「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「経営企画・経営コンサルタント」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収739万円

中小企業診断士は、中小企業の経営課題を診断し、助言を行う専門家です。独占業務を持たない国家資格ですが、公的な中小企業支援機関が業務を委託する際に指定されることが多いなど、社会的な評価の高い職業です。

企業で関連業務を行う「企業内診断士」と、資格取得後に開業する「独立診断士」がいます。経営改善や販路拡大、事業承継などの一般的な経営コンサルタント業務に加え、IT化、海外展開、特許取得、新エネルギー参入など、各人の得意分野を強みとして中小企業の経営をバックアップします。

中小企業診断士は経営コンサルタント職の唯一の国家資格ということができ、日本版MBAと呼ばれることもあります。

平均年収478万円

企画・経営職は、企業で経営幹部を補佐しながら経営業務を直接的に担当する職業です。中長期的な経営戦略を練り、各種情報の収集と分析を重ねて、コスト削減などの経営改善や経営計画の策定、内部統制業務などを行います。経営企画や事業企画などと呼ばれることもあります。

組織の規模や形態、上場の有無などによって担当業務は大きく異なりますが、経営者の視点に立ち、社外との交渉役を担います。関連業界や社会動向全般について自ら調査し、多角的な分析力を備えていくことで、出世コースに乗りやすくなります。

企画業務型裁量労働制を導入している企業も増えてきており、この場合、自分の都合に合わせて勤務時間を調整し、効率の良い時間配分で仕事を進められるなどのメリットがあります。

平均年収957万円

公認会計とは、企業や学校法人、公益法人などさまざまな法人を対象に、独立した立場から経営状況をチェックし、専門家として財務情報を検証・提言する監査業務を行う職業です。

専門家として第三者の決算書を確認し、企業の財務情報の信頼性を担保します。監査業務には、法令などの規定によって義務付けられた法定監査と、法定監査以外の自主的に実施する監査とがあります。監査業務だけでなく、コンサルタントとして経営全般にわたる相談・助言を行ったり、一般企業の経営企画室や財務部門で働いたりする人もいます。

公認会計士は会計系最高峰の国家試験となっており、医師・弁護士に並んで三大士業と言われ、主要業務である監査業務は会計士のみが許された独占業務になります。試験の合格率は10%程度と狭き門なので、公認会計士を目指す場合は、相当量の学習時間が求められます。

平均年収957万円

経営コンサルタントとは、企業の経営戦略や人事戦略の策定、M&A(企業の合併と買収)などの支援を行う職業です。

経営改善や事業立案、企業の買収など、コンサルティング分野は多岐にわたります。経営状態を把握し、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決を提案します。また、企業向けに経営セミナーを行ったり、従業員の能力開発セミナーの講師を務めたりすることもあります。

コンサルティングファームに所属したり、個人で活動したりと、業務形態はさまざまです。経営コンサルタントになるための資格はなく、中小企業診断士の資格やMBA(経営学修士号)の学位を取得することで基礎的なスキルの証明としている傾向があります。