「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 27 万円
平均年収 638 万円

情報セキュリティ管理士とは、ネットワークを介したウィルス感染や個人情報の漏洩などを防ぐための、情報セキュリティマネジメントの専門家です。

IT技術者だけでなく、人事・総務・経理などの事務系や営業職、管理職の人が兼務することもあり、ネットワークやシステムの安全性をマネジメントするのが主な役目です。

情報セキュリティ管理士になるには、一般財団法人全日本情報学習振興協会が認定する「情報セキュリティ管理士認定試験」に合格することが必要です。

情報セキュリティ管理士の仕事内容

  • 業務システムの運用管理責任を担います
  • 実効性の高い情報セキュリティ対策を実施します
  • 情報システム基盤の品質管理やコスト管理を行います
  • 情報セキュリティの改善策を立案します
  • システムセキュリティの運用方法に関する中長期的な計画と戦略を立案します

情報セキュリティ管理士の業務スキル

  • 情報セキュリティマネジメント
  • リスクマネジメント
  • プロジェクトマネジメント
  • セキュリティ戦略立案
  • プレゼンテーション
  • システム運用管理
  • 各種システムサーバやミドルウェアの設定および運用管理

情報セキュリティ管理士の専門知識

  • 近年の情報セキュリティ事件・事故の例と企業責任
  • 情報セキュリティの目的
  • 情報セキュリティの3要素
  • 情報に関する企業と個人の権利を守るには
  • 情報の保護に関する法規制
  • その他の法規制
  • 各種規格と認証・評価制度
  • 情報セキュリティに関連する各種基準
  • 情報セキュリティマネジメント
  • 情報セキュリティ諸規定と組織
  • リスクマネジメント
  • プロジェクトマネジメント
  • ストラテジ
  • 紙媒体の利用に関する脅威
  • 紙媒体不正利用対策
  • 社員・社内にいる部外者・協力会社などによる脅威
  • 人的セキュリティ対策
  • 設備機器の管理
  • モバイル機器利用に関する脅威
  • モバイル機器の管理
  • SNSの利用に関する脅威
  • SNS利用の管理
  • 建物・部屋への侵入の脅威
  • 不特定者の侵入対策
  • 天災に関する脅威
  • 大規模障害に関する脅威
  • 天災と大規模障害対策
  • コンピュータ利用上の脅威
  • コンピュータ不正利用等の対策
  • インターネットの利用に関する脅威
  • インターネット不正利用対策
  • 電子媒体の利用に関する脅威
  • 電子媒体不正利用対策
  • 外部からの攻撃の脅威
  • ネットワーク攻撃対策
  • 不正プログラム
  • その他サイバー攻撃手法
  • 暗号化技術
  • 公開鍵基盤
  • 認証技術
  • 利用者認証
  • その他の技術的セキュリティ対策
  • OSに関する知識
  • アプリケーションに関する知識
  • ハードウェアに関する知識
  • スマートデバイスに関する知識
  • その他コンピュータに関する知識
  • 通信・ネットワークに関する知識
  • データベースに関する知識
  • ビッグデータに関する知識

情報セキュリティ管理士の実務能力

  • 情況把握力
  • 分析力
  • 業務管理能力
  • 課題発見力
  • ディレクション力

情報セキュリティ管理士の基礎能力TOP3

  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

情報セキュリティ管理士の働く場所

  • IT企業
  • 一般企業
  • 官公庁

情報セキュリティ管理士の作業方法とツール

  • パソコン
  • メール
  • スマートフォン
  • ビジネスチャットツール
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • プロジェクト管理ツール

情報セキュリティ管理士の活動内容

  • 情報セキュリティシステムの運用管理
  • 情報セキュリティ対策実施
  • 情報システム基盤の品質管理やコスト管理
  • 情報セキュリティの改善策を立案
  • システムセキュリティ運用の計画・戦略立案

情報セキュリティ管理士の人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 頭の回転が速く分析力のある人

