「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給22万円 平均年収679万円

映画プロデューサーとは、映画の企画から資金調達、制作、著作権管理、プロモーション、売り上げの回収まで、映画製作すべての責任を負う職業です。

映画監督が映画制作の現場責任者であるのに対して、映画プロデューサーは、企画立案から予算管理、キャスティング、劇場ブッキング、プロモーション、資金回収までを含めた映画ビジネスの全てのプロセスに関わる総責任者であるといえます。映画プロデューサーは、クオリティの高い映画を製作するだけでなく、映画をビジネスとして成り立たせる責任があります。

日本アカデミー賞では最優秀作品賞を映画監督が受け取ることが多いですが、アメリカのアカデミー賞では映画プロデューサーがオスカー像を受け取ります。

映画プロデューサーの仕事内容

  • 映画を製作するためには、多くの関係者と資金が必要になるため、日頃から人脈構築を心がけて活動します。
  • 企画会議などで、新しい映画の企画を検討し、企画コンセプトやプロット(あらすじ)を作成します。
  • 製作委員会を組織して、資金調達を行います。
  • 映画監督や脚本家など中心となるスタッフを選定し、製作スケジュールを立てます。
  • 出演者や制作スタッフを選び、制作を開始します。
  • 製作現場で危険がないか、コンプライアンス違反はないか、適宜チェックしマネジメントを行います。
  • 資金とスケジュールの管理を行います。
  • 劇場のブッキングを行います。
  • DVDやインターネット配信での2次利用など、著作権管理を行います。
  • 映画が完成したら、事前に策定しておいたプランに沿ってプロモーションンを開始します。
  • インタビュー取材の対応やネットでの情報発信を積極的に行い、興行収入を上げる活動を行います。
  • 劇場や配給会社、製作委員会のスポンサーなどと収益配分を行い、売上の回収を行います。

映画プロデューサーの業務スキル

  • 映画事業の企画・立案
  • プロジェクトマネジメント
  • プレゼンテーション
  • 宣伝・プロモーション
  • 予算管理
  • 著作権管理
  • 折衝力

映画プロデューサーの専門知識

  • 映画に関する幅広い知識
  • 撮影・編集の知識
  • 脚本や構成の知識
  • デジタル知識
  • コピーライティング
  • 事業企画
  • 予算・会計管理
  • マーケティング
  • プロモーション
  • 知的財産権

映画プロデューサーの実務能力

  • プレゼンテーション力
  • マーケティング力
  • リーダーシップ力
  • 業務管理能力
  • コミュニケーション力
  • 判断力
  • 傾聴力
  • 表現力
  • 審美眼
  • 交渉力

映画プロデューサーの基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

映画プロデューサーの働く場所

  • 映画配給会社
  • 映画制作会社
  • テレビ局
  • 個人事務所
  • 撮影現場
  • 撮影スタジオ

映画プロデューサーの作業方法とツール

  • デジタル製作ツール
  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • SNS
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 手帳やスケジュール管理ソフト

映画プロデューサーの活動内容

  • 企画立案
  • 営業・交渉
  • 契約
  • 資金調達・管理
  • スタッフ編成・管理
  • オーディション
  • キャスティング
  • 劇場ブッキング
  • スケジュール管理
  • 宣伝・プロモーション
  • 著作権管理
  • 資金回収

映画プロデューサーの人間性

  • 社交的で感性豊かな人
  • コミュニケーションが得意な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

映画プロデューサーの給与

初任給:22万円
平均年収:679万円

参考:
初任給:22.1万円(企業規模1,000人以上、20~24歳)
平均月給:40.34万円(企業規模1,000人以上、年齢計)
平均年収:679.19万円(賞与:110.51万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

Indeed からの求人
映画制作アシスタントプロデューサー

映画制作アシスタントプロデューサー Musicbank!合同会社 - 東京都 千代田区 神保町駅

進しております。 提携プロデューサー陣とともにライブイベン... を音楽を通じて提供していきます。 職種名 映画制作アシスタントプロデューサー 勤務地 東京都千代田区猿楽町1丁目3-6...

NEW! (実写映画・TVドラマ) アシスタントプロデューサー

株式会社デジタル・フロンティア - 東京都 渋谷区 渋谷駅

職種 【企画室】(実写映画・TVドラマ)アシスタントプロデューサー 仕事内容 実写映画・TVドラマの制作業務。プロデューサーの補佐... できる方。 ※意欲のあるプロデューサー志望の方、未経験者でも...

