「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 25 万円
平均年収 486 万円

Webマーケターとは、オンラインでの集客やユーザーとのコミュニケーション施策を企画・運用する職業です。

企業のマーケティング部門や広告代理店、ネット通販会社などに勤務し、SEOやオンライン広告で集客をしたり、アクセス解析を行いWebサイトの改善を行ったりします。

とくに、Webから集客を行うことは、Webマーケターの重要な役割です。そのため、Web広告の運用やSEO、アクセス解析などのスキルが求められます。

WEBマーケターの仕事内容

  • Webマーケティングの目標を設定します
  • ターゲットとなるユーザー(ペルソナ)を設定します
  • KPI・KGIの設定と管理を行います
  • Webサイトの構築や修正を行います
  • SEO(検索エンジン最適化)施策を行います
  • Web広告の運用を行います
  • アクセス解析を行います
  • A/Bテスト(スプリットランテスト)を行います
  • LPO(ランディングページ最適化)施策を行います
  • SNSの運用を行います
  • メールマガジンの運用を行います
  • マーケティング・オートメーションを構築します
  • プレゼン資料や報告書などを作成します
  • 社内や顧客にプレゼンを行います

WEBマーケターの業務スキル

  • PDCAを回すための論理的思考力
  • マーケットの需要を把握するためのリサーチ力
  • リサーチ結果から有効な施策を構想する仮説設定能力
  • Webサイトの構築や修正に必要なWeb制作スキル
  • マーケティングツールを使いこなすスキル
  • 予算内で最大限の効果をあげるWeb広告運用のスキル
  • 自社のWebページを検索上位に表示させるSEOのスキル
  • 成約率を向上させるLPOのスキル
  • ユーザーの行動を把握するためのアクセス解析スキル
  • 解析結果から有効な施策を導くデータ分析能力
  • マーケティング施策や効果測定の結果をわかりやすく資料にまとめる資料作成能力
  • マーケティング施策や効果測定の結果をわかりやすく説明するプレゼンテーション力

WEBマーケターの専門知識

  • マーケティング
  • SEO
  • LPO
  • 広告運用
  • 統計学
  • 消費者心理
  • 定量分析

WEBマーケターの実務能力

  • プレゼンテーション力
  • 分析力
  • 論理的思考力
  • 情況把握力
  • 課題発見力

WEBマーケターの基礎能力TOP3

  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力

WEBマーケターの働く場所

  • 広告代理店
  • 通販会社
  • コンサルティング会社
  • 一般企業のマーケティング部
  • 個人事務所

WEBマーケターの作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • Microsoft Office
  • タブレット端末
  • ビジネスチャットツール
  • マーケティングツール
  • 電卓
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • 自動解析ツール
  • ウェブサイト作成ツール
  • 動画共有サイト
  • ブログ作成ツール

WEBマーケターの活動内容

  • マーケティングの目標設定
  • ペルソナ設定
  • KPI・KGIの設定と管理
  • Webサイトの構築・修正
  • SEO施策
  • Web広告運用
  • アクセス解析
  • A/Bテスト(スプリットランテスト)
  • LPO施策
  • SNS運用
  • メールマガジン運用
  • マーケティング・オートメーション構築
  • 資料や報告書の作成
  • プレゼン

WEBマーケターの人間性

  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

WEBマーケターのキャリアステップ

  • WEBディレクター
  • Webプロデューサー
  • 経営コンサルタント
  • 企画・経営職
  • ウェブ解析士
  • データサイエンティスト・データアナリスト

WEBマーケターの給与

初任給:25万円
平均年収:486万円

参考:
初任給:25.41万円(企業規模計、20~24歳)
平均:31.87万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:486.83万円(賞与:104.39万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

WEBマーケターの推奨資格

  • ウェブ解析士
  • 統計検定
  • Google広告認定資格
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  • Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定
  • Webアナリスト検定
  • IMA検定
  • Webディレクター試験

WEBマーケターの就業者数推定

デジタルマーケター:約20,000人(2018年)

・国内のデジタルマーケターは、合計約2万人と推計
https://www.videoi.co.jp/news/181120.html
CAREER INDEX からの求人
年間数億円の広告運用にトライ!関西注目のベンチャーでWebマーケターを募集

株式会社 ダトラ - 〒541-0056 大阪府大阪市中央区中央区久太郎町2丁目5−28 久太郎町恒和ビル7階

成長を続ける当社の軸・Webマーケティング事業で、「マーケティングを極めたい方」「たくさん稼ぎたい方」など、成長意欲のあるマーケターを募集します。※新型コロナウィルス感染予防のため選考は最終面談ま...

【リノベ不動産エージェント(リーダー候補)】不動産業界の常識を超えて成長したい方募集!

株式会社WAKUWAKU - 【東京都】目黒区三田2-4-4 山崎ビル1F【神奈川県】横浜市神奈川区鶴屋町1丁目1ー2 INUYAMA BLDG.1F※東京(恵比寿)と神奈川(横浜)の2拠点から選択できます...

住まい購入を検討しているエンドユーザーに「中古不動産+リノベ—ション」という新しい選択肢を提案し、物件選定~リノベーションのプロデュースまでをご担当いただきます。ユーザーが、ライフスタイルに合わせた本...

【執行役員候補】大手BtoCクライアントのWeb/SNSマーケティングディレクション×事業・組織の仕組みづくりをお任せします!

オリナス 株式会社 - 〒164-0013 東京都中野区弥生町2-25-13 3F

弊社ミッション「すべての企業人をWebマーケターにする」の元、より多くの企業様にデジタルマーケティングの知見を提供するべく事業拡大を行い、そして4年後のIPOを目指しています。今回は、その目標に向...

