「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

テーブルコーディネーター

初任給 22 万円
平均年収 370 万円

テーブルコーディネーターとは、結婚式などのパーティー会場やレストランにおいて、テーブルの飾り付けや食器のコーディネートをする職業です。

クライアントの要望や会場の雰囲気、季節感などを考慮して、テーブルをコーディネートしていきます。ただ、あくまでも料理が主役なので、料理をいかに引き立てられるかが腕の見せ所です。

テーブルコーディネーターになるには資格は必要ありませんが、テーブルマナーやカラーコーディネートなどの知識を要求されるので、関連する資格を取得しておくと有利になります。

テーブルコーディネーターの仕事内容

  • クライアントから要望をヒアリングします
  • 料理人や会場スタッフと打ち合わせを行います
  • テーブルコーディネートのプランニングを行います
  • 食器や装飾アイテムの選定を行います
  • スタッフに指示を出しながらテーブルセッティングを行います

テーブルコーディネーターの業務スキル

  • テーブルを華やかに見せるコーディネートセンス
  • カラーコーディネートスキル
  • スタッフや関係者とともに仕事を進めていくためのチームワーク力
  • クライアントやスタッフと調和を図るためのコミュニケーション能力
  • 料理や会場の雰囲気にマッチするコーディネートをアドバイスできる提案力
  • クライアントの要望に沿って最適なコーディネートを企画するプランニング力

テーブルコーディネーターの専門知識

  • テーブルマナー
  • 食文化
  • 食空間コーディネート
  • 食器に関する知識
  • 料理に関する知識

テーブルコーディネーターの実務能力

  • 表現力
  • 提案力
  • チームワーク力
  • 審美眼
  • コミュニケーション力

テーブルコーディネーターの基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

テーブルコーディネーターの働く場所

  • ホテル
  • 結婚式場
  • レストラン
  • 旅館

テーブルコーディネーターの作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • メモ帳
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • タブレット端末
  • スケッチブック

テーブルコーディネーターの活動内容

  • クライアントからのヒアリング
  • 関係者との打ち合わせ
  • テーブルコーディネートのプランニング
  • 食器や装飾アイテムの選定
  • テーブルセッティング

テーブルコーディネーターの人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 社交的で感性豊かな人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人

テーブルコーディネーターのキャリアステップ

  • ウェディングプランナー
  • ブライダルコーディネーター
  • フードコーディネーター
  • フードディレクター
  • インテリアコーディネーター
  • 空間デザイナー
  • ホテルマン

テーブルコーディネーターの給与

初任給:22万円
平均年収:370万円

参考:
初任給:22.41万円(企業規模計、20~24歳)
平均:26.97万円(1,000人以上、年齢計)
平均年収:370.18万円(賞与:46.54万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

テーブルコーディネーターの推奨資格

  • 食空間コーディネーター
  • フードコーディネーター
  • テーブルマナー認定講師
  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター
  • フラワーデザイナー
  • フラワー装飾技能士

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収273万円

フラワーデザイナーとは、結婚式やホテル、お店の開店祝いなど、お祝い事やイベントで人々が集まる空間を花で彩る職業です。

ギフト用の花束や結婚式でのブーケ、髪飾り、慶弔の際の花輪など、用途に合わせて花をアレンジメントすることが主な仕事です。多くのフラワーデザイナーがフラワーショップかブライダル企業で働いていますが、個人でお店を開業している人もいます。

生花は生ものなので扱いが難しく、選ぶ花の種類や色どりなどのセンスも問われます。そのため、フラワーデザイナーは、誰よりも花について詳しい専門家として、頼れる存在であるといえます。

平均年収400万円

ホテル支配人とは、ホテル経営の現場責任者として各部門のスタッフを統括し、全体を俯瞰しながらホテル運営を管理する職業です。大規模ホテルでは宿泊部門や料飲部門、宴会部門、調理部門など、各部門に支配人が配され、全部門の統括者を総支配人と呼ぶこともあります。

客室などの稼働率を上げるため、さまざまな営業戦略やイベント案を吟味し、ゲストの満足度を高めながらも利益を出せる仕組みを常に模索しています。

通常、ホテル支配人になるには、ホテルマンとしての経験が求められます。しかし、大手チェーンホテルなどでは、ホテル業務未経験の夫婦が支配人・副支配人としてホテル運営を手掛けることもあります。業界ノウハウやホテル経営を一から学びながら、独立・開業を目指す道として注目されています。

平均年収359万円

ホテルマンとは、ホテルの受付や客室案内など、宿泊客に対して接客業務を行う職業です。接客以外にも、宿泊プランや各種イベントの企画、国際会議の宴会場をプロデュースするなど、仕事内容は多岐に渡ります。

接客業の中でも特に洗練されたマナー、きちんとした身だしなみ、きめ細やかな対応が求められる職種です。また、外国人観光客の急増にともなう多言語対応やグローバルな視点に立った新しいサービスもニーズが高まっています。

