「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「一般事務・営業事務」の職業一覧

平均年収323万円

営業事務とは、外回りの多い営業職を、主に事務面でサポートする職業です。営業アシスタントと呼ばれることもあります。企業によっては、内勤ではなく営業先に同行したり、営業職に代わって代理営業を行うこともあります。

販促資料を作成したり、顧客からの電話を受けたりと、営業活動全般に関わるだけでなく、営業職の営業成績を管理しているため、締日になると共に喜んだり、あるいは励ましたりするポジションでもあります。

求人数も多く、未経験でも比較的採用されやすい職種です。海外と取引をしている企業などでは、たとえ趣味レベルであっても英語や中国語などの外国語のスキルがあると歓迎されます。

平均年収269万円

秘書は、政治家や企業の幹部などの上司が本業に注力できるよう、事務作業や調整業務を補佐する仕事です。

担当する上司がスムーズに仕事ができるよう、社内外の人との連絡や来客の調整、文書や資料の作成、スケジュールを管理、出張の際の宿泊手配、冠婚葬祭の対応、経費精算などあらゆる業務を代行します。

中には事務や周辺業務を補佐するだけでなく、経営者のブレーンとしての役割を担う秘書もいます。

仕事を通して、企業の役員や政治家、弁護士、大学教授など、各界の著名人とやり取りをすることがあるため、相手に好印象を与える人間性やビジネスマナーを身につける必要があります。

平均年収269万円

学校事務は、教職員と連携を取りながら事務職として学校運営を支える仕事です。

来校者の受け付け業務を行ったり、文書の受理や発行、施設管理、備品管理を行います。
また学費の管理など会計業務や、職員の福利厚生なども担います。
受験や入学シーズンになると、学校説明会や入学試験の準備、新入生の入学手続きなど仕事は多岐にわたります。

学校で働く職員のうち、教育に直接携わる教職員以外の職員のことで、公立の学校の場合は地方公務員扱いとなります。

平均年収269万円

経理は、企業や組織におけるお金の出入りを記録と管理をする仕事です。

パソコンで会計ソフトや表計算ソフトなどを使用して、収支、銀行預金、給与や保険、税金などの計算や管理を行います。決算書の作成にも携わり、月次・年次などの決算業務を行います。
取引き先の与信管理や、会社全体の経理ルールの作成・改善を行います。

会社の利益が出ているかなど、経営状況を知ることができる仕事であり、企業規模によっては経営者との距離が近く参謀的なポジションとなります。

平均年収269万円

一般事務は、民間企業や官公庁、団体といった様々な組織で特定の事務作業を担当する仕事です。

パソコンを使用して様々なデータを入力したり、社内外で必要な資料のデータを収集・処理し書類を作成・整理します。郵便物の仕分け・発送、電話対応・来客対応、メールやFAX送信を行います。

基本的に高度な専門知識やスキルが問われる仕事は行いませんが、企業や部署によっては海外とのやりとりに英語力が必要になったり、会計など専門知識が必要とされる仕事を任されることもあります。

平均年収478万円

進路コーディネーターとは、学生の進路に関する悩みに対し最適なアドバイスを行い、進路選択や学習のサポートをする職業です。

就業に必要な資格はとくになく、主に学習塾や専門学校に就業し、生徒と面談を行いながら進路相談にのったり、学習サポートを行ったりします。専門学校に所属している場合は、企業に求人依頼をヒアリングしたり、生徒を紹介したりするのも大切な仕事です。

また学習塾では、新規生徒の募集業務や保護者対応、イベントの企画など、教室運営全般に関わります。専門学校では、履歴書の書き方や面接の練習、インターンシップの手配なども業務のひとつです。生徒に寄り添い、将来設計を一緒に考えていく仕事といえるでしょう。

平均年収323万円

巫女とは、特定の神社に所属し、神様に仕える女性のことです。普段は神職の業務補佐を務め、神事においては“神楽”を舞うのが仕事です。神職ではないものの、適切な服装や身だしなみ、振る舞いが求められます。

主な業務内容として、境内の清掃、参拝者の対応、神職の手伝い、おみくじ・お守りの在庫管理、神事における神楽・舞などがあります。一見おしとやかなイメージがありますが、見た目以上に体力のいる職業です。参拝者が増える年末年始は多忙を極め、それに合わせて求人も増える傾向にあります。

巫女になる絶対条件は2つ、「女性であること」「10代後半〜20代後半までの若い女性であること」です。年齢条件に関しては、巫女の定年年齢に理由があります。神社によりますが、早ければ22歳〜23歳、遅くても30歳を定年年齢に設けるのが一般的だからです。これにより、本職の巫女は極めて少なく、多くが「助勤」あるいは「助務」という名目の“アルバイト巫女”となります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収860万円

国連職員とは、国際連合に加盟する世界193の国々において、世界的諸問題を解決しようとする機関に属する職員のことです。「国連職員」「国際公務員」とも呼ばれ、主に6つの主要機関と、15の専門機関に属し、世界各地に点在する事務局や、発展途上国などの地域事務所でプロジェクトの企画、運営、管理などにあたるのが仕事です。

管理職(D)、専門職(P)、一般職(G)、ナショナルプロフェッショナルオフィサー(NO)の5つのポジションがあり、どのポジションであっても国の概念に囚われず世界のために働こうとする志が必要になってきます。

就業のためには各関連組織の「空席ポストに応募」「YPP試験(Young Professional Program)に応募」「外務省のJPO派遣制度に応募」などの方法があります。必ず必要な資格はありませんが、修士以上の学位を持つことが条件となっていることも。また、外国での勤務になる可能性が高い特性上、英語はもちろんのこと、それ以外の語学能力が必要となる場合があります。

期限付き雇用形態をとる場合が多く、終身雇用者が少ない仕事でもあります。常に自分をアップデートする姿勢や、コミュニケーション能力、問題解決に対する強い熱意が求められます。

国際連合の日本人職員は増加傾向にあるものの、G7各国と比較して少ないのが現状です。外務省は国際連合で勤務する日本人の増加を推奨しており、将来性のある仕事と言えるでしょう。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら