「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 22 万円
平均年収 269 万円

学校事務は、教職員と連携を取りながら事務職として学校運営を支える仕事です。

来校者の受け付け業務を行ったり、文書の受理や発行、施設管理、備品管理を行います。
また学費の管理など会計業務や、職員の福利厚生なども担います。
受験や入学シーズンになると、学校説明会や入学試験の準備、新入生の入学手続きなど仕事は多岐にわたります。

学校で働く職員のうち、教育に直接携わる教職員以外の職員のことで、公立の学校の場合は地方公務員扱いとなります。

学校事務の仕事内容

  • 小中学校、高校、大学、専門学校や教育機関などで働き、来校者の受け付け業務や、文書の受理や発行、施設管理、備品管理を行います。
  • 教職員の給与計算や経緯清算、生徒の学費の支払い状況の確認など経理業務を行います。
  • 学校説明会の開催や広報業務、入学試験の準備、新入生の入学手続き、生徒の成績の管理などを行います。

学校事務の業務スキル

  • ドキュメント作成・編集(MS、Google等)
  • 会計、給与計算
  • 受付

学校事務の専門知識

  • 会計
  • 労務管理
  • 広報

学校事務の実務能力

  • 文章作成力
  • 傾聴力
  • 接客力
  • フォローアップ力
  • 実行力
  • 情況把握力
  • 判断力
  • 計画力
  • 業務管理能力
  • 事務処理能力

学校事務の基礎能力TOP3

  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

学校事務の働く場所

  • 小学校
  • 中学校
  • 高等学校
  • 短期大学
  • 大学
  • 専門学校

学校事務の作業方法とツール

  • パソコン
  • 会計ソフト、システム

学校事務の活動内容

  • 受け付け
  • 接客
  • 文書の受理や発行
  • 施設管理
  • 備品管理
  • 会計業務
  • 服務管理
  • 給与計算
  • 福利厚生手続き
  • 学校説明会の企画運営
  • 入学試験の準備
  • 新入生の入学手続き

学校事務の人間性

  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • 努力を惜しまず最後まで確実にやり遂げる人

学校事務のキャリアステップ

  • 一般事務
  • 秘書

学校事務の給与

初任給:22万円
平均年収:269万円

参考:
初任給:21.9万円(企業規模計、20~24歳)
平均:22.4万円(1,000人以上、年齢計)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

学校事務の推奨資格

  • 簿記
  • 社会保険労務士

学校事務の付帯条件・制限

なし

学校事務の就業者数推定

36,219人

Indeed からの求人
学校事務

愛知県名古屋市 - 愛知県 名古屋市

年4月1日 第一次試験日程 令和2年10月18日 申込み期限 令和2年9月14日締切 問い合わせ先 名古屋市人事委員会事務局任用課試験係 052-972-3308 愛知県名古屋市 ()

学校事務

福岡県福岡市 - 福岡県 福岡市

2003年4月1日 第一次試験日程 令和2年10月18日 申込み期限 令和2年9月11日締切 問い合わせ先 福岡市人事委員会事務局任用課 092-711-4687 福岡県福岡市 ()

学校事務

埼玉県さいたま市 - 埼玉県 さいたま市

年4月1日 第一次試験日程 令和2年11月1日 申込み期限 令和2年9月23日締切 問い合わせ先 さいたま市人事委員会事務局任用調査課 048-829-1778 埼玉県さいたま市 ()

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収619万円

小学校教諭は、文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、指導を行います。

基本的には全ての科目を一人で教えますが、音楽や体育などは専門の教諭を配置している学校もあります。
生徒が登校するまでに授業の準備を行い、出欠連絡などの対応を行います。生徒が登校したら、午前と午後に授業を行います。
生徒が下校した後には、テストの採点や翌日の授業の準備を行います。
その他に、運動会や音楽会などの学校行事の準備・実施や、PTA活動なども行います。

以前は一人の教諭が担任としてクラスを教えることがほとんどでしたが、近年は一つのクラスを二人の教師で教えるチームティーチングという取り組みも進んでいます。