「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 -
平均年収 515 万円

社会保険労務士とは、社会保険と労働に関する法律をもとに、企業に所属する従業員の労働に関する業務を代行する職業です。社会保険や労働法に精通したプロフェッショナルです。

企業に代わって従業員の社会保険や労働保険関係の手続きや書類作成をしたり、給与計算や就業規則の作成をしたりします。また法人や個人からの依頼で、コンサルティングや企業内研修を行います。年金や労災の手続きを行ったり、相談・アドバイスを行ったりもします。

近年、多様な働き方や労働環境に対する関心が高まり、手続きや書類作成だけでなく、専門知識を生かした人事・採用コンサルティングや企業研修ができる社会保険労務士の需要が高まっています。

社会保険労務士の仕事内容

  • 企業の従業員雇用に関連する法律(「労働基準法」「労災保険法」「雇用保険法」「健康保険法」「労働契約法」「男女雇用機会均等法」「育児・介護休業法」など)の変更の確認や情報収集を行います。
  • 企業からの依頼により、健康保険、雇用保険、労災保険、給与計算などを代行したり、労働者名簿、賃金台帳、就業規則などを作成したりします。
  • 企業の組織における人員配置や助成金申請、企業内教育など、人事や労務に関するコンサルティング業務を行います。
  • 労働者からの依頼で、年金裁定請求手続きや労災保険の給付申請手続きなどを行います。
  • 法人や個人を対象に年金に関するアドバイスを行います。

社会保険労務士の業務スキル

  • 社会保険関係書類の作成・申請
  • 給与計算
  • 人事労務管理のコンサルティング
  • 人事管理
  • 年金管理
  • 年金に関するアドバイス

社会保険労務士の専門知識

  • 労働基準法
  • 労災保険法
  • 雇用保険法
  • 健康保険法
  • 労働契約法
  • 男女雇用機会均等法
  • 育児・介護休業法

社会保険労務士の実務能力

  • 業務管理能力
  • 計画力
  • 課題発見力
  • 情況把握力
  • 指導力
  • フォローアップ力
  • コンサルティング力
  • 事務処理能力

社会保険労務士の基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

社会保険労務士の働く場所

  • 社会保険労務士事務所
  • 一般企業(人事・労務)
  • 人材派遣会社
  • 個人事務所

社会保険労務士の作業方法とツール

  • 社会保険労務ハンドブック
  • パソコン
  • メール
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • Microsoft Office
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • 契約書
  • 印鑑

社会保険労務士の活動内容

  • 顧客への訪問
  • ヒアリング
  • 課題の設定
  • 解決方法の調査
  • 提案資料の作成
  • 提案・説明
  • 社会保険関係書類作成
  • 人事労務管理コンサルティング
  • 給与計算
  • 規定作成
  • 手続き代行
  • 納品・報告

社会保険労務士の人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

社会保険労務士のキャリアステップ

  • 経営コンサルタント
  • 人事部

社会保険労務士の給与

平均年収:515万円

参考:
初任給:記載なし(企業規模10人以上、20~24歳)
平均:36.18万円(社会保険労務士の年収から推計)
平均年収:514.75万円
※2019年度参照

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

社会保険労務士の必須資格

  • 社会保険労務士

社会保険労務士の推奨資格

  • 年金アドバイザー検定
  • 日商簿記検定
  • 心理カウンセラー
  • 産業カウンセラー
  • 行政書士
  • キャリアコンサルタント
  • AFP、CFP

社会保険労務士の付帯条件・制限

受験資格として「学歴」「実務経験」「その他の国家試験合格」のいずれかひとつを満たす必要がある。

社会保険労務士の就業者数推定

40,426人

CAREER INDEX からの求人
『働きがいのある会社』ベストカンパニーを支える労務メンバー募集!※従業員数440名超

ココネ 株式会社 - 東京都世田谷区若林3-1-18

まずは給与担当として、オペレーションをご担当いただきますが、ゆくゆくは適性やご経験・ご希望に応じて、人事企画等をお任せする可能性もあります!・入退社手続・給与計算業務・各種社会保険手続・勤...

経営コンサルタント候補【U・Iターン歓迎】■全国各地で募集中 ■広島・神戸・名古屋で急募中 ■希望を考慮

山田コンサルティンググループ株式会社 - ≪U/Iターン歓迎≫ 【広島支店】広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル2階 【アクセス】 広島電鉄本線 八丁堀駅 徒歩1分 【神戸支店】兵庫県神戸市中...

あなたにはクライアント企業の経営コンサルに関する全般業務を担って頂きます。 【顧客】 日本の中堅中小企業を中心に、最近では大手まで。幅広い業種のクライアントに役務を提供。 【業務】 事業...

