「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 -
平均年収 478 万円

WEBオペレーターとは、Webサイトの運用・管理を行う職業です。Webサイトを制作するエンジニアとは違い、完成したホームページを日々管理したり、更新したりする仕事です。

基本的なパソコンスキルが求められますが、プログラミングの知識がなくても就業できる場合が多くあります。しかし、画像が表示されなかったり、レイアウトが崩れていたりする場合に対応しなければいけないので、HTMLやCSSの基本的な知識は持っていた方が有利でしょう。

また、外部からの問い合わせ対応や、アクセスログの解析まで幅広い業務を担当する場合もあります。WEBオペレーターになるには、必ず必要な資格はありませんが、WordPressなどのCMSを使いこなすスキルやPhotoshop、Illustratorを使用した画像作成スキルがあると採用に有利になります。

WEBオペレーターの仕事内容

  • Webサイトの更新を行います
  • Webサイトに不具合が生じた場合に修正を行います
  • 外部からの問い合わせに対応します
  • Webサイトに必要な画像やバナーを作成します
  • アクセスログの解析を行います

WEBオペレーターの業務スキル

  • WordPressなどのCMSを使いこなすスキル
  • Photoshop、Illustratorを使用した画像作成スキル
  • ExcelやWordなどの基本的な操作スキル
  • Google AnalyticsやSearch Consoleを使ったアクセスログの解析スキル
  • チームで仕事を進めていくための高度なコミュニケーションスキル
  • 外部からの問い合わせに対応するための接客スキル

WEBオペレーターの専門知識

  • HTML・CSS
  • WordPressなどのCMS
  • Google Analytics
  • Search Console
  • Webデザイン
  • セキュリティ

WEBオペレーターの実務能力

  • 柔軟性
  • コミュニケーション力
  • 業務管理能力
  • 事務処理能力
  • きめ細やかさ

WEBオペレーターの基礎能力TOP3

  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力

WEBオペレーターの働く場所

  • WEBメディア運営企業
  • IT企業
  • 一般企業のIT部門

WEBオペレーターの作業方法とツール

  • パソコン
  • ビジネスチャットツール
  • メール
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • グラフィックソフト
  • コンテンツ管理システム(CMS)
  • アクセス解析、BIツール

WEBオペレーターの活動内容

  • Webサイトの更新
  • Webサイトの修正
  • 問い合わせ対応
  • 画像やバナーの作成
  • アクセスログの解析

WEBオペレーターの人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • コミュニケーションが得意な人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人

WEBオペレーターのキャリアステップ

  • WEBディレクター
  • WEBデザイナー

WEBオペレーターの給与

平均年収:478万円

参考:
平均:33.97万円(ワープロ・オペレーターの年収から推計)
平均年収:478.29万円

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

WEBオペレーターの推奨資格

  • ITパスポート
  • MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
CAREER INDEX からの求人
※ポテンシャル採用※Web制作の知見を活かしてマーケティング人材へキャリアアップしませんか?

株式会社 クリーク・アンド・リバー社 - 本社:港区新橋ほか(担当先常駐の可能性あり)

未経験からWebアナリストへのジャンプアップポジションです。Webディレクター、オペレーターなど、『クリエイティブ』の知見を活かし、マーケティング分野でご活躍頂ける方を募集します。デジタルマーケ...

Webオペレーター(HP担当)

新光機器 株式会社 - 愛知県名古屋市西区中小田井4丁目11番地受動喫煙対策あり(屋内禁煙)

・HPの作成、編集 ・カタログの製作、編集 ・商品撮影、取り込み、レイアウト編集 ・印刷手配 ・その他事務作業あり ※Mac、フォトショップ、イラストレーター使用 ※制服あり...

Webオペレーター

株式会社キーストーン - 東京都渋谷区道玄坂1丁目18-8 道玄坂プラザ仁科ビル403受動喫煙対策あり(屋内禁煙)

Webオペレーターは、Webデザイナー等とは異なり、 指示書やお客様の要望に基づいて、HTML/CSS/JavaS cript等のコーディング作業を行ってもらいます。 未経験の方も面接時に色々とお話を...