本来の英語の意味ではホテル支配人などの管理職を指しますが、日本ではホテルで働くスタッフ一般に対して使われています。最近では、女性のホテルスタッフも多いことから、性別関係なく使える「ホテリエ」というフランス語で呼ばれることもあります。

平均年収370万円

ブライダルコーディネーターとは、顧客の理想とする結婚式や披露宴を実現するため、内外の専門スタッフを取りまとめ、婚礼をマネジメントする職業です。ウエディングプランナーと呼ばれることもあります。

伝統的な神前式やキリスト教式だけでなく、海外でのゲストハウスウェディングのような人前式など、挙式・披露宴スタイルは多様化しています。顧客の予算やスケジュールに応じてブライダル市場のトレンドを取り入れながら、顧客の希望に合ったブライダルをコーディネートします。

さまざまな形の人生の慶事に立ち合い、多くの笑顔や嬉し涙を前に、繁忙期の苦労も忘れるほど大きなやりがいを感じられる仕事です。

平均年収409万円

料理人とは、レストランやホテル、居酒屋などで食材を調理し、お客様に料理を提供する職業です。仕事内容は調理だけでなく、食材の仕入れや仕込み、メニュー開発など多岐にわたります。

日本料理の場合は板前、西洋料理の場合はコックやシェフと呼ばれます。とくにシェフと呼ばれる場合は、ただの料理人ではなく、コックをまとめる”総料理長”を意味します。そのため、シェフの仕事にはスタッフや料理のクオリティのマネジメントも含まれます。

料理人になるには、調理師の専門学校に通ったり、飲食店で下積みをして技術を身につけたりする方法があります。最近では、料理に関することだけでなく、売上や原価計算などの経営感覚を持った料理人が求められています。

平均年収370万円

ウェディングプランナーとは、新郎新婦の理想とする結婚式や披露宴を実現するため、専門スタッフを取りまとめ、婚礼をマネジメントする仕事です。新規顧客の成約までを担当する営業が仕事内容に含まれる場合もあります。

伝統的な神前式やキリスト教式だけでなく、海外でのゲストハウスウェディングのような人前式など、挙式や披露宴スタイルの形態が多様化しています。顧客の予算やスケジュールに応じてブライダル市場のトレンドも取り入れながら、顧客の希望に合ったブライダルをコーディネートします。

様々な形の人生の慶事に立ち合い、多くの笑顔や嬉し涙を前に、繁忙期の苦労も忘れるほど大きなやりがいを感じられる仕事です。

平均年収348万円

パティシエは、「お菓子を作る職人」という意味を持ち、ケーキやクッキーなどさまざまな洋菓子を作る仕事です。

洋菓子店やレストラン、ホテルのカフェなどに所属して洋菓子の製造を行います。人気パティシエは複数店舗のオーナーやレストランのデーザートの監修、お菓子メーカーとのコラボ商品の監修などを行います。またスイーツを作るだけでなく、各種コンテストに出場したり、講習会の講師を行う場合もあります。

洋菓子の本場であるヨーロッパで修行を行い、日本に戻り人気パティシエとなる方々が増えています。

平均年収322万円

ワインソムリエは、レストランやワイン販売店などで、ワインに関する接客とワインを適切に管理する仕事です。

お客様の好みや予算、食される料理などを把握し、最も合うワインを選定し、提案・提供します。
ワインだけでなく、料理や食材に関する知識、生産地の地理や歴史を学び習得し、店舗で扱う飲料全般の仕入れ・管理を行い、提供するグラスの選定や管理なども行います。

フランスやイタリアなどワイン大国では、ソムリエに高い教養が求められ、国家資格となっている。

平均年収679万円

インテリアコーディネーターとは、依頼者の好みやライフスタイルに合った室内空間をコーディネートする職業です。

見た目やデザインだけでなく、実際の生活や使用シーンをイメージし、機能性も兼ね備えた家具や調度品を選定していきます。インテリアの仕入れから搬入、セッティング、納品後のメンテナンスなど、アフターフォローまで行います。顧客の幅広い要望に応えるため、日頃から住宅やインテリアに関する知識を深めていく必要があります。

最近では、3Dソフトを活用することにより、バーチャル空間の中で、インテリアを実際の部屋に合わせて立体的に配置することができるようになり、顧客に最適な提案が可能となってきています。

平均年収330万円

フードコーディネーターとは、「食の開発」「食の演出」「食の運営」といった幅広い分野で、食に関わるビジネスをプロデュースしたりアドバイスする職業です。

レストランなどの飲食店プロデュースやメニューの開発、料理教室の運営、料理番組出演、レシピ本の出版など、実力次第で幅広い仕事を行うことができます。資格がなくても名乗ることはできますが、「フードコーディネーター」は日本フードコーディネーター協会が発行する民間資格です。幅広く専門的な分野を取り扱う職種柄、スキルの証明のためにも取得しておくと有利でしょう。

フードコーディネーターの多くはフリーランスとして働いています。そのほかにも、フードコンサルティングを専門とする企業や、スポーツ関連施設、スポーツチームに所属するなど、活躍のフィールドが幅広いだけに、自分の強みをしっかりと磨いてアピールすることが重要になってきます。