「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

航空機パイロット(機長・副操縦士)

初任給23万円 平均年収965万円

航空機パイロットは、旅客機や貨物機を操縦し、人や貨物を目的地まで安全に運ぶ仕事です。

出発前に気象データや空港の状態、航空機の整備状況などを把握し、機長と副操縦士の二人で分担して離陸の準備をします。
客室内の準備が整い、離陸の指示がでたら離陸します。
飛行中はフライトプランを基に、航空管制官と連絡を取り合いながら安全な航行を確保します。
着陸後は、飛行中の機体状態を整備担当者に共有し、フライトの振り返りと飛行日誌の記入を行います。

最近は自動運転システムの発展により、運転は比較的容易になっています。
パイロットへの負担が軽減される一方、従来より安価なプライベートジェットなどの開発も進み、航空機パイロットの需要がより一層進むものと思われます。

航空機パイロット(機長・副操縦士)の仕事内容

  • 操縦する飛行機に搭乗する前に、運行管理者や副操縦士、キャビンアテンダントとミーティングを行い、気象データや空港の状態、航空機の整備状況や飛行高度、燃料などを確認します。
  • 搭乗後のコックピットでは、飛行データを機器に入力し、燃料、計器類のチェック、エンジンスタートの準備などを機長と副操縦士の二人で連携して行います。
  • 客室内の準備が整い、航空管制官との無線通信で離陸の指示が確認できたら離陸します。
  • フライトプランに沿って飛行し、航空管制官と連絡を取ることによって、大きな気流の乱れや落雷の危険性をチェックし、場合によっては進路を変更するなど安全を確保します。
  • 飛行中もエンジンや機器トラブル、燃料が不足していないかなど、常に計器類やレーダーをチェックします。
  • 着陸後は整備担当者に機体の状態を連絡し、フライトの振り返りと飛行日誌の記入を行います。

航空機パイロット(機長・副操縦士)の業務スキル

  • 操縦技術
  • 天気図読解
  • 無線機操作
  • 外国語会話
  • チームマネジメント

航空機パイロット(機長・副操縦士)の専門知識

  • 語学
  • 航空力学
  • 航空工学
  • 航空法規
  • 航空気象
  • 航空生理学
  • 無線工学

航空機パイロット(機長・副操縦士)の実務能力

  • チームワーク力
  • リーダーシップ力
  • 実行力
  • 情況把握力
  • 分析力
  • 論理的思考力
  • 課題発見力
  • 判断力
  • 決断力
  • 計画力
  • 自己管理力
  • 業務管理能力
  • ストレス耐性
  • 集中力
  • 体力
  • 空間把握力

航空機パイロット(機長・副操縦士)の基礎能力TOP3

  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 計画力:課題解決に向けたプロセスを明確にし準備する力
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

航空機パイロット(機長・副操縦士)の働く場所

  • 航空会社
  • 官公庁
  • 輸送会社
  • 測量会社
  • マスコミ

航空機パイロット(機長・副操縦士)の作業方法とツール

  • サングラス
  • パスポート
  • フライトケース
  • フライトログ
  • フラッシュライト
  • ヘッドセット
  • 手袋
  • 制服

航空機パイロット(機長・副操縦士)の活動内容

  • ブリーフィング
  • 離陸の準備
  • 操縦
  • デブリーフィング

航空機パイロット(機長・副操縦士)の人間性

  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 正義感が強く行動力がある人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人

航空機パイロット(機長・副操縦士)の必要とされる教育レベル

  • 学士

航空機パイロット(機長・副操縦士)の給与

初任給:23万円
平均年収:965万円

参考:
初任給:23.3万円(企業規模計、20~24歳)
平均:80.4万円(1,000人以上、年齢計)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

航空機パイロット(機長・副操縦士)の必須資格

  • 定期運送用操縦士
  • 准定期運用操縦士
  • 自家用操縦士
  • 事業用操縦士

航空機パイロット(機長・副操縦士)の付帯条件・制限

・身体条件

・「航空会社が運営するパイロット養成校に訓練生として入学する」または、「航空大学校を卒業する」

仕事内容により以下いずれか必須

・定期運送用操縦士

・准定期運用操縦士

・事業用操縦士

・自家用操縦士

航空機パイロット(機長・副操縦士)の就業者数推定

5,930人

Indeed からの求人
2021 新卒採用 空輸

日本航空株式会社 - 福岡県 みやま市 開駅

品質な航空機を提供することが第一の使命の職場です。航空機整備... 26~30カ月。これらの訓練を経て副操縦士へ昇格し、最終的には運航の責任者である機長を目指します。 客室乗務職 お客...

2021 新卒採用 業務企画職(地上職 事務系) 業務企画職(地上職 数理・IT系) 業務企画職(地上職 技術系) 運航乗務員訓練生(自社養成パイロット)  客室乗務職

日本航空株式会社 - 福岡県 みやま市 開駅

ビッグデータ解析を航空機整備に活かすほか、国内外の航空機・部品メーカーにフィードバックすることで次世代航空機の開発などに... 独自の訓練を経て副操縦士へ昇格し、最終的には機長を目指します...

求人検索 by Indeed job search

職業の情報に気になる点がある場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

コメント
もっと見る閉じる
コメントを投稿する

※「名前」「内容」はサイト上に表示いたします。本名や会社名など個人を特定されやすい内容を入力される際はご注意ください。
※コメントの掲載は、投稿いただいた後、運営チームが確認してから公開いたします。公開の判断は運営元が独自の判断により決定し、掲載を保証するものではありません。

名前
必須
内容
必須

利用規約を表示する