情報セキュリティ管理士のキャリアステップ

  • セキュリティコンサルタント
  • ITサービスマネージャ

情報セキュリティ管理士の給与

初任給:27万円
平均年収:638万円

参考:
初任給:27.29万円(企業規模1,000人以上、20~24歳)
平均月給:41万円(システム・エンジニアの年収から推計)
平均年収:638.19万円

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

情報セキュリティ管理士の必須資格

  • 情報セキュリティ管理士

情報セキュリティ管理士の推奨資格

  • 情報セキュリティマネジメント
Indeed からの求人
2021 新卒採用 クレジット・信販 、 インターネット関連

ワイジェイカード株式会社 - 東京都

問い合わせ対応等 L セキュリティグループ:カードの不正の... ード関連業務に密接に関連する社外資格の「個人情報取扱主任者」「クレジット債権管理士」「貸金業務取扱主任者」の支援制度あり...

2021 新卒採用 公益・特殊・独立行政法人 、 農林・水産

国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林整備センター - 日本

検定、技術士・補、林業技士、森林情報士、狩猟免許(わな猟免許... 情報技術者、ITストラテジスト、ITパスポート、マイナンバー実務検定(1~3級)、個人情報保護士、情報セキュリティ管理士...

法務コンプライアンス担当 ※障がい者採用

株式会社電通テック - 東京都 千代田区 内幸町

談といった法務対応業務、情報セキュリティやエコ・SDGs等の... 尚可】ビジネス法務検定2級以上、知財管理技能士、個人情報管理士、または同等の資格 言語 【尚可】英文の読解力 学歴 不問

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収679万円

社内システム運用者は、社内インフラをの構築やシステムの運用と保守、社内ユーザー向けヘルプデスク業務などを行う職業です。社内SEと呼ばれることが一般的です。

社内のITインフラ環境全般について熟知し、システム障害発生時には素早く緊急対策を実施し、社内ユーザーのパソコントラブルなどを迅速に解決してくれる頼もしい存在です。社内のさまざまな問題に対処する必要があるので、マルチタスクなスキルが要求されます。

企業規模や業種によって、基幹システムやWebサーバ、ネットワークの運用保守がメインであったり、システム開発まで任されたり、社内システムの問い合わせ対応をしたりと、担当する業務内容は多岐にわたります。そのため、”社内のマルチプレーヤー”というイメージを持たれることがあります。

平均年収679万円

セキュリティコンサルタントは、情報セキュリティのスペシャリストとして、依頼者の情報資産を守るため、各組織のIT環境に基づいたセキュリティレベルの維持・向上を行うための助言や指導を行う職業です。

近年インターネットの急速な発展とともに、情報漏洩などのITリスクが益々高まっています。しかし、システム担当者レベルでは組織内の合意形成に時間がかかり、セキュリティ対策が後回しになることがあります。そのような時に、上層部に対して情報セキュリティ対策が経営課題の一つであることを助言し、組織的な意識改革を促します。

セキュリティコンサルタントの最新の知見を求める企業は数多く、今後も需要が高まることが予想されます。仕事内容は幅広く、専門知識が求められるため、情報セキュリティ関連の資格を取得していることが一般的です。

平均年収679万円

システム監査技術者は、監査対象の組織から独立した立場で、情報システムや組込みシステムのコントロール、ITリスクを統合的に点検・分析・評価し、監査結果を改善点とともに報告する職業です。

国家資格であるシステム監査技術者試験に合格することは必須ではありませんが、システム監査の実務能力が証明されている資格取得者が業務を行うことが一般的です。情報処理技術系の中でも難易度と知名度が高いため、エンジニアやITコンサルタントなどがキャリアアップを目指して取得することが多い資格です。

システム開発経験を活かして、システムの信頼性や安全性、効率性、機密性、保全性から多角的に評価し、監査報告を通じて経営層に内部統制評価について解説したり、トラブル防止策や改善点を担当者にアドバイスしたりします。そのため、コンピュータのソフト面、ハード面の構造や理論について熟知しているスペシャリストであるといえます。

