「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 22 万円
平均年収 286 万円

山小屋スタッフとは、登山客に対して食事や宿泊、物品販売などのサービスを提供する職業です。

山小屋に住み込みで働き、食事の準備や部屋の清掃などの宿泊業のほか、設備の修繕や登山道整備、荷物の運搬、遭難救助対応など、山で生活する上で必要なことすべてが仕事となります。

長期スタッフとして通年で働く人もいますが、春から夏にかけてのグリーンシーズンに短期スタッフとして働くことも可能です。山の暮らしなので不便はありますが、都会の喧噪から離れた大自然の中で生活できるという魅力があります。

山小屋スタッフの仕事内容

  • シーズンになったら小屋開け作業をします
  • 登山客に提供する食事を調理します
  • 食事を盛り付けて配膳します
  • 食事の後片付けをします
  • スタッフ用のまかないを準備します
  • 布団を干したり、客室や食堂など山小屋全体の清掃をします
  • 屋根や家具、発電機などが故障した場合は修繕をします
  • 山小屋生活に必要な食料や物品を山小屋まで人力で運びます
  • 荷物をヘリコプターで運ぶ場合は、空輸の手続きを行います
  • 薪割りをします
  • フロントで登山客の受付をします
  • 売店で物品を販売します
  • 布団を干します
  • 屋根や家具、発電機などが故障した場合は修繕をします
  • 草刈りや倒木処理、土止め、梯子作りなど登山道整備をします
  • 遭難者が出た場合は現場へ急行して応急処置や搬送など遭難救助対応をします
  • 登山客やスタッフに怪我人や病人が出た場合は担いで下山します
  • ホームページやブログを更新します
  • 冬場は除雪作業をします
  • シーズンオフになったら小屋閉め作業をします

山小屋スタッフの業務スキル

  • 登山客に快適に過ごしてもらうためのコミュニケーション能力
  • 長期間の集団生活を円滑に行うための協調性
  • 人が生きていく上で必要な家事能力(掃除・洗濯・調理・整理整頓など)
  • 山小屋に必要な仕事をすべてこなせる柔軟性
  • 不測の事態にも落ち着いて対応できる冷静さ
  • 重い荷物を担いで登山したり登山道整備を行える体力
  • 応急処置のスキル

山小屋スタッフの専門知識

  • 登山に関する基本的な知識
  • 遭難救助対応
  • 応急処置
  • 登山道整備
  • 空輸手続き

山小屋スタッフの実務能力

  • 接客力
  • 柔軟性
  • 体力
  • チームワーク力
  • コミュニケーション力

山小屋スタッフの基礎能力TOP3

  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

山小屋スタッフの働く場所

  • 山小屋
  • ロッジ

山小屋スタッフの作業方法とツール

  • 登山靴
  • 雨具
  • 工具
  • リュックサック
  • デジタルカメラ
  • ヘッドライト
  • 充電器
  • エプロン
  • 頭巾
  • 雑巾
  • ほうき
  • サンダル
  • 防寒具
  • タオル、ハンカチ
  • コンパス
  • 筆記用具
  • スマートフォン
  • パソコン
  • メール
  • ヘルメット
  • サングラス
  • 帽子

山小屋スタッフの活動内容

  • 小屋開け
  • 小屋閉め
  • 調理
  • 配膳
  • 後片付け
  • まかない準備
  • 清掃
  • 歩荷
  • 空輸手続き
  • 薪割り
  • フロント受付
  • 物品販売
  • 布団を干す
  • 設備の修繕
  • 登山道整備
  • 遭難救助対応
  • 怪我人・病人の搬送
  • ホームページ・ブログ更新
  • 除雪作業

山小屋スタッフの人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 社交的で感性豊かな人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人

山小屋スタッフのキャリアステップ

  • 登山ガイド
  • インタープリター
  • 環境活動家

山小屋スタッフの給与

初任給:22万円
平均年収:286万円

参考:
初任給:21.53万円(企業規模10人以上、20~24歳)
平均:22.24万円(娯楽接客員の年収から推計)
平均年収:286.13万円
※2019年度参照

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

山小屋スタッフの推奨資格

  • 登山ガイド
  • 自然ガイド

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収388万円

旅行代理店とは、窓口スタッフ・営業担当として、個人や企業、学校などのお客様に対し、旅行業者が企画したパッケージツアーなどを代理で提案・販売する仕事です。

顧客の目的や要望、嗜好、予算などをしっかりと把握したうえで、旅行業に関する幅広い知識を活かし、ニーズに合ったプランを提案します。

「安全で楽しい旅行」を販売するため、店舗運営や接客も含め、明るく誠実な仕事ぶりが求められます。

平均年収286万円

リバーガイドとは、ラフティングやキャニオニング、SUPなど、川で行うアクティビティのガイドをする職業です。

とくにラフティングという6~8人乗りのゴムボートで川を下っていくスポーツをメインとするリバーガイドが多く、ツアー客を乗せたボートを安全に操作しながら、ユーモアのあるコミュニケーションでゲストを楽しませます。

リバーガイドになるには、RAJ(社団法人ラフティング協会)リバーガイド認定試験の合格を目指すことが一般的です。主に春と夏がメインのシーズンなので、冬場はスキーやスノーボードのインストラクターとして働くリバーガイドもいます。

平均年収330万円

キャンプコーディネーターとは、自らキャンプを実践しキャンプの魅力を伝え、依頼者のキャンプをコーディネートする職業です。

近年人気が高まっているキャンプですが、その人気に一役買っているのがキャンプコーディネーター。日常的にキャンプ場に足を運び、自らのキャンプの様子を写真や動画に記録します。撮影した写真や動画を活用して、YouTubeやInstagram、ブログなどで、キャンプの魅力を発信するのです。

キャンプコーディネーターの中には、企業から依頼を受けてテントサイト(テントを貼るエリア)のコーディネートを行ったり、キャンプ用品のプロデュースを行ったりする人もいます。

平均年収372万円

バーベキューインストラクターとは、バーベキューに関する正しい知識と技術を用いて、多くの人にバーベキューの魅力を伝える職業です。「バーベキューインストラクター」は、日本バーベキュー協会の発行する民間資格で、初級・中級・上級があります。

バーベキューを安心安全に、そして参加する人々の良いコミュニケーションの場として成立させるために尽力します。また、誰よりも自分が率先してバーベキューを楽しむことが、人にその魅力を伝えるために必要なことなのです。

バーベキューインストラクターはフリーランスとして働いたり、アウトドア企業や食品企業に所属し、バーベキューに関連する仕事をしたりします。また副業や兼業、仕事としてではなく趣味やボランティアとして活動することもあります。

平均年収816万円

環境活動家とは、地球温暖化や公害問題、動物保護問題など、あらゆる環境問題の解決のために環境保全活動を行う職業です。

環境保全のための講演活動から研究活動、植林などの実地活動まで幅広い仕事があります。NGO団体や公益財団法人などで働くことが多いですが、個人で活動する人もいます。

近年では、地球温暖化防止を訴えて学校ストライキを行った、スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさんが有名になり、環境活動家への注目が集まっています。

平均年収330万円

インタープリターとは、自然観察ツアーや自然学校など自然に関するイベントにおいて、解説を行う職業です。通常は「通訳者」「解説者」と和訳されますが、職業としては自然解説を行う仕事を指すことが一般的です。

自然解説の他にも自然体験プログラムの企画や、展示会や資料、ガイドブックの作成などを行い、自然と人々との交流をコーディネートします。ただ自然の動植物に関する知識を教えるだけでなく、その背景にある歴史やストーリーを語るのもインタープリターの大事な仕事です。

インタープリターになるには資格は必要ありませんが、地域の自然環境に関する専門知識が必要になります。そのため、自治体や専門学校、各種団体などが開催しているセミナーやワークショップなどに参加して、知識とスキルを身につけるのが一般的です。

平均年収372万円

登山ガイドとは、登山に関する豊富な知識と経験を活かし、登山者をガイドする職業です。険しい山になればなるほど、登山者にとっては安全に登山をするためのサポートとして、なくてはならない職業です。

登山ガイドになるために必ず必要な資格はありませんが、取得しておいた方が良い資格は複数あり、その資格がないと恒常的に仕事を得ることはできません。利用者にとって登山ガイドが持つ資格は、登山に関する深く広い知識を証明するものです。命の危険が伴う登山において、登山ガイドの知識と経験は、その量と質がそのまま信頼になります。

フリーランスの登山ガイドとして、1,000万円を超える高収入を得る方もいます。登山が好きな人にとって、登山ガイドは豊富な登山経験と知識を生かせる職業です。

平均年収350万円

アウトドアインストラクターとは、アウトドアのレジャーやスポーツの専門知識を活かして、安全に配慮しながらアウトドア体験の楽しみ方を指導する職業です。

スキーやラフティング、スキューバダイビング、パラグライダーなど、「山・川・海・空」といった大自然の中で行われるアクティビティの魅力と、自然との関わり方を利用者に伝えます。また、講習会を開いたり、ガイドを務めたりするのも大事な仕事です。

「アウトドア」とは自然の中で行われるスポーツやレジャーの総称なので、アウトドアインストラクターになるには、各分野の団体や協会で実施している認定ライセンスを取得するのが一般的です。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収370万円

ツアーコンダクターとは、通称「ツアコン」と呼ばれ、パッケージツアーや修学旅行、社員旅行などの企画旅行に同行し、参加者が安心して旅行できるよう行程を管理する職業です。

チケットの準備やレストランの予約、観光スポットの案内、トラブル時の対応など、ツアー旅行中の旅行客を総合的にサポートする仕事です。ツアーコンダクターになるには、「国内旅程管理主任者」か「総合旅程管理主任者」のどちらかの資格を取得する必要があります。ツアーコンダクターとして働くには、現在は専門の派遣会社に勤めることが多くなっています。

団体でのツアー旅行を安全に計画通りに進めるために重要な役割を担っており、参加者の思い出に残る旅行となるかどうかはツアーコンダクターの腕にかかっています。