「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「プロデューサー・ディレクター」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収987万円

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の予算やスタッフ、キャスティングなどを管理し、制作全体を統括する総責任者です。

現場の責任者であるTVディレクターとは違い、基本的にデスクワークの多い仕事ですが、現場に立ち会うこともあります。複数の番組を同時に抱えているため、スケジュール管理も大事な役目です。他にも重要な仕事ととして企画立案があります。時代のニーズをとらえて、視聴率を稼げる企画を提案し、番組枠を勝ち取ります。

テレビプロデューサーになるには、テレビ局や制作会社に入社して、AD(アシスタントディレクター)やAP(アシスタントプロデューサー)から始めることが一般的です。最近では、テレビと映画の垣根が低くなってきているので、映画製作に携わることもできる職業です。

平均年収465万円

映画監督は、映画制作現場の責任者として、作品の質を管理し責任を負う職業です。テレビ業界ではディレクターと呼ばれます。

主に予算管理などを行うプロデューサーとともに、企画立案から関わったり、出演者や脚本家、カメラマンなどの技術スタッフを指揮して、作品制作の方向性を決めます。映画監督になるには、映像関係の専門学校や大学の映画学部を卒業し、映像制作会社で実務経験を積むのが一般的です。

監督の他にも、「助監督」「撮影監督」「美術監督」などのポストも存在します。さまざまな関係者が制作現場に出入りし、撮影期間も長期にわたるため、良い作品を作り上げられるかどうかは、監督の力量にかかっています。

平均年収679万円

WEBディレクターは、WEBコンテンツの制作や運用現場における、クリエイターチームの総監督です。

WEBコンテンツの制作には、社内外のデザイナーやシスエムエンジニア、プログラマー、コーダー、ライターなど、複数人の専門クリエイターが関わります。WEBディレクターの仕事内容は、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、制作工程の進捗状況やコンテンツの品質を管理したりすることです。トラブルが起きた際には解決に向けてさまざまな調整を行い、プロジェクト進行管理の指揮をとるのも主な仕事です。

プロジェクト全体を統括するWEBプロデューサーや、依頼者との打ち合わせや企画提案を行うWEBプランナーと兼務することもあります。業界や企業、プロジェクト案件、職場環境によって、WEBディレクターに求められる役割は大きく異なります。そのため、全体を俯瞰できる視点やさまざまな専門分野を概括できる技術的な知識、ビジネス経験、高いコミュニケーション能力など、幅広いスキルが求められます。

平均年収679万円

映画プロデューサーとは、映画の企画から資金調達、制作、著作権管理、プロモーション、売り上げの回収まで、映画製作すべての責任を負う職業です。

映画監督が映画制作の現場責任者であるのに対して、映画プロデューサーは、企画立案から予算管理、キャスティング、劇場ブッキング、プロモーション、資金回収までを含めた映画ビジネスの全てのプロセスに関わる総責任者であるといえます。映画プロデューサーは、クオリティの高い映画を製作するだけでなく、映画をビジネスとして成り立たせる責任があります。

日本アカデミー賞では最優秀作品賞を映画監督が受け取ることが多いですが、アメリカのアカデミー賞では映画プロデューサーがオスカー像を受け取ります。

平均年収816万円

テレビディレクターとは、テレビ番組の制作現場における企画・編集責任者です。

企画の立案から台本作成、出演者のキャスティング、番組の演出、編集指示まで、テレビ番組の制作現場を統括するポジションです。予算やスケジュール、コンプライアンスなどを管理するプロデューサーとは異なり、番組のクオリティに責任を負います。番組が面白いものになるかどうかは、テレビディレクターの腕にかかっています。

最近ではテレビディレクターが直接番組に出演するケースも多く、とくにバラエティ番組では、体当たりのロケを行い爆発的な人気が出るディレクターもいます。

平均年収563万円

ゲームディレクターとは、ゲーム制作現場における、クリエイターチームの総監督です。

ゲーム制作には、デザイナーやプログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイターなど、数十人の専門クリエイターが関わりますが、チームのまとめ役として、各担当者に指示を出したり、問題解決の相談に乗ったりしながら、良い作品ができるように指揮をとるのが主な仕事です。ゲームの発売予定時期はあらかじめ決められているので、プロジェクトの進捗状況を正しく把握して、スケジュール管理を行います。

ゲーム開発における代表的なポジションであり、ヒットするゲームを作れるかどうかは、ゲームディレクターの腕次第といっても過言ではありません。また、個性的なクリエイターが集うゲーム業界において、スタッフをまとめる調整役として、強靭な精神力が求められる職業でもあります。

平均年収692万円

ゲームプロデューサーとは、ゲームの企画から完成までの全工程を統括する職業です。

市場調査や分析を行い、どのようなジャンルのゲームをどのような方法で販売するかなど、企画を検討し決定します。ゲーム開発を成功させるために必要な制作スタッフの選定や開発費の調達、スケジュール管理、販売促進などを担当し、全体を統括します。

近年では、スマートフォンによるソーシャルゲームが拡大しており、ゲームプロデューサーの需要が高まっています。また「ゲーミフィケーション」など、ゲームの考え方を取り入れたサービス設計なども増えており、ゲーム以外にも活躍の場が広がっています。

平均年収543万円

WEBプロデューサーとは、Webビジネスにおける上流から下流工程までのフロー全体を把握し、責任者として統括を行う職業です。

WebメディアやECサイト、オンラインゲーム、スマートフォンアプリなどのWEBサービスやコンテンツの企画立案と戦略策定を行い、必要な体制を構築します。 製作過程においては品質管理やリスクマネジメントを行いながらサービスを公開し、公開後も成長に必要な施策を継続的に検討し実施を指揮します。

一見華やかに思われますが、プロジェクトメンバーや関係する企業などの調整業務が多く、ときには嫌われ役も担いながらプロジェクトの成功に向けてメンバーのモチベーションを上げ、パフォーマンスを引き出す指揮官としての役割を担います。

平均年収465万円

フェスーオーガナイザーとは、一般的に「フェス」と呼ばれるイベントを主催し、運営スタッフをまとめる職業です。「フェス」は「お祭り」という意味で、「ラーメンフェス」「アニメフェス」などあらゆるものがありますが、現在「フェスーオーガナイザー」というと主に音楽フェスを主催する職業を指します。

どのようなフェスにするかの企画・構想から、場所の選定・確保、資金の調達に運営スタッフの手配など、音楽フェスをいちから作り上げる仕事を中心となって幅広く行います。多くの運営スタッフと円滑にコミュニケーションをとり、お客様に限らずスタッフも含めた全員が、安全にイベントに参加できるよう取り組む必要があります。このフェスに行きたいとお客様に思ってもらうために、必要とされているアーティストを見つける鋭い感性が必要です。また、アーティスト以外にも、飲食などの出店も集める必要があります。

社会的知名度が低い仕事ですが、「フェス」自体の知名度は年々上昇傾向にあり、その需要も上がっています。一年に数回しか開催されないフェスですが、個性的なフェスには人が集まり、開催数を重ねるごとに独特の文化が確立され、リピーターが増えます。