「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

初任給-平均年収-

検察官は、法曹三者(裁判官,検察官,弁護士)に属し、犯罪の起訴をする権限を持ちます。起訴の判断から刑執行の指揮・監督までを行う仕事です。

事件の捜査、検討を重ね、起訴・不起訴を判断します。被疑者を起訴する必要がある場合は公訴し、裁判所で冒頭陳述・証拠提・証人喚問を行い、求刑を行います。有罪が確定したら、法の執行までを指揮・監督します。

国際化が進む現代では、国境を超えた犯罪も増えています。そのため検察官には、語学理解など国際犯罪にも立ち向かうことのできる能力が求められています。

検察官の仕事内容

  • 警察からの要請または検察官へ直接、告訴・告発のあった事件について捜査、検討を重ね、起訴・不起訴を判断し決定します。
  • 起訴を決定した裁判に立ち会い,裁判所に証拠を提出したり,証人尋問などを行って,被告人が犯罪を行ったことなどを証明し、求刑論告を行います。また、裁判所に不服申立て(上訴)することもあります。
  • 有罪が確定したら、懲役刑や罰金刑などの裁判が正当に執行されるよう執行機関に対して指揮・監督します。
  • 捜査書類や裁判所類などは、法令に定められた事務処理を行います。

検察官の業務スキル

  • 調査、捜査
  • 公訴
  • 陳述、尋問、証人喚問
  • 法の適用、求刑
  • 確定した刑の執行管理

検察官の専門知識

  • 法律
  • 判例

検察官の実務能力

  • プレゼンテーション力
  • 体力
  • ストレス耐性
  • 決断力
  • 判断力
  • 課題発見力
  • 仮説設定力
  • 論理的思考力
  • 分析力
  • 情況把握力
  • 傾聴力
  • 記憶力

検察官の基礎能力TOP3

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

検察官の働く場所

  • 検察庁
  • 裁判所
  • 法務省

検察官の作業方法とツール

  • パソコン
  • 六法全書

検察官の活動内容

  • 捜査
  • 証拠集め
  • 起訴判断
  • 起訴
  • 裁判
  • 冒頭陳述
  • 証拠提出
  • 証人喚問
  • 求刑
  • 法の執行監督

検察官の人間性

  • 正義感が強く行動力がある人

検察官の必要とされる教育レベル

  • 博士号
  • 修士号
  • 専門学位
  • 学士

検察官のキャリアステップ

  • 検察事務官

検察官の必須資格

  • 司法試験

検察官の付帯条件・制限

なし

検察官の就業者数推定

2,300人

Indeed からの求人
税務行政事務/官公庁業界の公務員(事務系)

国税庁 - 東京都 千代田区

官から許可状を得て、悪質な脱税者に対して捜索・差押等の強制調査を行い、刑事罰を求めるため検察官に告発します。 試験年度の4月1日において、大学等を卒業した日又は大学院の課程等を修了...

税務行政事務/官公庁業界の公務員(事務系)

熊本国税局 - 東京都 千代田区

官から許可状を得て、悪質な脱税者に対して捜索・差押等の強制調査を行い、刑事罰を求めるため検察官に告発します。 令和2年4月1日において、大学等を卒業した日又は大学院の課程等を修了し...

税務行政事務/官公庁業界の公務員(事務系)

国税庁 - 大阪府 大阪市

官から許可状を得て、悪質な脱税者に対して捜索・差押等の強制調査を行い、刑事罰を求めるため検察官に告発します。 試験年度の4月1日において、大学等を卒業した日又は大学院の課程等を修了...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収470万円

裁判官は、法曹三者(裁判官,検察官,弁護士)に属し、権力から独立し中立的な立場で、裁判を経て、判決・決定を言い渡す仕事です。

裁判には大きく分けて「民事裁判」と「刑事裁判」があり、裁判官は事前に提出された資料を読み込んでから裁判に臨みます。
裁判においては当事者や弁護士、検察官、証人などの話を聞き、判決を言い渡します。
逮捕状や捜索差押令状を発布するのも裁判官の役割です。

裁判官の判決は人生を左右する重大なものであり、また判例として後の裁判にも影響を与えるものであるため、大きな責任が伴います。