「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 4
平均年収322万円

ワインソムリエは、レストランやワイン販売店などで、ワインに関する接客とワインを適切に管理する仕事です。

お客様の好みや予算、食される料理などを把握し、最も合うワインを選定し、提案・提供します。
ワインだけでなく、料理や食材に関する知識、生産地の地理や歴史を学び習得し、店舗で扱う飲料全般の仕入れ・管理を行い、提供するグラスの選定や管理なども行います。

フランスやイタリアなどワイン大国では、ソムリエに高い教養が求められ、国家資格となっている。

平均年収287万円

バイヤーは、トレンドや市場動向、顧客動向を抑えた上で、店頭に並べる商品を買い付ける職業です。主に小売店舗などで働き、商品選定や仕入れ、新規ルートの開拓などを行います。

その活動範囲は広く、国内外に出向いて売れる商品を探します。生産者と直に接するため、相手との信頼関係を構築するコミュニケーション能力、より安く優れた商品を買い付ける交渉力が求められます。また国外へ買い付けに行く場合、語学力が必要になることも。それ以外にもオリジナル商品の開発に関わることもあります。

バイヤーに必須資格はありませんが、販売員としての実務経験が求められます。5~7年程度の下積みを経て、バイヤーにキャリアアップするのが一般的です。バイヤーは売り上げが全てであり、常に数字に追われる大変さもあります。責任重大な反面、その分だけやりがいの大きい職業です。

平均年収280万円

マーチャンダイザーは、アパレル企業や百貨店、通信販売企業などにおいて商品開発や販売計画、予算管理など、商品のマーケティングや流通の計画を立案し管理する職業です。

売上の傾向を分析したり市場調査を行って新商品の開発やその後の販売促進活動の計画を立てて実行します。マーチャンダイザーになるには、特別な資格は必要ありませんが、専門学校や短大、大学で経営学、マーケティング、商品・流通に関する学問を修めたうえで、アパレル企業や百貨店の採用試験に臨む、というのが多いでしょう。マーチャンダイザーとしての専門職採用はほとんどないため、総合職として入社した後、販売員や店長、バイヤーなど現場経験を積んだ上で適性に応じ配属されるというのが一般的です。

マーチャンダイザーという名前は、消費者の欲求に適う商品を、適切な数量、価格、タイミングで提供するための企業活動を意味するマーチャンダイジングに由来します。マーチャンダイザーの手腕が売上を大きく左右するといっても過言ではありません。開発から販売までの全プロセスに関わるため忙しい仕事ではありますが、自分の開発した商品がたくさんの人に選んでもらえることにやりがいを感じる人が多いようです。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら