豊富な成功事例と実績が…...

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収706万円

食品メーカー研究職は、原料を食品に加工する食品メーカーで、新商品や食品素材の開発・研究を行う職業です。健康志向の高まりを受けて、各メーカーが得意とする食品開発技術を応用し、健康食品や機能性食品、美容関連食品、サプリメント、医薬品など、より付加価値の高い商品を開発しています。

食品メーカーの研究開発は大きく、【基礎研究】【応用研究】【開発研究】の3つに分かれます。基礎研究では新素材の研究開発を行い、応用研究では新たに開発された素材を商品に応用できるかどうかを研究します。そして、開発研究では、基礎・応用研究で得た知識をもとに、実際に新商品の開発を行います。食品メーカー研究職は、これらの研究開発全てに関わります。

大学などの研究機関で勤務する研究職とは違い、最終的には商品化がミッションであるため、商品開発を見据えた研究活動が行われています。また食品を扱うことから衛生管理やアレルギー対策、栄養バランス、美味しさ、香り、消費期限、食品添加物などへの配慮も欠かせません。

平均年収706万円

飲料商品開発は、飲料メーカーで新商品や原料の開発を行う仕事です。各メーカーが得意とする飲料製品の開発技術を応用し、お茶やアルコール飲料、清涼飲料、コーヒー飲料、乳酸菌飲料、炭酸飲料、果実飲料、スポーツドリンクなどの開発を行います。

研究開発だけでなく、世の中のトレンドや消費者ニーズのリサーチと分析をするのも、飲料商品開発者の仕事です。時代のニーズをくみ取り、新しい価値を持った飲料商品の開発が、日々行われています。

例えば、2019年3月11日に江崎グリコが全国販売を開始した、日本初の乳児用液体ミルク「アイクレオ赤ちゃんミルク」は、これまでの「乳性飲料」カテゴリではなく、「乳児用ミルク」として初めて厚生労働省に認可されたことで話題となりました。

平均年収739万円

中小企業診断士は、中小企業の経営課題を診断し、助言を行う専門家です。独占業務を持たない国家資格ですが、公的な中小企業支援機関が業務を委託する際に指定されることが多いなど、社会的な評価の高い職業です。

企業で関連業務を行う「企業内診断士」と、資格取得後に開業する「独立診断士」がいます。経営改善や販路拡大、事業承継などの一般的な経営コンサルタント業務に加え、IT化、海外展開、特許取得、新エネルギー参入など、各人の得意分野を強みとして中小企業の経営をバックアップします。

中小企業診断士は経営コンサルタント職の唯一の国家資格ということができ、日本版MBAと呼ばれることもあります。

平均年収478万円

企画・経営職は、企業で経営幹部を補佐しながら経営業務を直接的に担当する職業です。中長期的な経営戦略を練り、各種情報の収集と分析を重ねて、コスト削減などの経営改善や経営計画の策定、内部統制業務などを行います。経営企画や事業企画などと呼ばれることもあります。

組織の規模や形態、上場の有無などによって担当業務は大きく異なりますが、経営者の視点に立ち、社外との交渉役を担います。関連業界や社会動向全般について自ら調査し、多角的な分析力を備えていくことで、出世コースに乗りやすくなります。

企画業務型裁量労働制を導入している企業も増えてきており、この場合、自分の都合に合わせて勤務時間を調整し、効率の良い時間配分で仕事を進められるなどのメリットがあります。

平均年収781万円

商社マンは、三菱商事や伊藤忠商事、丸紅などの総合商社や、特定分野に特化した専門商社で働く営業などを行う総合職の社員です。国内外のモノやサービスについて輸出入の商取引(トレード)を仲介したり、高い配当収入が見込まれる国内外の企業に事業投資や経営参画したりすることで、利益を生み出します。

商社マンが取り扱う商材は多岐に渡り、特に総合商社では、”ミネラルウォーターから通信衛星まで”といわれるほど、幅広い製品やサービスの仲介を行います。

他業界と比較して、給料などの待遇面でとても恵まれており、世界を相手にダイナミックな仕事ができる商社マンは人気の職業です。しかし、専門商社は60社以上ありますが、総合商社は7社しかありませんので、狭き門であるといえます。

平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

平均年収500万円

起業家は、独創的なアイディアや新しい技術をもとに、自ら事業を起こす人のことで、英語でアントプレナーとも言いいます。飛躍的な成長が期待される企業体はスタートアップやベンチャーなどと呼ばれ、経済の活性化を推進する存在として注目を集めます。

起業家になるには、卓越した行動力が必要で、仕事においても人生においてもリスクをとることが求められます。そのため、起業家に向いている人はリスクテイカーであるといえます。

2019年1月、Appleは女性起業家をサポートするアプリケーション開発プログラム「Entrepreneur Camp」を開始しました。社会の諸問題をイノベーションで解決する試みの一つです。かつてのスティーブ・ジョブズのように、社会に新しい価値・モノ・サービスを提示し、人々を驚かせ、心躍らせる存在が世界規模で待たれています。

平均年収679万円

ウェブ解析士は、WEBサイトを訪問したユーザーが、どのような経路をたどって来たのか、あるいはどこで離脱したのかなど、アクセスログをもとにデータを収集し、分析するスペシャリストです。

WEBマーケティングの幅広い知識や統計解析手法、ITスキルを駆使して、デジタル化されたユーザーの行動記録を読み解きます。

主な仕事内容は、運営者の置かれた状況を考慮しながら、事業の改善につながるウェブサイト構築をサポートすることです。分析結果をビジネスへどのように活用するのか、利益を生むためにはどうすればいいのか、WEBサイトの課題は何かなどについて、客観的な視点から具体的なソリューションを立案します。

Google アナリティクスなどのウェブ解析ツールだけでは判断できない情報の価値付けを行い、人間としての直感力も大事にしながら、データに基づくアクションプランを立案をします。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。