「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 4
平均年収679万円

ネットワークエンジニアとは、インターネットやLANなどのネットワークに関する「要件定義」「設計」「構築」「運用・保守」を行う職業です。

依頼者の要求やネットワークを使用するシステムの要件により、最適なシステムの開発・増強の計画を作成する”キャパシティプランニング”を行い、使用するサービスの選定やネットワークの構成を決定します。導入後の運用フェーズにおいても機器の構成や設定の変更、障害対応などの運用・保守を行います。年々ネットワークトラフィックは増加の一途をたどっているため、パーフォーマンスの改善や運用の効率化を継続的に実施する必要があります。

任されるのはインターネットに接続されるWEBサービスやオフィス内LANなどから、銀行ネットワークや通信会社の基幹となるバックボーンといった大規模なものまで幅広くあります。近年ではクラウドサービスを多用する企業が増えていることで、業務範囲も拡大し、開発領域まで行うネットワークエンジニアも増えています。

平均年収679万円

サーバーエンジニアは、サーバーの構築や設計、運用、保守を行う職業です。必要な資格や免許はありませんが、関連資格として、Linux技術者認定などのベンダー資格が多いため、業界でのニーズを見極めながら計画的に取得を進めていくといいでしょう。

サーバーエンジニアが向き合うのは、サーバーやコンピューターだけではありません。システムエンジニアやネットワークエンジニアと連携したり、運用や保守を通じて顧客と向き合う機会も多くありますので、コミュニケーション力が大切になります。コンピューターのスムーズな動きを実現するために欠かせないサーバーエンジニアは、今後も需要の多い職業です。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら