「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

鉄道運転計画・運行管理員

初任給 24 万円
平均年収 621 万円

鉄道運行計画・運行管理員は、列車が運行するスケジュールである「ダイヤ」を作成し運行状況を管理する仕事です。ダイヤを作成する運行計画と実際にダイヤ通りに列車を動かしたときに運行状況を管理する運行管理に分かれています。どちらも列車運行に関する深い知識と経験が必要なため、駅員、車掌、運転士の経験を積んだのちに就業することが一般的です。

ダイヤは、路線や列車、駅間の距離やニーズの高い時間帯、追い抜きや接続など、複数の要素を用いて複雑に組み立てられています。そんなダイヤをつくるためには、関連の情報に熟知し高い調査能力や分析力といったスキルが必要です。運行管理の仕事は、列車の制御室にて遠隔で信号などの操作を行い列車の運行状況を管理します。列車の遅延時は、トラブルの原因把握から復旧見込み時間の予測まで幅広い視野で運行計画を修正します。

列車は、さまざまなトラブルにより遅延や運休が発生します。どんなに緻密に運行計画を立てても、利用者が人間である限りそれはなくならないでしょう。しかし鉄道運行計画・運行管理員は、より利便性の高いダイヤを日々つくり、遅れが発生した場合の対処を行い、その影響を最小限にとどめるのです。

鉄道運転計画・運行管理員の仕事内容

  • 列車が計画どおり運行しているかを専用システムで把握し管理します
  • 事故などのトラブルの発生時に情報を集め復旧見込みを立て運転計画を修正し関係各所に連絡をします
  • 保守作業の進捗把握を行います
  • 必要に応じて調査を行いダイヤの作成と修正を行います
  • 列車集中制御装置センターにて信号表示などの遠隔操作業務を行います

鉄道運転計画・運行管理員の業務スキル

  • 複雑な路線図を把握して最適なダイヤをつくる調査能力をはじめとした情況把握力
  • 事実に基づいてダイヤを作成したり適切な修正をくわえる論理的思考力
  • 列車運行時に突然起こるトラブルを的確に処理する判断力
  • さまざまな原因により発生するトラブルに柔軟に対応するための柔軟性
  • 数多くの路線や列車を正確に記憶する記憶力

鉄道運転計画・運行管理員の専門知識

  • 列車走行に関わる全般的知識

鉄道運転計画・運行管理員の実務能力

  • 情況把握力
  • 論理的思考力
  • 判断力
  • 柔軟性
  • 記憶力

鉄道運転計画・運行管理員の基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力

鉄道運転計画・運行管理員の働く場所

  • 運転指令所
  • 列車制御所
  • 鉄道会社

鉄道運転計画・運行管理員の作業方法とツール

  • 列車集中制御装置
  • PC
  • 無線
  • 電話
  • 列車運行表
  • 筆記用具

鉄道運転計画・運行管理員の活動内容

  • 列車が計画どおり運行しているかの把握と管理
  • トラブル発生時の復旧見込みの把握と伝達
  • 保守作業の進捗把握
  • ダイヤの作成
  • 列車集中制御装置センターの遠隔操作業務

鉄道運転計画・運行管理員の人間性

  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

鉄道運転計画・運行管理員のキャリアステップ

  • 駅長

鉄道運転計画・運行管理員の給与

初任給:24万円
平均年収:621万円

参考:
初任給:24.71万円(企業規模10人以上、20~24歳)
平均:39.17万円(電車運転士の年収から推計)
平均年収:621.19万円
※2019年参照

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

鉄道運転計画・運行管理員の推奨資格

  • 動力車操縦者免許
  • 普通自動車免許
  • 電気工事士
  • 電気主任技術者
  • 危険物取扱者免許

鉄道運転計画・運行管理員の付帯条件・制限

駅員、車掌、運転士の経験を積んだのちに就業することが一般的

鉄道運転計画・運行管理員の就業者数推定

206,550人(出典:平成27年国勢調査)

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収418万円

時刻表編集・校正スタッフは、鉄道会社が制作した「ダイヤ」を時刻表にする仕事です。鉄道会社から集められた資料を分析し、専用システムに入力することで分かりやすい時刻として表にまとめます。

たくさんの数字の中にミス入力がないか複数人で何度も校正をします。不自然だと思う情報があったら鉄道会社の担当者に確認をとることもあります。作成した時刻表は、駅に設置されているデジタルディスプレイやアプリ、雑誌などに掲載されます。時刻表をメインとした雑誌の編集を担当する場合もあり、読者の興味を引く構成を考えたり編集作業を行います。時刻表アプリの運用に携わることもあります。