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収679万円

社内システム運用者は、社内インフラをの構築やシステムの運用と保守、社内ユーザー向けヘルプデスク業務などを行う職業です。社内SEと呼ばれることが一般的です。

社内のITインフラ環境全般について熟知し、システム障害発生時には素早く緊急対策を実施し、社内ユーザーのパソコントラブルなどを迅速に解決してくれる頼もしい存在です。社内のさまざまな問題に対処する必要があるので、マルチタスクなスキルが要求されます。

企業規模や業種によって、基幹システムやWebサーバ、ネットワークの運用保守がメインであったり、システム開発まで任されたり、社内システムの問い合わせ対応をしたりと、担当する業務内容は多岐にわたります。そのため、”社内のマルチプレーヤー”というイメージを持たれることがあります。

平均年収679万円

WEBディレクターは、WEBコンテンツの制作や運用現場における、クリエイターチームの総監督です。

WEBコンテンツの制作には、社内外のデザイナーやシスエムエンジニア、プログラマー、コーダー、ライターなど、複数人の専門クリエイターが関わります。WEBディレクターの仕事内容は、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、制作工程の進捗状況やコンテンツの品質を管理したりすることです。トラブルが起きた際には解決に向けてさまざまな調整を行い、プロジェクト進行管理の指揮をとるのも主な仕事です。

プロジェクト全体を統括するWEBプロデューサーや、依頼者との打ち合わせや企画提案を行うWEBプランナーと兼務することもあります。業界や企業、プロジェクト案件、職場環境によって、WEBディレクターに求められる役割は大きく異なります。そのため、全体を俯瞰できる視点やさまざまな専門分野を概括できる技術的な知識、ビジネス経験、高いコミュニケーション能力など、幅広いスキルが求められます。

平均年収679万円

Webデザイナーは、WebメディアやECサイト、アプリなどのページのデザインやコーディングを行う職業です。

ディレクターが作成したサイトマップやワイヤーフレームを確認しながら、依頼者のイメージや目的に合ったデザインを作成します。デザインだけでなく、実際にWebサイトを表示するためのコーディングも行います。さらに、システムエンジニアやプログラマーと協力しながらWebサイトやアプリを完成させます。

最近では、CMSやクラウドサービスなどによりWEBサイトの立ち上げが容易になっており、デザインセンスもさることながら、UI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)を考慮したユーザービリティの高いデザインが求められています。

平均年収679万円

システムエンジニアとは、依頼者と開発スタッフの間に立ち、両者のパイプ役としてシステム開発現場をマネジメントする職業です。通称SEと呼ばれます。

依頼者と打ち合わせを行い、どのようなシステムを求めているか把握し、要求分析や要件定義を行い提案書などを作成します。さらに、基本的なシステム構成を設計したり、プログラミングを行うための詳細設計を行なったりし、プログラマーに指示を出します。システムが完成したらテストを行い、不具合やミスがないことが確認できたら納品します。

企業やプロジェクトの規模により、上位職種であるプロジェクトリーダーの仕事(予算やメンバーの管理)やプログラミングを自ら行うこともあり、幅広い知識と経験に加え、コミュニケーション能力も身につきます。そのため、企業で経験を積んだ後、独立する人もいます。

平均年収543万円

WEBプロデューサーとは、Webビジネスにおける上流から下流工程までのフロー全体を把握し、責任者として統括を行う職業です。

WebメディアやECサイト、オンラインゲーム、スマートフォンアプリなどのWEBサービスやコンテンツの企画立案と戦略策定を行い、必要な体制を構築します。 製作過程においては品質管理やリスクマネジメントを行いながらサービスを公開し、公開後も成長に必要な施策を継続的に検討し実施を指揮します。

一見華やかに思われますが、プロジェクトメンバーや関係する企業などの調整業務が多く、ときには嫌われ役も担いながらプロジェクトの成功に向けてメンバーのモチベーションを上げ、パフォーマンスを引き出す指揮官としての役割を担います。

平均年収486万円

Webマーケターとは、オンラインでの集客やユーザーとのコミュニケーション施策を企画・運用する職業です。

企業のマーケティング部門や広告代理店、ネット通販会社などに勤務し、SEOやオンライン広告で集客をしたり、アクセス解析を行いWebサイトの改善を行ったりします。

とくに、Webから集客を行うことは、Webマーケターの重要な役割です。そのため、Web広告の運用やSEO、アクセス解析などのスキルが求められます。

平均年収679万円

WEBプログラマーとは、ショッピングサイトやSNSといったWebサービスやシステムの構築を行う職業です。

仕様書に沿って、JavaやPHP、Ruby、Pythonなどといった言語を用いてプログラミングを手がけます。WEBプログラマーになるには、大学や専門学校、民間のスクールなどでWeb開発の基礎知識を学び、システム開発会社を中心とするIT企業に就職するというルートが一般的です。

プログラミング環境やツールの敷居は年々低くなっていることもあり、他職種からプログラマーに転身して活躍する人も増えています。そのため、プログラマーとして活躍し続けるためには、常にあたらしい技術や知識を学び強みを磨くという姿勢が不可欠でしょう。