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収478万円

企画・経営職は、企業で経営幹部を補佐しながら経営業務を直接的に担当する職業です。中長期的な経営戦略を練り、各種情報の収集と分析を重ねて、コスト削減などの経営改善や経営計画の策定、内部統制業務などを行います。経営企画や事業企画などと呼ばれることもあります。

組織の規模や形態、上場の有無などによって担当業務は大きく異なりますが、経営者の視点に立ち、社外との交渉役を担います。関連業界や社会動向全般について自ら調査し、多角的な分析力を備えていくことで、出世コースに乗りやすくなります。

企画業務型裁量労働制を導入している企業も増えてきており、この場合、自分の都合に合わせて勤務時間を調整し、効率の良い時間配分で仕事を進められるなどのメリットがあります。

平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

平均年収500万円

起業家は、独創的なアイディアや新しい技術をもとに、自ら事業を起こす人のことで、英語でアントプレナーとも言いいます。飛躍的な成長が期待される企業体はスタートアップやベンチャーなどと呼ばれ、経済の活性化を推進する存在として注目を集めます。

起業家になるには、卓越した行動力が必要で、仕事においても人生においてもリスクをとることが求められます。そのため、起業家に向いている人はリスクテイカーであるといえます。

2019年1月、Appleは女性起業家をサポートするアプリケーション開発プログラム「Entrepreneur Camp」を開始しました。社会の諸問題をイノベーションで解決する試みの一つです。かつてのスティーブ・ジョブズのように、社会に新しい価値・モノ・サービスを提示し、人々を驚かせ、心躍らせる存在が世界規模で待たれています。

平均年収679万円

ウェブ解析士は、WEBサイトを訪問したユーザーが、どのような経路をたどって来たのか、あるいはどこで離脱したのかなど、アクセスログをもとにデータを収集し、分析するスペシャリストです。

WEBマーケティングの幅広い知識や統計解析手法、ITスキルを駆使して、デジタル化されたユーザーの行動記録を読み解きます。

主な仕事内容は、運営者の置かれた状況を考慮しながら、事業の改善につながるウェブサイト構築をサポートすることです。分析結果をビジネスへどのように活用するのか、利益を生むためにはどうすればいいのか、WEBサイトの課題は何かなどについて、客観的な視点から具体的なソリューションを立案します。

Google アナリティクスなどのウェブ解析ツールだけでは判断できない情報の価値付けを行い、人間としての直感力も大事にしながら、データに基づくアクションプランを立案をします。

平均年収679万円

WEBディレクターは、WEBコンテンツの制作や運用現場における、クリエイターチームの総監督です。

WEBコンテンツの制作には、社内外のデザイナーやシスエムエンジニア、プログラマー、コーダー、ライターなど、複数人の専門クリエイターが関わります。WEBディレクターの仕事内容は、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、制作工程の進捗状況やコンテンツの品質を管理したりすることです。トラブルが起きた際には解決に向けてさまざまな調整を行い、プロジェクト進行管理の指揮をとるのも主な仕事です。

プロジェクト全体を統括するWEBプロデューサーや、依頼者との打ち合わせや企画提案を行うWEBプランナーと兼務することもあります。業界や企業、プロジェクト案件、職場環境によって、WEBディレクターに求められる役割は大きく異なります。そのため、全体を俯瞰できる視点やさまざまな専門分野を概括できる技術的な知識、ビジネス経験、高いコミュニケーション能力など、幅広いスキルが求められます。

平均年収679万円

Webデザイナーは、WebメディアやECサイト、アプリなどのページのデザインやコーディングを行う職業です。

ディレクターが作成したサイトマップやワイヤーフレームを確認しながら、依頼者のイメージや目的に合ったデザインを作成します。デザインだけでなく、実際にWebサイトを表示するためのコーディングも行います。さらに、システムエンジニアやプログラマーと協力しながらWebサイトやアプリを完成させます。

最近では、CMSやクラウドサービスなどによりWEBサイトの立ち上げが容易になっており、デザインセンスもさることながら、UI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)を考慮したユーザービリティの高いデザインが求められています。

平均年収543万円

WEBプロデューサーとは、Webビジネスにおける上流から下流工程までのフロー全体を把握し、責任者として統括を行う職業です。

WebメディアやECサイト、オンラインゲーム、スマートフォンアプリなどのWEBサービスやコンテンツの企画立案と戦略策定を行い、必要な体制を構築します。 製作過程においては品質管理やリスクマネジメントを行いながらサービスを公開し、公開後も成長に必要な施策を継続的に検討し実施を指揮します。

一見華やかに思われますが、プロジェクトメンバーや関係する企業などの調整業務が多く、ときには嫌われ役も担いながらプロジェクトの成功に向けてメンバーのモチベーションを上げ、パフォーマンスを引き出す指揮官としての役割を担います。

平均年収706万円

シンクタンク社員とは、さまざまな領域の専門家を集めた研究機関であるシンクタンクで働く人です。国の社会課題や企業の経営課題を解決するために、必要なデータを調査し解決策を提案します。

シンクタンクには「政府系」と「民間」の2種類があります。政府系シンクタンクは省庁などを母体とする非営利団体が多く、各省庁に対して公共政策に関する提言を行うことが主な仕事です。民間シンクタンクは企業に対してコンサルティングやシステムインテグレーションの提供を行うことが一般的です。

シンクタンクで働くためには、特定分野に対する深い知識が求められます。また、大手のシンクタンクになると大学院卒を必須条件にしているところもあります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。