秒単位で作成されているダイヤですが、時刻表は1分単位の表記です。間違いがあると誤った発着時間を利用者に伝えてしまうこととなるためミスは禁物です。注意深く対応するための集中力や徹底したチェック体制のなかでまわりと協力しながら進める必要があります。加えて、きめ細やかさや主体性、粘り強さも重要です。

平均年収385万円

鉄道保線員は、列車が安全に運行するために線路を保守・点検する職業です。電車は、線路がなければ走りません。そんな重要な線路の状態を管理し一定の整備状態を保持させるのです。

線路の状態は使用することで劣化したり、災害や気象現象などさまざまな要因により悪化するため定期的な線路の巡回点検によりゆがみやたわみなどの補修箇所をみつけて修繕します。具体的な作業としては、枕木や道床砕石(バラスト)の整備、締結装置の交換、分岐器(ポイント)の組み立てや補修、交換などを行います。専用機械を用いての材料運搬や保線用機械の操作、災害時の緊急対応をする場合もあります。また、夜間作業もあるため昼夜不規則な勤務になることが予測されます。

重い機材を運ぶための体力や筋力、複数人で協力して業務を行うためのチームワーク力や規律性も必要です。線路は基本的に列車の走る危険な場所です。列車のいない限られた時間の中で安全に作業を完了させるための計画力、危険を察知する能力も大切でしょう。

平均年収537万円

駅員は、駅構内で発生するあらゆる業務を行う職業です。運行状況や乗り換え案内、忘れ物などの乗客対応が中心で、そこにはお身体の不自由な方やお手伝いが必要な方のサポートも含まれます。また、駅舎や駅構内の管理、掲示物や案内板の作成・設置、ほかにも事故などの緊急時対応やホームにて列車の出発合図出しやアナウンスを行います。

担当駅構内や周辺の地理、駅名や路線などの鉄道や接客に関する幅広い知識が必要で、英語や中国語などの外国語を話せると対応の幅が広がります。たくさんの利用客とスムーズにコミュニケーションをとる能力、トラブル対応のための判断力や柔軟性も大切です。

鉄道に関わるたくさんの職業の中でも、お客様と直接関わることが多い駅員の仕事。日常生活の中でも、その仕事を目にする機会も多いです。私たちの身近で「鉄道」を支える駅員の仕事は、これからも長く必要とされていくでしょう。

平均年収680万円

電車運転士とは、電車を時刻表通りに運転し、多くの乗客を安全に目的地まで連れて行く職業です。多くの乗客を乗せて運行するので、なによりも安全性と正確性が問われます。

電車運転士になるには、まず鉄道会社に入社し、駅員や車掌の業務を数年間経験します。その後、学科講習を受講し試験に合格すると、先輩運転士と一緒に乗務して技能・技術を習得します。最後に国家資格である動力車操縦者免許に合格すると、はれて電車運転士となります。

学歴を問われない職業であるため、高校卒業後に鉄道会社に入社し、電車運転士を目指すケースが多くなります。また、就職実績のある高校に鉄道会社からの求人が集まりやすいという特長もあります。

平均年収666万円

新幹線運転士とは、新幹線を時刻表通りに運転し多くの乗客を安全に目的地まで連れて行く職業です。

安全性がとくに重視される新幹線は、コンピューターによる自動運転機能も併用しながら運行されていますが、最終的には運転士の高い技術や判断力が求められます。電車運転士のなかでも“花形”といわれるだけあって、この職業に就くには向上心と努力が必要です。

まず鉄道会社に入社し、国家資格である動力車操縦者免許を取得し在来線の電車運転士として経験を積みます。その後、新幹線運転士の選抜試験に合格した人だけが研修に臨み、国家資格の甲種新幹線電気車免許を取得することで、はれて新幹線運転士になることができます。

勤務は変則的で、乗務する列車や出勤・退社の時間は日々変わり、1回の勤務は2日で1セット、泊まりでの勤務が基本となります。近年は女性の新幹線運転士も増えています。

平均年収680万円

車掌とは、電車運転士と協力して乗客を目的地まで安全に送り届ける職業です。

主に駅のホーム上で、電車出発・到着時の確認や車内放送、電車のドアの開閉や乗客対応などを行い、電車運転士をサポートします。急病人が出た場合や、災害・事故が起こった場合の対応も重要な仕事です。

車掌になるには、鉄道会社に入社し、駅員からキャリアを開始します。訓練を受け、社内試験に合格すると車掌として働くことができるようになります。さらに、車掌として2年ほど勤務すると、電車運転士を目指すこともできます。ちなみにバスの乗務員も車掌と呼ばれます。