「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

初任給 26 万円
平均年収 569 万円

動物飼育員は、動物園で動物の飼育や調教、生態の研究などをする仕事です。

飼育業務や衛生管理の他、ショーのトレーニングや季節や生物に合わせた様々なイベント企画、水族館の設備や施設の点検や管理、さらにはふれいコーナーの整備や来園客の案内などを行います。
また専門とする生物の生態観察、研究を行い発表します。

大型動物や肉食動物を扱う動物園では、動物との信頼関係を気づくことや、生態を把握することが重要です。また、希少な動物には繁殖に関する仕事も大変重要となります。

動物園飼育員の仕事内容

  • 主な仕事は、動物の餌の準備、餌やりなどの飼育業務と、展示場所と住居の掃除などの衛生管理です。
  • 大型動物や肉食動物、調教が必要な動物などは幼いことから親同然として世話を行い信頼関係を築きなながら生態を理解して調教して行きます。
  • 園内を巡回し、動物の毛のつや、動作、におい、排せつ物の状態、えさの食べ残しなどから動物の健康状態をチェック・記録し、病気の兆候を発見する観察業務や、繁殖の手助けを行います。
  • 利用者のために、観覧通路や展示のチェックや案内業務、園内イベントの企画・運営やショーのための調教も行います。
  • 専門とする動物の生態観察、研究を行い発表します。

動物園飼育員の業務スキル

  • 餌づくり、餌やり
  • 動物の健康状態の管理
  • 飼育小屋の清掃
  • 衛生管理
  • 催事や展示の企画

動物園飼育員の専門知識

  • 動物生態学
  • 畜産学
  • 獣医学

動物園飼育員の実務能力

  • 傾聴力
  • ストレス耐性
  • モニタリング力
  • 業務管理能力
  • 計画力
  • 判断力
  • 想像力
  • 仮説設定力
  • 情況把握力
  • 実行力
  • チームワーク力
  • 接客力
  • 体力

動物園飼育員の基礎能力TOP3

  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

動物園飼育員の働く場所

  • 動物園

動物園飼育員の作業方法とツール

  • DIY道具
  • 掃除道具
  • 包丁やまな板など調餌道具

動物園飼育員の活動内容

  • 調餌
  • 給餌
  • 掃除
  • 観察
  • 記録
  • 繁殖
  • 展示制作
  • イベント企画、運営

動物園飼育員の人間性

  • 社交的で感性豊かな人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人

動物園飼育員のキャリアステップ

  • 水族館飼育員

動物園飼育員の給与

初任給:26万円
平均年収:569万円

参考:
≪自然科学系研究者(男)≫
初任給:24.42万円(企業規模10人以上、20~24歳)
平均:47.44万円

≪獣医師(男)≫
初任給:29.92万円(企業規模10人以上、20~24歳)
平均:46.17万円

※2019年度参照

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

あなたの適正年収は?
年収査定で適正年収を知ろう! 転職なら【キャリアインデックス】

動物園飼育員の推奨資格

  • 獣医師免許
  • 学芸員
  • 愛玩動物飼養管理士
  • 飼育技師

動物園飼育員の付帯条件・制限

なし

動物園飼育員の就業者数推定

1,800人

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。 本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。 公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する

関連する職業
平均年収625万円

獣医は、飼育動物の病気や怪我の診察・予防・治療などの診療や野生生物の保護や捕獲を行う仕事です。

国家公務員や地方公務員として勤める獣医もおり、伝染病の検査や予防、飼育動物や野生動物の中にいる希少生物や絶滅危惧種の保護や繁殖など幅広い業務を行います。
また研究機関に勤める獣医は、動物用医薬品の研究開発分野にも携わります。

近年のペットブームから、動物病院では珍しい種類の動物の診察も増えており、幅広い知識や技術が求められます。

平均年収569万円

水族館飼育員は、水族館で水生生物や海洋生物の飼育や調教をする仕事です。

飼育業務や衛生管理の他、ショーのトレーニングや季節や生物に合わせた様々なイベント企画、水族館の設備や施設の点検や管理、さらには来場客の案内などを行います。
また専門とする生物の生態観察、研究を行い発表します。

幼い頃から夢を持って飼育員になる方が多く、欠員も少ないことから狭き門として募集などに応募が殺到します。