「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 17 万円
平均年収 288 万円

傘職人は、専門技術を用いて、傘を手作りする職業です。

傘職人になるには、熟練の傘職人に弟子入りしたり、傘づくりを専門とする企業に入社したりする方法があります。必要な資格はありませんが、細かい作業や長時間の座り仕事が苦にならないことや、手先の器用さが求められるでしょう。

熟練の傘職人がつくる傘は細部に精密な細工があり、高級傘として販売されています。傘づくりの技術は職人の間で代々受け継がれています。傘職人は、その繊細で緻密な技術を少しづつ学び身に付け、試行錯誤を繰り返しながら熟練の傘職人に近づいていくのです。

傘職人の仕事内容

  • 傘の生地を織ります
  • 傘の生地を必要な形に裁断し、縫製します
  • 骨組みをつくります
  • 手元をつくります
  • 傘を組み立てます
  • 傘袋を作成します
  • 客から依頼を受けて修理作業をします

傘職人の業務スキル

  • 自らの担当する制作工程を責任をもってやりきる主体性
  • 傘作りにともなう細かな作業に必要な手先の器用さ
  • 長時間同じ姿勢で作業を行っても体を傷めないようにする自己管理力
  • 傘作りにともなう細かな作業を粘り強くやりきる忍耐力
  • 長時間集中を切らずに作業を行うために必要な体力

傘職人の専門知識

  • 傘づくりに関わる専門知識

傘職人の実務能力

  • 主体性
  • 創造力
  • 自己管理力
  • 粘り強さ
  • 体力

傘職人の基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力

傘職人の働く場所

  • 傘制作会社
  • 傘制作工場
  • 自宅

傘職人の作業方法とツール

  • 裁断ばさみ
  • カッター
  • 定規
  • くりぬき型
  • ハンマー
  • 傘専用ミシン
  • 指ぬき
  • ヤスリ

傘職人の活動内容

  • 生地織り
  • 生地の裁断縫製
  • 骨組み
  • 手元づくり
  • 傘の組立
  • ほつれ直し
  • 防水加工
  • 傘袋作成

傘職人の人間性

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

傘職人のキャリアステップ

  • 経営者

傘職人の給与

初任給:17万円
平均年収:288万円

参考:
初任給:17.47万円(企業規模計、20~24歳)
平均:22.19万円(10人以上、年齢計)
平均年収288.37万円(賞与:22.09万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収781万円

商社マンは、三菱商事や伊藤忠商事、丸紅などの総合商社や、特定分野に特化した専門商社で働く営業などを行う総合職の社員です。国内外のモノやサービスについて輸出入の商取引(トレード)を仲介したり、高い配当収入が見込まれる国内外の企業に事業投資や経営参画したりすることで、利益を生み出します。

商社マンが取り扱う商材は多岐に渡り、特に総合商社では、”ミネラルウォーターから通信衛星まで”といわれるほど、幅広い製品やサービスの仲介を行います。

他業界と比較して、給料などの待遇面でとても恵まれており、世界を相手にダイナミックな仕事ができる商社マンは人気の職業です。しかし、専門商社は60社以上ありますが、総合商社は7社しかありませんので、狭き門であるといえます。

平均年収781万円

営業職とは、製品やサービスなどの商材を顧客に売り込み、注文を受ける(受注・成約する)職業です。顧客が来店するのを待つ販売職とは違い、基本的に社外で活動します。

営業職は大きく、企業向けに商材を販売する「法人営業」と、一般消費者向けに商材を売り込む「個人営業」に分かれます。また担当する顧客によって、既存の顧客を担当する場合は「ルート営業」、新規顧客を獲得する場合は「新規開拓営業」というように分類されます。

会社の売上を左右する職種のため、成果報酬などインセンティブがつくこともあり、収入は比較的高めです。また、さまざまな人々と出会うことで良い刺激をもらえることや、会社に寄らずに直行直帰できるといった自由な勤務スタイルも魅力の一つです。

平均年収280万円

ショップ店員は、主にアパレル業界やインテリア・雑貨業界のショップで働く店員のことです。ファッションやインテリアの身近なアドバイザーとして接客と販売業務を担います。

本社の方針に従って、店舗運営の責任者であるショップマネージャーとともに、売上目標の達成に向けてさまざまなセールを企画し販売促進をはかります。独自のセンスが認められれば、店内のディスプレイや商品のコーディネートなどを一手に任されることもあります。

最新のブランド品に囲まれながら好きなことを仕事にするだけでなく、平日の休みを謳歌できたり、自社商品を社内割引価格で安く購入できたりします。

平均年収679万円

ファッションデザイナーとは、服や靴、バッグなどのアパレル商品をデザインする職業です。

自身の目指すデザインの方向性を決めたり、ファッションのトレンドをリサーチしたりして、ブランドのイメージに合わせてデザインを行います。ファッション業界は国際的なビッグビジネスであるため、デザインセンスだけではなく、売れる商品をつくるためのマーケティングセンスも求められます。

ファッションデザイナーとしての働き方は主に3つあります。自分自身でブランドを作りオリジナルのデザインを作る「オートクチュールデザイナー」と、ブランドやメーカーに所属する「企業内デザイナー」、またどちらにも所属せずにフリーランスとして活動する「フリーデザイナー」です。

平均年収287万円

バイヤーは、トレンドや市場動向、顧客動向を抑えた上で、店頭に並べる商品を買い付ける職業です。主に小売店舗などで働き、商品選定や仕入れ、新規ルートの開拓などを行います。

その活動範囲は広く、国内外に出向いて売れる商品を探します。生産者と直に接するため、相手との信頼関係を構築するコミュニケーション能力、より安く優れた商品を買い付ける交渉力が求められます。また国外へ買い付けに行く場合、語学力が必要になることも。それ以外にもオリジナル商品の開発に関わることもあります。

バイヤーに必須資格はありませんが、販売員としての実務経験が求められます。5~7年程度の下積みを経て、バイヤーにキャリアアップするのが一般的です。バイヤーは売り上げが全てであり、常に数字に追われる大変さもあります。責任重大な反面、その分だけやりがいの大きい職業です。

現在作成しております。しばらくお待ちください。