【業績好調/通信講座講師】(未経験者歓迎)社会保険労務士資格を活用した資格試験対策講座の講師職

株式会社 フォーサイト - 東京都文京区本郷6−16−2フォーサイトビル4階建ての自社ビルで、全フロアをフォーサイトが利用しています。

資格の通信教育講座において、社会保険労務士講座の講師を担当頂きます。既に専任講師が複数おり、一緒になって社会保険労務士講座を盛り上げて頂きます。まずは講座のサポート的な業務から始め、ゆくゆくは実際...

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収772万円

弁護士とは、依頼者の抱えるトラブルを法律を用いて解決する、法律事務の専門家です。

仕事内容は、まず金銭トラブルや離婚、相続をめぐる争いなどの民事事件の代理人業務があります。次に、窃盗や傷害、殺人などの刑事事件の弁護人業務です。他にも、企業に対して契約や知的財産権、M&Aなどのサポートを行うビジネスサポートの仕事もあります。

弁護士になるには、大学卒業後、法科大学院(ロースクール)に進むのが一般的です。法科大学院を修了すると、司法試験の受験資格が与えられます。司法試験に合格後、約1年間の司法修習を経て、司法修習考試という試験に合格することで、晴れて弁護士となることができます。

平均年収533万円

人事は、企業などで人材の採用や育成、評価、労務管理などを行う職業です。小規模な組織では総務などの管理部門が兼務することもあります。

「ヒト」という経営資源を最大限に活用した、強い組織を構築するため、人事に関わる諸制度を企画立案し、適材適所の異動や配置転換、採用などのオペレーションを実施します。人や組織に関わる仕事を一手に引き受けるので、業務内容は多岐にわたります。

人事に関わる事柄は秘密保持が前提であり、評価の公平性やコンプライアンスの徹底から、タフな精神力が求められます。しかし、福利厚生の充実やメンタルヘルス対策を実施したり、在宅勤務制度を採り入れたりと、労働者が働きやすい環境を整える頼もしい存在であり、やりがいのある仕事です。

<参考動画>

平均年収470万円

司法書士は、身近な法律家として、不動産登記や商業登記、供託、裁判事務など法的な書類を作成する仕事です。

主な仕事として、不動産に関する不動産登記、法人に関する商業登記など登記業務を行います。また、民事事件の裁判事務業務、任意整理や自己破産などの債務整理業務、供託所へ寄託する供託業務、検察庁へ犯罪の告訴や告発業務を行います。

少子高齢化が進む今後の日本においては、財産侵害や尊厳侵害などを支援する成年後見業務が多くなると考えられています。

平均年収470万円

行政書士は、書類作成のプロとして、個人や法人から依頼を受け様々な書類の相談・作成・申請手続きを行う仕事です。

相談・作成・申請する書類は、「官公署に提出する書類」「権利義務に関する書類」「事実証明に関する書類」など10,000種類を超えるを言われ、専門的な知識や経験が必要な仕事です。
書類を作成する際、顧客との打ち合わせを行い要望を把握しますが、必要に応じて関係者への確認や現地調査を行い、事実に基づいた書類の作成・申請を行います。

行政書士は書類の作成・申請だけを行っているイメージが強いですが、実は行政書士の管理下なら誰でも書類作成を行なえるため、行政書士自身はコンサルティング業務が多くなります。

平均年収673万円

労働基準監督官は、厚生労働省に所属する国家公務員であり、労働者が安心して働ける労働環境を実現するため、労働基準法などに定められた労働条件を確保する職業です。労働基準監督官になるには、労働基準監督官採用試験に合格する必要があります。

事業場や工場、オフィスに立ち入り検査を行い、法令違反があれば事業主などに是正指導を行います。重大・悪質なケースであれば特別司法警察職員として任意捜査を行い、検察庁に送検することもあります。また、職場の健康診断の実施状況や有害物質の取り扱い状況を確認したり、労働災害に遭ってしまった労働者に対して保険給付を行ったりすることも仕事内容に含まれます。

賃金不払いや長時間残業、過重労働による過労死などを裏付ける記録は、もはや紙ではなくパソコンの時代です。デジタル・フォレンジック(犯罪の立証のための電子データ解析技術や手続き)など、さまざまな専門知識や人生経験を活かせる仕事です。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収418万円

キャリアコンサルタントとは、職業の選択や職業生活設計、職業能力の開発及び向上に関する相談を受け、助言や指導を行う職業です。

面談を通して、相談者が自身の適性や能力などを自覚する手助けをします。また、自己理解を深めるとともに、さまざまな職種やそれらの業務内容について説明することで、自分に合った仕事を主体的に選択できるようサポートします。また、職場や仕事に関する悩みを聞くという立場から、メンタルヘルスケアを担うこともあります。

キャリアコンサルタントは平成28年4月から国家資格となり、現在では有資格者のみが「キャリアコンサルタント」という名称を用いることができます。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。