「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

スポーツ指導者(監督・コーチ)

初任給 30 万円
平均年収 410 万円

スポーツ指導者(監督・コーチ)は、スポーツ選手やチームが良い成績を残すために指導する職業です。ひとりひとりの個性や特徴、伸ばすべきポイントを把握し、練習メニューを考えます。選手との信頼関係を構築しモチベーションを維持するための、コミュニケーションや精神的サポートも重要です。

担当するスポーツに関する深い知見が必須です。競技選手として実績を残した後に、キャリアパスとして就業する場合があります。大学などで、スポーツ理論、運動理論、戦略論、スポーツ医学、心理学、体育学などの関連する学問を学ぶと有利です。また、各種競技ごとに指導をするための認定資格が存在することがあり、その場合は取得しておくとよいでしょう。

良い成績を残すために必要なことは、チームや選手ひとりひとり違います。なにを行うべきなのか課題を発見する力や、それを計画的かつ確実に改善させるプログラムを考案する計画力が必要です。また、選手のモチベーションが下がっているときや上がりすぎてしまったときなど、ある程度コントロールできる働きかけ力も重要でしょう。

スポーツ指導者(監督・コーチ)の仕事内容

  • 選手との交流を通じて、個性や伸ばすべきポイントを把握します
  • 選手に合わせた練習メニューを作成します
  • 関係者とのミーティングを重ね、試合に勝てる作戦を考案します
  • 他チームなどに所属する選手の情報収集や分析をし、場合によってオファーします
  • 試合内容を分析し、選手やチームを勝利に導く采配を行います
  • 取材対応を行います

スポーツ指導者(監督・コーチ)の業務スキル

  • 選手ひとりひとりの特徴を正確に把握し、最適な指導を行う指導力
  • さまざまな職種の関係者と協力してチームや選手を勝利に導くチームワーク力
  • 選手や過去の試合を分析し、今後の試合で勝利するために必要な情報を得るための情況把握力や分析力
  • 選手ひとりひとりの成績を伸ばすため、またチームの成長のために短期的で分かりやすい目標を設定する力
  • 選手やチームの成績が思うように振るわないときも簡単に諦めずに粘り強く指導を行ったり、ときに大きく方向性を変更する判断力

スポーツ指導者(監督・コーチ)の専門知識

  • スポーツ指導に関する知識
  • 各種競技に関する知識
  • スポーツ理論
  • 運動理論
  • 戦略論
  • スポーツ医学
  • 心理学
  • 体育学

スポーツ指導者(監督・コーチ)の実務能力

  • チームワーク力
  • 指導力
  • 分析力
  • 判断力
  • 粘り強さ

スポーツ指導者(監督・コーチ)の基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力

スポーツ指導者(監督・コーチ)の働く場所

  • 競技協会
  • 競技連盟
  • 実業団を保有する企業
  • 教育機関

スポーツ指導者(監督・コーチ)の作業方法とツール

  • ストップウォッチ
  • 腕時計
  • 作戦ボード
  • ノート
  • ペン
  • PC
  • ヘッドセット
  • サングラス
  • トレーニングウェア
  • 防寒具
  • 手袋

スポーツ指導者(監督・コーチ)の活動内容

  • 選手との交流
  • 練習メニューの作成
  • 関係者とのミーティング
  • 他チームなどに所属する選手の情報収集や分析、オファー
  • 試合内容の分析と采配
  • 試合戦略を立てる
  • 取材対応

スポーツ指導者(監督・コーチ)の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 頭の回転が速く分析力のある人

スポーツ指導者(監督・コーチ)のキャリアステップ

  • 実業家

スポーツ指導者(監督・コーチ)の給与

初任給:30万円
平均年収:410万円

参考:
平均:30.09万円(10人以上、年齢計)
平均年収:410.69万円(賞与:49.61万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

スポーツ指導者(監督・コーチ)の推奨資格

  • 公認スポーツ指導者資格

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収1,220万円

スポーツドクターとは、スポーツ医科学の知識と診療技術で、スポーツをする人の健康管理や競技力向上を援助する職業です。選手の健康管理や外傷の治療のみでなく、競技会における医事運営、チームドクターとしてのサポートのほか、一般のスポーツ愛好家への診察・治療を行います。

スポーツドクターになるには国家資格である医師免許を取得しなくてはなりません。その後、日本に3つあるスポーツドクターの資格認定試験を受けることとなります。たとえば、「日本スポーツ協会公認スポーツドクター」は、5年以上の経験を持つ医師に対し、協会が講習と審査を行いスポーツドクターに認定します。他にも、整形外科医がスポーツ医学に関する講習を受けて資格を得る「日本整形外科学会認定スポーツ医」、一般人の健康維持・増進をはかるために講習を受けて認定される「日本医師会認定健康スポーツ医」があります。

スポーツドクターとしての実績が認められれば、プロスポーツの帯同ドクターとして、日本代表戦で選手のサポートを行うなど、国際的に活躍することができます。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収373万円

スポーツインストラクターとは、スポーツジムやフィットネスクラブ、競技団体などで、利用者に対しスポーツやエクササイズの指導を行う職業です。

身体のスタイルを美しく保ちたい、健康増進、ストレス解消したいといったさまざまな目的でトレーニングをする人に対して、水泳・ヨガ・ダンスなどの指導やトレーニングプログラムの企画・構成、ケガなどが起きないよう安全面での指導、施設運営にかかわる事務仕事などを行います。

スポーツインストラクターになるには、とくに必須の資格はなく、スポーツジムやフィットネスクラブに就職することでスポーツインストラクターとして働くことができます。人気のあるスポーツインストラクターは、パーソナルトレーナーとして独立したり、スポーツチームの専属インストラクターになるという道もあります。