「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 8
平均年収280万円

ショップ店員は、主にアパレル業界やインテリア・雑貨業界のショップで働く店員のことです。ファッションやインテリアの身近なアドバイザーとして接客と販売業務を担います。

本社の方針に従って、店舗運営の責任者であるショップマネージャーとともに、売上目標の達成に向けてさまざまなセールを企画し販売促進をはかります。独自のセンスが認められれば、店内のディスプレイや商品のコーディネートなどを一手に任されることもあります。

最新のブランド品に囲まれながら好きなことを仕事にするだけでなく、平日の休みを謳歌できたり、自社商品を社内割引価格で安く購入できたりします。

平均年収330万円

美術商またはアートディーラーと呼ばれ、美術品を仕入れ、展示会やデパートのギャラリー、画廊などで顧客に販売する仕事です。

オークションに出向いたり、同業者やコレクター、美術家を訪ね、美術品に価値があり売れるか判断し買い付け、顧客のコレクターに販売します。
また、展示スペースを持つ美術商や百貨店の美術部で働く美術商は、作品を販売するとともに、新作の展示会なども企画・開催し、新しい美術作品を発信する場としてアーティストを育てる役割も担います。

以前は個人からの買取依頼が多かったが、最近では貴金属買取り店など、古物商からの引き合いが増えています。

平均年収273万円

駄菓子屋とは、児童を対象に駄菓子や玩具を販売する小売店です。店舗によっては、アーケードゲームや簡単なメダルゲームなどを設置しているところもあります。

少子化の影響もあり1970年代には約14万件あった駄菓子屋ですが、現在では約1万5千件と減少しています。しかし、レトロな雰囲気が見直されてきていることや、子どもの笑顔のためにと、新たに駄菓子屋を始める人も出てきているのです。

最近では、リヤカーを用いた移動式の駄菓子屋も登場しており、縁日やイベント会場へ出張してくれるサービスもあります。子どもだけでなく、観光目的で外国人が訪れることも多くなっています。

平均年収273万円

ショッピングナビゲーターは、テレビショッピングの司会進行を務める職業です。あらゆるジャンルの商品を番組内で紹介し、その特徴や魅力を伝えます。またゲストに話を振ったり、専門家に話を聞いたりと、現場をコントロールするのも仕事です。

ショッピングナビゲーターは、所属企業が編成した番組にシフト制で出演します。「家電担当」「美容品担当」といった括りがなく、その都度異なる商品を紹介。よって幅広い商品知識、市場動向やトレンドの知識が求められます。

その本質は、店頭で商品を売る販売員と変わりません。消費者目線で商品の魅力を伝え、購買に繋げる「販売力」が求められるでしょう。さらに担当商品が多数売れたり、視聴者人気が高まったりすれば、異なる番組・メディアでの出演依頼が来ることもあります。知名度が上がれば、タレントのように活躍することも可能です。

平均年収287万円

販売員とは、 百貨店などの店頭で商品を販売する職業です。所属店舗により仕事内容が変わりますが、「接客業務」と「会計業務」が基本となります。「接客業務」では、利用客とコミュニケーションを取りながらニーズを汲み、相手が求める商品を提案します。広い商品知識と販売技術、臨機応変な対応力が求められます。

「会計業務」とは、いわゆる“レジ打ち”のことです。利用客を待たせないよう、正確かつスピーディーな処理能力が求められます。さらに店舗・商品案内、在庫管理、棚卸し、伝票処理など、複数の業務を担当します。販売員としてキャリアを積めば、店頭・売り場のマネジメントや新規スタッフの教育を任されることもあります。

店舗によっては、販売員ごとの売り上げ目標やノルマを設定することがあります。その場合、基本給とは別に歩合給を設けるのが一般的です。努力した分だけ収入に繋がる点は、営業の仕事スタイルに近いものがあります。正社員やパート・アルバイト、派遣社員と雇用形態もさまざまであり、初心者でも挑戦しやすい職業です。

平均年収388万円

鮮魚仲買人とは、魚市場で魚介類などの水産物を競り落とし、鮮魚小売店やスーパーマーケット、寿司屋などに販売する職業です。

魚の競りや市場内での販売、配達など、魚市場に運ばれた水産物が小売店に並ぶまでの仲卸を担います。朝5時頃から始まる競りに参加するために、早朝から出勤し、お昼頃には仕事が終わります。

職人気質な人が多い職場であるため、心身ともに強さが求められます。しかし、基本的に得意客相手の仕事であるため、顔見知りが多く、慣れてくれば温かみを感じられる仕事であるといえます。

平均年収427万円

百貨店外商員とは、自店の上得意客(個人)や法人を訪問して商品を販売したり、注文を受けたりする職業です。本店に配属されるケースがほとんどであり、個人を担当とする「個人外商」と、法人・団体を担当する「法人外商」に大別されます。

「個人外商」は、毎年一定額以上の買い物をする上得意客のみを対象とします。自宅を直接訪問し、好みやニーズを把握した上でさまざまな商品を提案します。傾向として、宝石や貴金属、高級呉服や美術品などの注文が多いとされます。顧客との距離が非常に近い、「専属の御用聞き」のような存在です。

「法人外商」は、企業の贈呈品や歳暮の贈呈品、制服などを販売します。大口受注が発生することも多く、自店の年間売り上げに大きく貢献します。また、提案営業も「法人外商」の仕事です。顧客の要望をヒアリングした上で企画提案、受注、納品を行います。いずれも社会的ステータスの高い顧客が多く、自店への売り上げ貢献度も高いことから“百貨店営業の花形”と呼ばれます。

平均年収273万円

実演販売士は、百貨店や家電量販店、ホームセンターなど商業施設の店頭で、商品の魅力を客へ説明し販売を促進する職業です。

店頭のみでなく、テレビやネットの通信販売番組などでも、短時間で上手に魅力を伝えきる高いスキルを持つ実演販売士の活躍を目にすることも多いでしょう。実演販売士になるためには、特に特別な資格や学歴は必要なく、実演販売士として登録できる通信販売会社や派遣会社、小売業等に就職することが一般的です。ただ、いきなり実演販売士として活躍することは難しいので、一定期間下積みするなかで沢山の場数を踏み、トーク力や販売力を高めていくことが必要です。

実演販売士の給料は、歩合制になることが多いようです。経験と実力がものをいう世界であるため、能力に磨きをかけて信頼と実績を勝ち取れば、高い年収を得ることも可能になります。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら