「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 21 万円
平均年収 268 万円

民泊運営スタッフは、民泊施設の運営において発生する業務を、民泊ホストに代わり行う職業です。フロント業務や施設清掃業務、民泊を利用したい人に民泊施設を紹介するサービスの運用など、幅広い業務があり、それに関わる企業も数多くあります。

求められるスキルや雇用形態もさまざまですから、民泊運営に興味があれば自らのスキルや状況によってあらゆる職業を選べるともいえます。アルバイトの清掃業務は、スキルや経験を問われないことが多いですが、体力やストレス耐性が必要です。正社員や業務委託としての民泊施設紹介サイトの運用・管理業務は、クライアントとの交渉能力やチームディレクション能力が求められることもあります。

新規顧客開拓や企画・立案、集客改善提案、システム構築や運用管理、アプリ開発、コンサルティングなど、さまざまな角度から民泊運営は行われています。

民泊運営スタッフの仕事内容

  • 民泊施設を利用したい方からのメールや電話を受けます
  • 予約サイトの運営や管理を行います
  • 民泊施設のフロントにて接客業務を行います
  • 民泊施設のアメニティなど備品整理を行います
  • 民泊施設を宿泊者が快適に使えるように清掃業務を行います
  • 民泊施設運営のための事務作業を行います
  • 民泊施設を運営するスタッフのシフト管理を行います
  • 接客や清掃のマニュアルを作成します
  • 民泊施設に設置されている防犯カメラをチェックします
  • 民泊施設で発生したトラブルの対応を行います

民泊運営スタッフの業務スキル

  • 民泊施設を利用する宿泊客に快適な接客を提供する接客力
  • 多くのスタッフと協力して民泊施設の運営をするチームワーク力
  • 宿泊客の困りごとを解決しようとするフォローアップ力
  • スタッフのシフトや業務内容を管理する業務管理能力
  • 施設整備を丁寧に清掃するきめ細やかさ

民泊運営スタッフの専門知識

  • 接遇マナー
  • 英語などの外国語
  • 民泊施設予約サイト運営に関する知識
  • マーケティング戦略
  • 民泊営業に関する事務知識

民泊運営スタッフの実務能力

  • 接客力
  • チームワーク力
  • フォローアップ力
  • 業務管理能力
  • 体力

民泊運営スタッフの基礎能力TOP3

  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 主体性:物事に進んで取り組む力

民泊運営スタッフの働く場所

  • 民泊施設
  • 民泊運用代行会社
  • 管理事務所

民泊運営スタッフの作業方法とツール

  • パソコン
  • 電話
  • メール
  • 筆記用具
  • 清掃道具
  • 給仕用具
  • アメニティ用品
  • 寝具

民泊運営スタッフの活動内容

  • メール・電話対応
  • 予約サイト運営管理
  • フロント業務
  • 備品整理
  • 清掃業務
  • 事務作業
  • スタッフのシフト管理
  • マニュアル作成
  • 防犯カメラチェック

民泊運営スタッフの人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • コミュニケーションが得意な人

民泊運営スタッフのキャリアステップ

  • ホテルマン

民泊運営スタッフの給与

初任給:21万円
平均年収:268万円

参考:
初任給:20.94万円(企業規模10人以上、20~24歳)
平均:21.13万円(給仕従事者の年収から推計)
平均年収:268.41万円
※2019年度参照

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業

民泊ホストは、所有する建物を民泊施設として貸し出す職業です。民泊運用代行会社に所有する建物の登録をし、業務を委託することで、運用可能な物件さえ所有していれば現在は比較的簡単に始めることのできる仕事です。運営に関わる全ての業務を委託することも可能ですが、その分委託料がかかります。

一から全てを経営する方法も選択肢の一つですが、その際は「住宅宿泊管理業者」や「一級建築士」の資格が必要となる場合がったり、自治体により運営のルールが異なったり、関連法改正に注意を払う必要があります。

現在の法律で民泊施設とは「台所」「浴室」「便所」「洗面設備」の設備が設けられている施設となっており、マンションやアパート施設全体など大規模なものから、集合住宅の一室や自宅の部屋など小規模なものまで対象となっています。

民泊運用代行会社のWEBサイトに所有する民泊施設を掲示し、そこに泊まりたいと思った方から申請が届きます。どのような方が泊まるかを確認し断ることも可能です。逆に、宿泊者と意気投合するケースもあり、一緒に外食に行ったり、今度は自身が宿泊者の自宅に泊まりに行ったするなど、縁が繋がっていくこともあります。

