「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給22万円 平均年収465万円

アートプロモーターとは、アート作品や新しいアーティストを発掘し、ギャラリーや展覧会などを通じてコレクターや企業に紹介する職業です。

アーティストをプロデュースしたり、アーティストの代わりにアート作品を販売したりして収益を上げ、芸術をビジネスとして成立させる役割を担います。

最近では、オンラインでギャラリーを主催することで、世界中のアーティストの作品を紹介したり、オフィス専門にアート作品を販売したりするなど、さまざまなかたちでアートプロモーターが活躍しています。

アートプロモーターの仕事内容

  • 新たなアーティストやアート作品を発掘します
  • アーティストと契約しプロデュースを行います
  • ギャラリーを運営します
  • アート作品をコレクターや企業などに販売します
  • アートに関する展覧会やセミナーを企画・開催します
  • アートイベントやワークショップを企画・開催します
  • 美術書籍や画集、アートグッズなどを企画・制作します
  • 国内アーティストを海外に、海外アーティストを国内に紹介します
  • アーティスト同士の交流会やサロンを企画・運営します
  • オンラインギャラリーの企画・制作・運営を行います
  • オフィスや商業施設、公共スペース向けにアート作品を提案します

アートプロモーターの業務スキル

  • 優れたアート作品を見抜く審美眼
  • 才能あるアーティストを発掘する能力
  • アートを商業と結びつけるビジネスセンス
  • アーティストを売り出すためのマネジメント能力
  • 展覧会やイベントを成功させるプロデュース能力
  • アートの魅力を伝えるための表現力とコミュニケーション能力
  • アートに新たな視点を与えファンを生み出すマーケティングスキル

アートプロモーターの専門知識

  • 文化・芸術
  • 美術史
  • 一般教養
  • マーケティング
  • 人材マネジメント
  • 経営学

アートプロモーターの実務能力

  • プレゼンテーション力
  • マーケティング力
  • ディレクション力
  • 審美眼
  • 人脈構築力

アートプロモーターの基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

アートプロモーターの働く場所

  • 画廊
  • ギャラリー
  • アートイベント会社
  • アートサロン
  • 個人事務所

アートプロモーターの作業方法とツール

  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • デジタルカメラ
  • 鑑定道具(手袋、ルーペ、ライトなど)
  • 電卓

アートプロモーターの活動内容

  • アーティストやアート作品の発掘
  • アーティストプロデュース
  • ギャラリー運営
  • アート作品の販売
  • 展覧会やセミナーの企画・開催
  • アートイベントやワークショップの企画・開催
  • 美術書籍や画集、アートグッズなどの企画・制作
  • アートサロンの企画・運営
  • オンラインギャラリーの企画・制作・運営
  • オフィスや商業施設、公共スペース向けアート作品の提案

アートプロモーターの人間性

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人

アートプロモーターのキャリアステップ

  • アートディレクター
  • 美術商(美術品販売員)

アートプロモーターの給与

初任給:22万円
平均年収:465万円

参考:
初任給:22.06万円(企業規模10人以上、20~24歳)
平均:33.62万円(デザイナーの年収から推計)
平均年収:465.37万円

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

アートプロモーターの推奨資格

  • TOEIC
  • 古物商許可
  • 学芸員
Indeed からの求人
2021 新卒採用 芸能・映画・音楽

マーヴェリック・ディー・シー株式会社 - 東京都 渋谷区 恵比寿

ター ・マーケティング・プロモーター ・グローバル・プロジェ... ゼンをしてプロジェクトの立ち上げ コンセプトにあった楽曲やアートワークを集めてプレゼン レコーディングのためのスタジオや...

音楽制作・プロモーション《UUUM所属アーティスト》

UUUM株式会社 - 東京都 港区 赤坂

音楽プロモーター経験2年以上 もしくは •音楽プロダクション、レコード会社(A&R・営業・マネージャー)で2年以上勤めていた方 【歓迎要件】 ・メジャーレーベルでのプロモーター...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収330万円

美術商またはアートディーラーと呼ばれ、美術品を仕入れ、展示会やデパートのギャラリー、画廊などで顧客に販売する仕事です。

オークションに出向いたり、同業者やコレクター、美術家を訪ね、美術品に価値があり売れるか判断し買い付け、顧客のコレクターに販売します。
また、展示スペースを持つ美術商や百貨店の美術部で働く美術商は、作品を販売するとともに、新作の展示会なども企画・開催し、新しい美術作品を発信する場としてアーティストを育てる役割も担います。

以前は個人からの買取依頼が多かったが、最近では貴金属買取り店など、古物商からの引き合いが増えています。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

平均年収423万円

グラフィックデザイナーとは、ポスターやチラシ、書籍、雑誌、商品パッケージ、看板など、平面的なもののデザインを行う職業です。広告宣伝や販売に関わり、ビジュアル効果を高めることで、”伝えたいこと”を表現するのが仕事です。

グラフィックデザイナーの仕事内容は、広告代理店や広告制作会社での宣伝物のデザインがメインとなります。コピーライターやカメラマン、イラストレーターなど、他のクリエイターとチームを組んで仕事をしていきます。