平均年収679万円

ITサービスマネージャは、情報処理推進機構(IPA)によって実施される、高度情報処理技術者試験に合格した者に与えられる国家資格に基づく職業です。

主に情報システム全体を安定的に稼働させられるスキルや知識があることを証明する資格です。資格取得の難易度は高めですが、試験に合格すれば、システム開発会社や企業のシステム管理・運用部門で、全体を統括するリーダー職として高度なITスキルを発揮することができます。

依頼者のニーズを的確に把握し、高品質なITサービスを最適なコストで安定的に提供し、障害発生時においても損害を最小限に取り抑え、スピーディーな対策を図ることが求められるシステム運用系の中でも最上位のポストです。

平均年収679万円

ネットワークエンジニアとは、インターネットやLANなどのネットワークに関する「要件定義」「設計」「構築」「運用・保守」を行う職業です。

依頼者の要求やネットワークを使用するシステムの要件により、最適なシステムの開発・増強の計画を作成する”キャパシティプランニング”を行い、使用するサービスの選定やネットワークの構成を決定します。導入後の運用フェーズにおいても機器の構成や設定の変更、障害対応などの運用・保守を行います。年々ネットワークトラフィックは増加の一途をたどっているため、パーフォーマンスの改善や運用の効率化を継続的に実施する必要があります。

任されるのはインターネットに接続されるWEBサービスやオフィス内LANなどから、銀行ネットワークや通信会社の基幹となるバックボーンといった大規模なものまで幅広くあります。近年ではクラウドサービスを多用する企業が増えていることで、業務範囲も拡大し、開発領域まで行うネットワークエンジニアも増えています。

平均年収679万円

SESエンジニアは、システム・エンジニアリング・サービス・エンジニアの略称で所属する事業者が業務委託契約によりクライアントから委託されたシステム開発業務を行うためにオフィスに常駐し、システムの開発・運用・保守を行う仕事です。

クライアントの要求により作成された業務委託契約書の内容に基づき、システムに必要な設計や開発、構築、運用などの業務を一定期間行います。成果物に対する責任はなく、クライアントが保持するシステムに必要とされる技術力と労働時間を提供する業務となります。

経験の浅いエンジニアでもあっても採用されやすく、エンジニアの登竜門として挑戦できる職業でもあります。

平均年収679万円

セキュリティエンジニアとは、情報セキュリティのプロフェッショナルとして「設計」「開発」「テスト」「運用・保守」を行う職業です。悪意を持ったサイバー攻撃からコンピュータやネットワークを守ることから、”ホワイトハッカー”と呼ばれることもあります。

システム上の安全面だけでなく、システムを使用する人の動きや流れも含めて安全性を検証します。依頼者と入念に打ち合わせを行い、どのようなシステムを求めているのか把握し、要件の分析や定義、システム構成を設計します。設計書にもとづきプログラミングを行い、システム完成後テストや対策を行うことで、不具合やミスがないことを確認します。

インターネットの急速な普及と発展とともに情報セキュリティは益々重要になってきており、セキュリティエンジニアを求める企業は多く、今後も需要が高まることが予想されます。非常に高度なエンジニアスキルと最新のセキュリティ知識を求められる領域であるため、人材の数も少なく、重宝される職種でもあります。

平均年収679万円

システムエンジニアとは、依頼者と開発スタッフの間に立ち、両者のパイプ役としてシステム開発現場をマネジメントする職業です。通称SEと呼ばれます。

依頼者と打ち合わせを行い、どのようなシステムを求めているか把握し、要求分析や要件定義を行い提案書などを作成します。さらに、基本的なシステム構成を設計したり、プログラミングを行うための詳細設計を行なったりし、プログラマーに指示を出します。システムが完成したらテストを行い、不具合やミスがないことが確認できたら納品します。

企業やプロジェクトの規模により、上位職種であるプロジェクトリーダーの仕事(予算やメンバーの管理)やプログラミングを自ら行うこともあり、幅広い知識と経験に加え、コミュニケーション能力も身につきます。そのため、企業で経験を積んだ後、独立する人もいます。