「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 23 万円
平均年収 575 万円

運用管制官(宇宙センター)は、地球上の宇宙センターにて、宇宙ロケットや宇宙ステーションでの活動を補佐する仕事です。宇宙飛行士の活動や、宇宙で行われる実験など、宇宙に関連する計画の立案、管理、運用、調整などを行います。計画は、緻密に組み上げられたスケジュールのもと運用されます。宇宙飛行士との通信や健康管理をはじめ、宇宙環境で生命を維持するための機器の管理なども行うため、24時間365日の可動が必要です。トラブル発生時には、計画の変更や調整も行います。

各国の宇宙センターとコミュニケーションを取ることが多く、専門用語を含む英語での会話能力が必須です。また、日々進化の進む宇宙開発に関連する知識を得続けようとする探究心も重要でしょう。

小さなミスが重大なトラブルに繋がりかねない状況で、的確に問題点を発見し解決に導く課題発見力や、状況把握力が必要です。大規模な宇宙開発ミッションを世界中のたくさんの人々を協力して運用する規律性と、責任感を持ち業務に臨む主体性も大切です。

運用管制官(宇宙センター)の仕事内容

  • 宇宙センターにて機器や実験装置の状態を監視し、制御します
  • 運用計画の立案をし、実行、管理します
  • 運用計画実行中にトラブルが発生した場合、計画の変更や調整を行います
  • 運用ネットワークシステムの管理を行います
  • 各国管制センターとの連絡、協同作業を行います

運用管制官(宇宙センター)の業務スキル

  • 日本のみならず全世界と連携をとり業務を行うための英語をはじめとした言語力やコミュニケーション力
  • 一年中休みなく業務を行うためにチームで連携するチームワーク力
  • トラブルの発生前にミスを発見し、解決するための情況把握力や課題発見力
  • トラブルが発生したときも落ち着いて行動をし、関係各所と協力しながら柔軟に解決に向かい尽力する力
  • 宇宙に関する計画の立案、管理、運用、調整などを行う力

運用管制官(宇宙センター)の専門知識

  • 宇宙開発に関する知識
  • 英語をはじめとする語学知識
  • 宇宙工学

運用管制官(宇宙センター)の実務能力

  • 表現力
  • コミュニケーション力
  • 課題発見力
  • 計画力
  • 柔軟性

運用管制官(宇宙センター)の基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力

運用管制官(宇宙センター)の働く場所

  • 宇宙センター

運用管制官(宇宙センター)の作業方法とツール

  • フライトルール
  • 手順書
  • 時間割
  • パソコン
  • ヘッドセット
  • 報告連絡書

運用管制官(宇宙センター)の活動内容

  • 機器や実験装置の状態を監視・制御
  • 運用計画の管理
  • 運用計画の立案
  • 運用ネットワークシステムの管理
  • 各国管制センターとの連絡
  • 運用計画の変更、調整

運用管制官(宇宙センター)の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 社交的で感性豊かな人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人

運用管制官(宇宙センター)の必要とされる教育レベル

  • 学士

運用管制官(宇宙センター)のキャリアステップ

  • フライトディレクター

運用管制官(宇宙センター)の給与

初任給:23万円
平均年収:575万円

参考:
初任給:23.1万円(大卒程度)
平均月給:44.57万円
平均年収:575.7万円

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する