「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給27万円 平均年収568万円

電気工事士とは、世の中のあらゆる電気設備の施工や保守を行う職業です。

仕事内容は大きく分けて、鉄道電気工事と建築電気工事があります。鉄道電気工事は、鉄道に必要なあらゆる電気設備の施工や保守業務を行います。建築電気工事は、新築や既存の建物の電気設備の据付や保守・点検などをを行います。

近年、環境に配慮した太陽光発電を始めとする自然エネルギーへの切り替えや、産業の発達による電気エネルギー需要の増加などで、電気工事士の需要もますます増加しています。

電気工事士の仕事内容

  • 仕事内容は大きく分けて、鉄道電気工事と建築電気工事があります。
  • 鉄道電気工事は、電車に電気を送る架線や安全運行を支える信号システム、踏切、駅の照明、通信設備、そして電力を供給する発電所・変電所などの施工や保守業務を行います。
  • 新築の建築電気工事は、建物内の電気配線をしたり、配電盤や各種電気設備の据付け工事を行ったりします。
  • 既存の建物に対する建築電気工事は、備え付けの電気設備の保守・点検を行ったり、新たな配線や電気設備を追加する工事を行ったりします。

電気工事士の業務スキル

  • 施工図・配線図の読み込みと作成
  • 配線工事
  • 基盤作成
  • 施工管理

電気工事士の専門知識

  • 電気理論
  • 電気計測
  • 電気機器
  • 電気材料
  • 送配電
  • 電気法規
  • 製図(配線図を含む物)

電気工事士の実務能力

  • チームワーク力
  • 体力
  • 業務管理能力
  • 手先の器用さ
  • 集中力

電気工事士の基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

電気工事士の働く場所

  • 電気工事会社
  • 建設・建築会社
  • 家電メーカー

電気工事士の作業方法とツール

  • ウォーターポンププライヤー
  • スケール
  • ナイフ
  • ペンチ
  • リングスリーブ用圧着工具
  • ワイヤーストリッパー
  • 工具
  • ドライバー

電気工事士の活動内容

  • 工程表確認
  • 現場訪問
  • 図面確認
  • 工事
  • 確認
  • 通電
  • 他現場への応援
  • 業務報告
  • 翌日の準備

電気工事士の人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 世話好きでチームに貢献する人

電気工事士のキャリアステップ

  • 建設現場監督

電気工事士の給与

初任給:27万円
平均年収:568万円

参考:
初任給:27.94万円(企業規模1,000人以上、20~24歳)
平均:37.04万円(企業規模1,000人以上、年齢計)
平均年収:568.2万円(賞与:123.72万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

電気工事士の必須資格

  • 電気工事士

電気工事士の推奨資格

  • 普通自動車免許
  • 電気通信工事担任者
  • 電気主任技術者
  • 電気施工管理技士
  • 消防設備士
  • ボイラー技士

電気工事士の就業者数推定

約300,000人

Indeed からの求人
事務職員

福岡県公立八女総合病院企業団 - 福岡県 八女市

年齢要件 1980年4月2日〜 学歴・資格等 第一種電気工事又は電気主任技術者免許 第一次試験日程 記載なし・書類審査など 申込み期限 随時 問い合わせ先 公立八女総合病院企業団...

事務職

株式会社JTE - 東京都 台東区 北上野

務経験 ・日商簿記や建設業経理資格は活かせます ・縁の下の... 人の経験を有している方であれば尚可) ・電気工事施工管理技電気工事、陸上特殊無線技等の有資格者優遇 ②総務業務...

社長のカバン持ち1dayインターンシップ

東陽電気工事株式会社  - 福島県 西白河郡 西郷村

シップ 東陽電気工事株式会社の特徴 東陽電気工事は、地域の... 管理技、二級施工管理技、第一種電気工事、第二種電気工事、消防設備、建設業経理1級、建設業経理2級、電気通信...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収739万円

二級建築士は、都道府県知事の免許を受けて、主に戸建て住宅の設計・工事監理を行う職業です。

ただし、国土交通大臣の免許を受ける一級建築士と違って、マンションや高層ビルなど、一定規模以上の建築物については設計・工事監理を行うことができません。小規模な建物の設計を専門に扱うことから、実際に住む人の立場や意見を尊重しながら、注文住宅の新築や中古住宅のリフォーム工事を請け負うことが多いという特長があります。

