「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給32万円 平均年収816万円

ジャーナリストとは、新聞やテレビ、雑誌、インターネットなどのメディアで報道を行う職業です。

政治や経済、社会、スポーツ、芸能、文化など、自身の専門分野において取材を行い、記事の執筆・寄稿を行います。また、メディアに出演してニュースの解説をしたり、講演を行ったりするのもジャーナリストの重要な仕事です。

ジャーナリストになるには決まったルートはありませんが、新聞社やテレビ局、出版社などのマスコミに就職することが近道です。一定の経験を積んだ後、フリージャーナリストとして独立する人もいます。

ジャーナリストの仕事内容

  • 新聞やニュースサイトなどから情報収集を行います
  • 記事の企画を行います
  • カメラマンや編集者などの関係者と打ち合わせを行います
  • 取材やインタビューを行います
  • 記事の執筆・寄稿をします
  • メディアに出演しニュースの報道をします
  • メディアに出演しニュースの解説をします
  • 講演活動を行います
  • 書籍を執筆し出版します

ジャーナリストの業務スキル

  • 読みやすく読者の興味を惹くための文章作成能力
  • さまざまな媒体から必要な情報を集める情報収集能力
  • 独自の視点で報道を行うための洞察力と批判的思考力
  • ニュースをわかりやすく伝える発信力
  • 世の中に知られていない事実を探る取材力

ジャーナリストの専門知識

  • ジャーナリズム
  • 一般教養
  • メディア論
  • 時事
  • 政治
  • 経済
  • 歴史
  • 法律
  • 文化・芸術
  • 社会・歴史
  • スポーツ
  • 専門分野に関する深く幅広い知識

ジャーナリストの実務能力

  • 表現力
  • 主体性
  • 粘り強さ
  • 洞察力、察知力
  • コミュニケーション力

ジャーナリストの基礎能力TOP3

  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力

ジャーナリストの働く場所

  • 新聞社
  • テレビ局
  • 出版社
  • Webメディア運営会社
  • 個人事務所
  • スポーツ競技場
  • 戦場

ジャーナリストの作業方法とツール

  • 筆記用具
  • メモ帳
  • パソコン
  • メール
  • ビジネスチャットツール
  • スマートフォン
  • ノート、データ保管ツール
  • タブレット端末
  • デジタルカメラ
  • ICレコーダー
  • 動画編集ソフト
  • 画像編集ソフト
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • マイク
  • Microsoft Office

ジャーナリストの活動内容

  • 情報収集
  • 記事企画
  • 関係者との打ち合わせ
  • 取材・インタビュー
  • 記事の執筆・寄稿
  • ニュース報道
  • ニュース解説
  • 講演活動
  • 書籍出版

ジャーナリストの人間性

  • 正義感が強く行動力がある人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人

ジャーナリストのキャリアステップ

  • 編集者
  • 私立大学教員
  • 政治家

ジャーナリストの給与

初任給:32万円
平均年収:816万円

参考:
初任給:32.61万円(企業規模10人以上、20~24歳)
平均月給:54.06万円(記者の年収から推計)
平均年収:816.95万円

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

ジャーナリストの推奨資格

  • TOEIC
  • 漢字検定

ジャーナリストの就業者数推定

59万人(広告・メディア業界)

・BtoBプラットフォーム 業界チャネル
https://b2b-ch.infomart.co.jp/report/industry/middle.page?chim=18
Indeed からの求人
PRコーディネーター

SivanS株式会社 - 東京都 港区 北青山

プレイスメントなどの露出を得る ・インフルエンサー、オピニオンリーダー、メディア、ジャーナリストとの影響力があり発展的な関係の構築 ・PRイベント、商品発表(プロダクトローンチ...

PR

日本ロレアル株式会社 - 東京都 新宿区

象としたPR関連業務や、広告代理店業務において3年以上の経験があること ・メディアやジャーナリスト・ライターなど、ブランド認知を高める様なネットワークがあること ・デジタルPRやマ...