グラフィックデザイナーになるには資格は必要ありませんが、AdobeのPhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを使いこなせると有利になります。

平均年収323万円

美術品輸送コーディネーターとは、美術品の運送に最適な環境や方法をコーディネートする職業です。依頼者の要望に沿い、美術品を美術館や博物館、個人宅などのあらゆる場所へ、破損させることなく無事に届けるための輸送をコーディネートします。

輸送・集荷・梱包・展示・保管・返却・通関手続きなど、あらゆる美術品運送に関する知識を持ち、繊細で壊れやすい美術品を梱包方法から温度管理まで最適な方法で運ぶための方法を考えます。関係業者とのスケジューリング調整や書類作成などの事務処理も大事な仕事です。

美術品はその特性上、細かな管理をしないと破損リスクが高まります。そのため、美術品運搬の詳細な知識を持ち、丁重に美術品を運ぶ方法をコーディネートできる美術品運送コーディネーターが求められるのです。

平均年収679万円

修復家とは、古くなった絵画や美術品の中で、保存状態がよくないものを修復し、後世に残せる状態にする職業です。

絵画修復家と美術品修復家とでは行う仕事内容が全く異なりますので、修復家になるには、まずは何の修復家になりたいかを決め、美術学校や専門学校で修復技術を学ぶのが一般的です。

美術学校や専門学校などで学んだ後に、絵画・美術品保存研究所や絵画・美術品修正工房のような企業や財団法人などに就職し、仕事を行います。あるいは、海外の絵画・美術品修復工房に入り、技術を磨き、世界中で活躍できる修復家を目指すこともできます。

平均年収410万円

学芸員とは、美術館や博物館などの文化施設において、施設内に保管する資料を研究・整理・展示などに使用して、学術振興や文化向上に貢献する職業です。

取り扱う文化的資料に関する深い造詣を持つことはもちろん、常に知識を更新していく必要があります。それは施設に訪れる人を案内をする立場であるからだけでなく、「学術振興や文化向上に貢献する」学芸員として、常に自己研鑽をし、その道の専門家で有り続ける必要があるからです。研究職としてのイメージが強い学芸員ですが、施設運営に関する幅広い事務作用も行います。

海外ではキュレーターという専門職が設置されますが、日本における学芸員の仕事はキュレーターよりも多岐に渡ります。そのため、あらゆる専門技術が必要とされますが、やりがいのある職業といえるでしょう。

平均年収33万円

絵師とは、絵を描く職業の総称です。画家やイラストレーター、アニメーターなど、幅広く絵を描く仕事を指します。

アーティストとして、日々創作活動に励んでいますが、クライアントからの依頼で作品を作ることもあります。アートに関する幅広い知識が要求されるため、美術大学や美術系の専門学校を卒業する人もいますが、独創性とセンスがあれば、独学でも絵師として活躍することができます。

元もとは浮世絵の原画を描く職業を指していましたが、現在では日本画の描き手を”絵師”と呼ぶことが一般的です。また、1990年代末頃から、漫画やアニメ、ゲームの絵を描く人を指すようにもなりました。

平均年収404万円

仏師とは、彫刻技術などを用いて、仏像を制作する職業です。

仕事内容は、木を彫って仏像を作っていく木彫仏の制作の他にも、石や和紙・粘土、鋳造などにより仏像を作ることもあります。仏師になるには、師匠に弟子入りして10年ほど修行を積むのが一般的です。中学卒業後すぐに弟子入りする人もいれば、専門学校や美術大学を卒業後弟子入りする人もいます。

寺院に置かれる仏像は宗教的な意味合い以外にも美術品としての価値もあります。そのため、仏師自身も宗教家や職人、芸術家といったさまざまなメンタリティを持ち合わせていることが多いといえます。

平均年収379万円

陶芸家とは、粘土や陶石を使って食器や花瓶など、さまざまな用途の焼き物を作成する職業です。

陶芸家になるには、美術系の専門学校や大学で勉強したり、陶芸家に弟子入りしたりする方法があります。一人前になると、独立して自分の工房を持つ人もいます。依頼を受けて要望にあった陶磁器を制作するのが主な仕事ですが、有名な陶芸家になると個展を開いたり、陶芸教室を開催したりすることもあります。

最近では、ブログやSNSなどで作品を発表し、WEBサイトを通じて消費者に直接販売する陶芸家もいます。

平均年収409万円

書道家は、書人・書家とも呼ばれ、書に関する高度な知識・技術を持ち、書くことを仕事としています。

書道家にも様々なタイプがあり、師範の免許や教員免許を持ち学校や書道教室などで人に教える先生や、自身の感性により文字を芸術作品として仕上げ、個展や展覧会などで作品を披露する書道家もいます。
また、社名や店舗ロゴなど、依頼を受けて要望にあった作品を作ることもあります。

最近では、イベントやテレビなどで「文字を書くこと」そのものをパフォーマンスとして披露するなど、従来より範囲を広げて活躍する書道家も存在しています。