音楽プロデューサー

音楽プロデューサー Musicbank!合同会社 - 東京都 千代田区 神保町駅

ロダクションです。 最近は映画、ドラマの制作、アイドル運営... 喜び」を音楽を通じて提供していきます。 職種名 音楽プロデューサー 勤務地 東京都千代田区猿楽町1丁目3-5 伊東ビル...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収465万円

カメラマンとは、新聞社や出版社、広告代理店、WEBメディアなどから依頼を受けて、主に商業用の写真を撮る職業です。動画カメラマンと区別するために、”フォトグラファー”とも呼ばれます。

多くのカメラマンが自身の専門分野を持っており、新聞などに載る報道写真やポスターなどの広告用の写真、スポーツ選手の一瞬の動きを捉えるスポーツ写真、風景写真、動物写真など、さまざまな分野で活躍することができます。

なかには、戦場の様子を世界に伝えることを専門にしている戦場カメラマンなどもおり、優れた報道に贈られる米国のピューリッツァー賞を獲得している日本人戦場カメラマンもいます。

平均年収465万円

映画監督は、映画制作現場の責任者として、作品の質を管理し責任を負う職業です。テレビ業界ではディレクターと呼ばれます。

主に予算管理などを行うプロデューサーとともに、企画立案から関わったり、出演者や脚本家、カメラマンなどの技術スタッフを指揮して、作品制作の方向性を決めます。映画監督になるには、映像関係の専門学校や大学の映画学部を卒業し、映像制作会社で実務経験を積むのが一般的です。

監督の他にも、「助監督」「撮影監督」「美術監督」などのポストも存在します。さまざまな関係者が制作現場に出入りし、撮影期間も長期にわたるため、良い作品を作り上げられるかどうかは、監督の力量にかかっています。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収816万円

編集者は、本や雑誌を出版する際に、企画や構成、記事の編集など、出版物ができ上がるまでの過程すべてに携わる仕事です。

作家やライター、デザイナー、カメラマンなどと共に企画を検討し、企画実現に必要な体制の編成や、作成された原稿や制作物の品質の確認、修正依頼などの業務を行います。紙媒体の場合は、制作物を印刷所に納品し、印刷物に問題がないかチェックを行い、出版や掲載までの全ての工程を管理します。

最近ではWebメディアの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。

平均年収679万円

漫画家とは、アイデアをもとにストーリーやキャラクターを企画し、必要に応じて取材を行い、原稿に向かって漫画を描く職業です。

映像作品であれば、監督や脚本、カメラマン、美術、役者など、それぞれ別の人が担う役割を、漫画家はひとりで行わなければなりません。そのため、人一倍の体力と精神力が求められます。しかし、最近では原作と作画を分担して漫画を制作することもあります。ストーリーを考える人と漫画を描く人とが別にいて、作業を分担して漫画を完成させていくということです。このように、長時間労働のイメージが強い漫画家ですが、メインの作業を分担したり、手作業だった部分をデジタル機器で処理できるようになったりして、以前より格段に効率化できるようになりました。

漫画家になるには、出版社に漫画を持ち込んで雑誌に掲載してもらう方法や、出版社が企画する新人賞への応募、SNSやWEBサイトに漫画を掲載し、電子書籍として出版するなど、さまざまな方法があります。SNSでの作品紹介やファンとの交流イベントなどにより、個人でプロモーションを行う漫画家も増えてきています。

平均年収679万円

アニメーターは、アニメ制作の要である「作画」を担当する職業です。

テレビで放映されているアニメでは1秒間に約24枚の絵が使われています。アニメーターには、主要な絵(原画)を描く「原画マン」と、原画をもとに少しずつポーズを変えた絵を描き足し、動きを加える「動画マン」がいます。「原画マン」は脚本家が書いたシナリオや演出家が描いた絵コンテをもとに、カットのレイアウトを考えます。動きや背景などを描いたラフ原画を作成し、監督の修正指示に従い原画を仕上げていきます。「動画マン」は原画と原画の間に入れる動画を描き、自然なアニメーションになるよう調整を行います。

原画や動画は複数のアニメーターで手分けして描いており、個々の癖や力量により絵にばらつきが出るのを防ぐため、作画監督が全体の指揮や微調整を行っています。

平均年収423万円

グラフィックデザイナーとは、ポスターやチラシ、書籍、雑誌、商品パッケージ、看板など、平面的なもののデザインを行う職業です。広告宣伝や販売に関わり、ビジュアル効果を高めることで、”伝えたいこと”を表現するのが仕事です。

グラフィックデザイナーの仕事内容は、広告代理店や広告制作会社での宣伝物のデザインがメインとなります。コピーライターやカメラマン、イラストレーターなど、他のクリエイターとチームを組んで仕事をしていきます。

グラフィックデザイナーになるには資格は必要ありませんが、AdobeのPhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを使いこなせると有利になります。

平均年収559万円

サウンドクリエイターとは、ゲームやアニメ、映画などのBGMやエフェクトなど、サウンドを作る仕事です。

ディレクターの演出意図に沿い、テーマ曲やBGMだけでなく、ドアを開ける音やボタンを押す音など、細かな効果音も制作します。声優の声や演奏楽曲はスタジオでレコーディングします。BGMや効果音一つでゲームの印象が一変するため、現場と綿密な打ち合わせを行った上で、納得のいくサウンドを作り上げる必要があります。

有名作品ではサウンドトラックが販売される場合があり、作品が有名になることでサウンドクリエイターの人気に火がつくこともあります。