「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

都道府県議会議員

初任給 -
平均年収 1,288 万円

都道府県議会議員とは、各都道府県議会において政策立案や重要な条例の制定、予算などの議決をする職業です。

議決結果通りに行政が活動しているかをチェックしたり、議決内容などを県民に報告したりするのも都道府県議会議員の仕事です。財政や教育、福祉、経済、環境などにおける課題を日々調査・研究し、政策を立案し実行します。

市議会議員や国会議員秘書などの経験者が多く、その後、国政に進出する議員もいます。都道府県議会議員になるには選挙に当選しなければなりませんが、近年定員割れをする選挙区が増えてきており、無投票当選する議員も少なくありません。

都道府県議会議員の仕事内容

  • 議会には、通常2月、6月、9月、12月の年4回開催される定例会と、必要に応じて招集される臨時会があり、これに出席します。
  • 会期(議会を何日間行うか)は、議会初日に決めます。定例会と臨時会を合わせた各議会の1年間当たりの平均会期日数は、約85日です。
  • 議会に出席して知事やほかの都道府県議が提出した議案の審議や議決を行ったり、ときには自らが議案を提出したりします。
  • 行政が正しく活動しているかをチェックし、疑問点や問題点などがあれば厳しく追及します。
  • 議会が閉会されたら、都道府県議は集会や個人新聞、ブログやツイッターなどを通じて、どのような問題についてどう対応することになったかという議会の結果を都道府県民に報告したり、発信したりします。
  • 次の議会に向けた準備に取り掛かります。中身の濃い議論をして適切に議決するために、行政や都道府県民生活の状況についてじっくり調査します。
  • タウンミーティングなどを開いて都道府県民の声を集めたり、町内会や商店街などからの要望を聞いたり、都道府県庁に足を運んで行政についての説明を受けたりします。
  • 他の都市で行われた政策の成功事例を学ぶために、視察に出かけます。
  • 議会に向けた準備の中で、自らの都道府県政についての考えや政策を都道府県民に訴えます。
  • 都道府県議員は、公職選挙法により公職者と定められているため、業務中だけでなく、寄付とみなされる贈り物の禁止など、日常生活にも様々な制約があります。

都道府県議会議員の業務スキル

  • 政策立案
  • 政策審議
  • 行政調査
  • 都道府県政に関するさまざまな意見を聞き入れる姿勢
  • 書類作成
  • 演説
  • 選挙活動
  • 都道府県民への情報発信力
  • チームマネジメント
  • 人脈、ネットワーク構築

都道府県議会議員の専門知識

  • 地方行政
  • 政策
  • 地方経済
  • 社会課題
  • 法律
  • 観光
  • 歴史

都道府県議会議員の実務能力

  • プレゼンテーション力
  • 交渉力
  • チームワーク力
  • リーダーシップ力
  • 主体性
  • 情況把握力
  • 課題発見力
  • 体力
  • 政策立案力

都道府県議会議員の基礎能力TOP3

  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

都道府県議会議員の働く場所

  • 都道府県議会
  • 地方自治体

都道府県議会議員の作業方法とツール

  • Microsoft Office
  • SNS
  • タブレット端末
  • ブログ
  • ホームページ
  • 通話機器
  • 筆記用具
  • ノート
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • パソコン
  • スマートフォン
  • 自動車

都道府県議会議員の活動内容

  • 情報収集
  • 課題発見
  • 政策立案
  • 政策提案
  • 折衝
  • 情報発信
  • 人脈構築力

都道府県議会議員の人間性

  • コミュニケーションが得意な人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人

都道府県議会議員の給与

平均年収:1,288万円

参考:
平均月収:80.52万円
平均年収:1288.32万円
(賞与:4か月分と仮定)

地方議会の運営実態等に関する資料

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

都道府県議会議員の付帯条件・制限

≪立候補の資格≫

1.満25歳以上の日本国民であること

2.その都道府県議会議員の選挙権を持っていること

3.供託金60万円を提出できること

都道府県議会議員の就業者数推定

2,735人

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収478万円

商工会議所は、商工会議所法に基づき設置された特別認可法人で、地域で商工業を営む企業や小規模事業者を会員とする「地域総合経済団体」です。全国各地の商工会議所職員は、地域の会員に対して経営支援や国際支援を行ったり、行政機関に対して政策提言を行ったりしています。

日本商工会議所は各地の商工会議所と連携して、政府や政党に対して政策提言・要望活動などを行います。

創設は1878年で、東京商工会議所の初代会頭は、新1万円札の顔になった渋沢栄一、大阪商工会議所の初代会頭は、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」で有名になった五代友厚など、名を馳せた実業家です。

平均年収668万円

市議会議員とは、市民の声を市政に反映させるために地方行政を担う職業です。市の財政や教育、福祉、経済、環境などにおける課題を日々調査し、政策の立案・実行まで行います。

地元の名士や教育者など、地域や歴史をよく知る人がなることが多く、また国政にでる第一歩として目指すこともあります。駅や商店街などでの街頭演説や講演会で、市政に対する考えや議案を市民に訴えるのも仕事の一つです。そのため、祭りや市民集会などに参加し、市民の声を集め議案を作成します。

市議会議員は基本的に専業で行うことが一般的ですが、中には農業や会社経営などとの兼業で行っている人もいます。ヨーロッパの一部の国では、地方議員は無報酬のところもありますが、日本では報酬が支払われます。