平均年収286万円

ツアーガイドは、観光ツアーに参加したお客様に、観光地の案内をする職業です。大きく分けて、「日本国内にて日本語で案内をする」「日本国内にて外国語で案内をする」「日本国外にて日本語で案内をする」3種類の業務があり、どの業務形態であっても、案内をする土地の情報を幅広く知っておく必要があります。

ツアーに参加した旅行者全体に観光地の歴史や見所を説明するだけでなく、一人ひとりの疑問に答えることもあるため、有名な情報だけでなく地域の人しか知らないようなローカル情報を持っておく必要があります。そのため、昔から住んでいた土地で勤務をしたり、その土地に移住をする人もいます。

ワーキングホリデー制度の利用も選択肢の一つです。

平均年収283万円

旅行商品販売(リテーラー)は、旅行商品販売店のカウンターにてお客様にパッケージツアーを販売する仕事です。時には、専門部署やオフィスにて法人のお客様のご対応をすることもあります。

お客様の要望を元に旅行をプランニングしたり、それに伴う宿泊施設や飲食店などの予約業務、交通機関のチケット販売代行、旅行前や旅行中のお客様からの問い合わせなど、必要に応じてさまざまな対応を行います。

お客様にご満足いただけるご旅行を提供をするためには、お客様が求められているものや旅行の目的などをしっかりと理解する必要がありますので、一人ひとりに寄り添う気持ちを持つことが大切でしょう。

旅行商品は、数千円の価格帯のものから、百万円を超えるものまで幅広くあります。旅行の目的も、グルメや観光を楽しみたかったり、勉強や自己理解のため、会社の慰安旅行や営業旅行などさまざまです。お客様にとって、旅行が日々の小さなリフレッシュになることもあれば、旅行先の土地に馴染み移住する方もいます。旅行商品販売(リテーラー)は、お客様にとって最適なご旅行を見つけられるようお手伝いをするお仕事です。

平均年収324万円

ツアーオペレーター/ランドオペレーターは、お客様がスムーズに旅行をする上で必要な「予約・手配業務」を一手に担う職業です。基本的に旅行会社がクライアントとなり、依頼された予約・手配業務を行います。航空券や現地交通機関の手配、飲食店や宿泊施設の予約、イベントのチケット手配など、旅行会社からの依頼内容に沿って各所に連絡をとっていきます。場合によっては、現地のツアープランナーと連絡をとりつつ業務を行うこともあります。

ツアーオペレーター/ランドオペレーターになるには、旅行手配業を専門に行っている企業や、該当部門がある旅行会社に就職する方法が一般的でしょう。日本国内だけでなく、海外で就業する方法もあります。

基本的には、依頼を受けて予約代行を行うことが多いですが、企業によっては旅行の企画や金額見積もり、旅行会社への営業、カウンターでお客様に商品を販売する業務を行うこともあります。

このようにツアーオペレーター/ランドオペレーターの業務内容は企業によって幅広く、旅行に関する深く広い知識を持っておくといいでしょう。また、事務作業が中心となるため事務処理能力や、積極的に新しい知識を吸収しようとする姿勢も重要です。

たとえばあなたが海外旅行のツアーに参加しているとして、19時からのディナーで行った有名レストランに予約が取れておらず入れなかったとします。旅程は狂い、あなたは不快な思いをするでしょう。ツアーオペレーター/ランドオペレーターは、直接旅行をするお客様と対面する機会は少ないですが、快適な旅の実現に欠かせない職業です。

平均年収359万円

ツアープランナーは、国内・海外の旅行プランを企画し、宿泊施設や交通機関などの具体的な手配を行う職業です。
マーケティングの視点で旅行者のニーズをリサーチし、費用面も考慮して旅行先、交通機関や宿泊施設を選定し、見学ルートなど具体的な内容を盛り込んだ行程表を作成します。申込者の各種の手続きを行い、旅行当日は添乗することもあります。

ツアープランナーになるための特別な資格はありませんが、一般的には専門学校や短大、大学を卒業後に旅行会社や旅行代理店に就職し、実務経験を積みながら国家資格である旅行業務取扱管理者を取得します。旅行業務取扱管理者には国内・総合・地域限定と3種類あり、取り扱える範囲が異なります。海外旅行を取り扱う場合は、総合旅行業務取扱管理者を目指しましょう。

また、主な観光地の歴史や文化などの知識を深めておくことも大切です。旅行地理検定や世界遺産検定も業務に役立つ資格としてあげられます。

近年は、旅行に対する顧客のニーズが多様化しており、画一的な団体ツアーではなく、個々のニーズにきめ細かく対応したオーダーメイド型のツアー企画が好まれる傾向にあります。工夫をこらしたあたらしい付加価値を生み出せるツアープランナーの需要が増しています。