小規模な木造建築しか扱えない木造建築士という資格もありますが、住宅の設計を行いたい人が最初に取得を目指す、最も一般的な資格が二級建築士です。

平均年収640万円

建設コンサルタントは、ダムや防波堤、道路などの大規模な建設事業に際して、専門知識や高度な技術を駆使しながら事前調査や計画、企画立案を行い、総合アドバイザーとして依頼者をサポートする職業です。

同じ建設コンサルタントという職業でも仕事内容は細分化されています。主に土木に関する21部門の全部あるいは一部について、一定の要件を満たした場合には、国土交通大臣の登録が受けられます。登録をしなくても建設コンサルタントとして営業活動を行うことはできますが、発注者の大半が地方自治体を含む官公庁であるため、公共事業の競争入札に参加するためには登録が必要です。

打ち合わせや調査のため、国内出張や海外出張が多いため、旅行好きの人にはお勧めの仕事です。

平均年収640万円

建築技術者は、主に建築業に従事する専門的技術者の総称であり、建築士や建築設備技術者などが含まれます。建物の建設や改修、維持に関する計画や設計、工事監理、技術指導、施工管理、検査などを行います。

建築に関連するさまざまな分野において即戦力となる技術者のニーズが高まっていますが、公共建築工事の経験や関連資格を求められることがありますので、職場に勤務しながら関連資格を取得しておくことが推奨されます。専門分野だけにとどまらず、建設全般に関して高度な応用能力を備えておくと、建築コンサルタントなどへの転身もはかれます。

近年では、東京ディズニーリゾートでおなじみのオリエンタルランドのようなアミューズメント企業でも、建築技術者のニーズが高まっています。

平均年収399万円

土木作業員とは、建築工事や道路工事、ダムの建設など土木工事の現場で働く作業員です。

建築資材の運搬や穴を掘る作業など、基本的に力仕事になるので相応の体力が求められます。重機などの免許を取得している場合は、ショベルカーや掘削機械などを操作して作業を行います。

これまで男性ばかりだった作業現場にも、分業による身体的負担の軽減や職場環境の改善により、少しずつ土木系女子(通称「ドボジョ」)が増えてきています。

平均年収589万円

測量士とは、建築工事にあたり、土地の位置や形状を正確に測量する職業です。

測量士の仕事内容は主に外業と内業に分かれます。外業は建設・土木現場などで測量を行いデータを記録する業務です。内業は測量計画や図面作成、予算管理などのデスクワークです。その他にも、地図作成のために行う地図測量や、土地登記などのために土地の面積を測る地籍測量などもあります。

技術の進歩により、以前は測量が困難であった場所も、ドローンや3Dレーザースキャナーを用いることで測量をすることができるようになっています。

平均年収640万円

建設現場監督とは、建設現場の責任者として、原価・工程・品質・安全の管理を行う職業です。

建設工事を計画通りに実行するために必要なあらゆる管理を行います。工事の前には地元住民への説明会や問い合わせの対応も行い、工事が円滑に進むようにケアします。工事現場が大きくなるほど複数の業者や作業員が出入りするため、現場を統率する現場監督の役割は重要になります。

一般的に現場監督は建設会社の社員として働きますが、最近では1級建築士や1級建築施工管理技士などの専門資格を持ち、フリーランスで働く人も増えています。

平均年収739万円

一級建築士とは、建築法に基づき、ビルや商業施設、住宅などの建築物の設計および工事の監理を行う職業です。

設計業務は主に、建物の基礎となる骨組みの設計を行う「構造設計」と、空調設備や電気設備などの設計を行う「設備設計」、内観や外観を美しくデザインする「意匠設計」の3つに分かれます。また、設計図通りに工事が進んでいるかチェックを行う工事管理も大事な仕事です。

2級建築士が主に戸建て住宅などの小規模な建築物の設計を行うのに比べて、一級建築士はマンションやビル、病院、学校、公共施設などの大規模な建造物の設計を行うことが多くなります。大きなプロジェクトになると、建造物だけでなく街や地域全体のデザインを行うこともあります。