広報PR(商品・技術訴求担当)

本田技研工業 株式会社 - 東京都 港区

術訴求イベント・試乗会の企画・実行、プレスリリースの作成・発信 •雑誌・Web媒体・ジャーナリストなど各メディアとの良好な関係の構築・維持を目的としたコミュニケーション活動 •既存...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収465万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

平均年収679万円

Webデザイナーは、WebメディアやECサイト、アプリなどのページのデザインやコーディングを行う職業です。

ディレクターが作成したサイトマップやワイヤーフレームを確認しながら、依頼者のイメージや目的に合ったデザインを作成します。デザインだけでなく、実際にWebサイトを表示するためのコーディングも行います。さらに、システムエンジニアやプログラマーと協力しながらWebサイトやアプリを完成させます。

最近では、CMSやクラウドサービスなどによりWEBサイトの立ち上げが容易になっており、デザインセンスもさることながら、UI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)を考慮したユーザービリティの高いデザインが求められています。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

アナウンサーとは、テレビやラジオのニュース番組などで、事前に用意されたニュース原稿をもとに視聴者に分かりやすく内容を伝えたり、番組の司会進行を行ったりする職業です。

ニュースでは正確に情報を伝達することが重要になるため、正しい言使いの勉強や発声トレーニングなどを日々行います。また、情報番組を担当することが多いため、日頃からアンテナを高く張り、世の中の変化やトレンド情報を収集しておくことも重要です。バラエティ番組に出演する際は、司会進行だけでなく、気の利いたコメントを求められることも多く、ユーモアのセンスも求められます。

人気アナウンサーになるとフリーランスとして活躍したり、タレント活動をしたりする道もあり、人気の高い職業となっています。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

平均年収816万円

新聞記者とは、政治や経済、社会、文化、地域、スポーツなど、私たちの暮らしに関係するさまざまな分野の情報を収集し、新聞記事を作成・編集する職業です。

新聞記者には、幅広い知識と教養、取材力、人脈構築力、読者に分かりやすく伝える文章力が求められます。また、事件が発生すれば、昼夜を問わず取材を行う必要があるため、体力と精神力も必要です。

近年のWEBメディアの台頭により、新聞記者の数は全体としては減少傾向にありますが、新聞で培われた取材力や文章力は重宝されており、WEB媒体からヘッドハンティングされることもあります。

平均年収816万円

フリーライターとは、組織に所属せずフリーランスで新聞や雑誌、WEBメディアなどの記事を書く職業です。

企画のコンセプトや読者層を把握し構成を考え、文章を書くだけでなく、必要に応じてインタビューや写真撮影を行い記事を作成していきます。クラウドソーシングプラットフォームに登録したり、企画を出版社やメディア企業へ売り込んだり、SNSなどで実績(ポートフォリオ)を発信したりして、仕事を獲得していきます。読者や時代にマッチした記事を作成するために、日頃から世の中の変化にアンテナを張り、トレンドを把握しておくことが求められます。

最近では写真撮影も兼務するカメライターや、SNSなどで活躍するインフルエンサーなどもフリーライターとして参入してきています。

平均年収543万円

WEBプロデューサーとは、Webビジネスにおける上流から下流工程までのフロー全体を把握し、責任者として統括を行う職業です。

WebメディアやECサイト、オンラインゲーム、スマートフォンアプリなどのWEBサービスやコンテンツの企画立案と戦略策定を行い、必要な体制を構築します。 製作過程においては品質管理やリスクマネジメントを行いながらサービスを公開し、公開後も成長に必要な施策を継続的に検討し実施を指揮します。

一見華やかに思われますが、プロジェクトメンバーや関係する企業などの調整業務が多く、ときには嫌われ役も担いながらプロジェクトの成功に向けてメンバーのモチベーションを上げ、パフォーマンスを引き出す指揮官としての役割を担います。