「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 21
平均年収359万円

ホテルマンとは、ホテルの受付や客室案内など、宿泊客に対して接客業務を行う職業です。接客以外にも、宿泊プランや各種イベントの企画、国際会議の宴会場をプロデュースするなど、仕事内容は多岐に渡ります。

接客業の中でも特に洗練されたマナー、きちんとした身だしなみ、きめ細やかな対応が求められる職種です。また、外国人観光客の急増にともなう多言語対応やグローバルな視点に立った新しいサービスもニーズが高まっています。

本来の英語の意味ではホテル支配人などの管理職を指しますが、日本ではホテルで働くスタッフ一般に対して使われています。最近では、女性のホテルスタッフも多いことから、性別関係なく使える「ホテリエ」というフランス語で呼ばれることもあります。

平均年収370万円

ブライダルコーディネーターとは、顧客の理想とする結婚式や披露宴を実現するため、内外の専門スタッフを取りまとめ、婚礼をマネジメントする職業です。ウエディングプランナーと呼ばれることもあります。

伝統的な神前式やキリスト教式だけでなく、海外でのゲストハウスウェディングのような人前式など、挙式・披露宴スタイルは多様化しています。顧客の予算やスケジュールに応じてブライダル市場のトレンドを取り入れながら、顧客の希望に合ったブライダルをコーディネートします。

さまざまな形の人生の慶事に立ち合い、多くの笑顔や嬉し涙を前に、繁忙期の苦労も忘れるほど大きなやりがいを感じられる仕事です。

平均年収359万円

コンシェルジュ(もしくはコンシェルジェ)は、主にホテルに滞在しているゲストのために、ホテル内外のサービスについて個別に代行・サポートする職業です。

コンシェルジュに対して、宿泊客の要望に「NOと言わない」ことを鉄則としているホテルもあります。基本的にどんな相談にも応じるため、幅広い分野の知識が必要です。ホテルコンシェルジュの国際的ネットワーク組織「レ・クレドール」は究極のパーソナル・サービスを目指すべく会員向けに様々な勉強プログラムを提供しています。

コンシェルジュは、元もとフランス語で、「集合住宅(アパルトマン)の管理人」という意味で使われていました。最近ではマンションコンシェルジュという仕事もありますが、こちらの方が本来の意味に近い職業といえます。

平均年収349万円

コールセンターオペレーターは、通信販売会社などのコールセンターで待機し、商品やサービスに関する問い合わせやクレーム対応、注文受付などを電話で行う受信専門の職業です。テレフォンオペレーターやヘルプデスクなどとも呼ばれます。反対に、自ら電話をかける仕事は、テレフォンアポインターと呼びます。

電話で話しながら社内システムにアクセスし、顧客データを参照・入力することもありますので、基本的なパソコンスキルが必要です。現在はメールやチャットでの対応も増えていますが、パソコンを使わない年配ユーザーからの問い合わせもありますので、要点を簡潔にはっきりした声で話すことが求められます。

遅めの出社が可能なシフト勤務や染髪、ピアス、ネイル、ひげでの就業が許されていることが多く、自由度の高さが魅力の仕事です。

平均年収750万円

通訳は、二つ以上の国の言語を使い、お互いに言語が通じない人たちの間に入って、言語を変換する仕事です。

話し手の発言するペースとほぼ同時に通訳をする同時通訳や話し手の方で、通訳をするために言葉を区切って訳す逐次通訳を行います。
また、同時通訳でも聞き手の横に立ち耳元で訳するウィスパリング通訳や、観光や買い物などに同行する随行通訳も行います。随行通訳を有料で行う場合は、「通訳案内士」の資格が必要になります。

最近では、数カ国後に対応した通訳専用のポータブルデバイスやスマートフォンアプリなどが出てきており、その精度も日進月歩で向上しており、人間の通訳にはより理解を深める為に言葉だけでなくその裏にある意図や背景まで伝えることが求められる。

平均年収288万円

テーラーとは、顧客の要望を聞きながら、主にスーツやタキシードなどの紳士服を仕立てる職業です。大量生産の既製服を作るのではなく、一人ひとりの体型に合ったオーダーメイドの紳士服を仕立てます。

近年、低価格短納期でオーダーメイドスーツを作れるイージーオーダーサービスが増えてきており、テーラーの仕事が注目を集めています。テーラーになるには、服飾系の学校で服づくりの基礎を学び、紳士服メーカーなどで修業を積んで必要な知識と技術を身につけるのが一般的です。

テーラーは、顧客の要望をヒアリングしながら服を仕立てていく「be spoken」スタイルから、元々「ビスポーク・テーラー」と呼ばれていました。そのため、コミュニケーション能力を要求される仕事であるといえます。

平均年収372万円

バーベキューインストラクターとは、バーベキューに関する正しい知識と技術を用いて、多くの人にバーベキューの魅力を伝える職業です。「バーベキューインストラクター」は、日本バーベキュー協会の発行する民間資格で、初級・中級・上級があります。

バーベキューを安心安全に、そして参加する人々の良いコミュニケーションの場として成立させるために尽力します。また、誰よりも自分が率先してバーベキューを楽しむことが、人にその魅力を伝えるために必要なことなのです。

バーベキューインストラクターはフリーランスとして働いたり、アウトドア企業や食品企業に所属し、バーベキューに関連する仕事をしたりします。また副業や兼業、仕事としてではなく趣味やボランティアとして活動することもあります。

平均年収370万円

ブライダル司会者とは、結婚式や披露宴で司会進行を行う職業です。

一生の思い出に残る結婚披露宴となるように、司会進行という立場から会場を盛り上げ、感動的な演出を行います。結婚式場やホテル、司会者専門のプロダクションに所属し仕事をすることが一般的です。派遣登録を行い、フリーランスとして活動することもできます。

ブライダル司会者になるにはとくに必須の資格はありませんが、プロ司会者養成のための講座を受講して、ブライダル司会者としてのスキルを身につけることが近道となるでしょう。

平均年収370万円

テーブルコーディネーターとは、結婚式などのパーティー会場やレストランにおいて、テーブルの飾り付けや食器のコーディネートをする職業です。

クライアントの要望や会場の雰囲気、季節感などを考慮して、テーブルをコーディネートしていきます。ただ、あくまでも料理が主役なので、料理をいかに引き立てられるかが腕の見せ所です。

テーブルコーディネーターになるには資格は必要ありませんが、テーブルマナーやカラーコーディネートなどの知識を要求されるので、関連する資格を取得しておくと有利になります。

平均年収280万円

番台とは、銭湯などの入浴施設のフロントに設置されている台の名称で、そこで接客を行う職業を指します。お客からの料金回収や、販売品・貸出品の取り扱いが主な仕事です。


銭湯経営者が番台業務を行うこともありますが、アルバイトや社員が就業することもあります。来店する客とコミュニケーションをとり、店舗の雰囲気を良好にすることも大切な仕事です。また、トラブルの対応や、ルールを守らない客に対する注意も行います。

少なくとも江戸時代ごろには番台は存在していたと考えられており、歴史のある職業です。店舗内に広く目を配り、困ったことがあれば解決の手伝いをする番台の仕事。客との良好な関係を築き愛される銭湯をつくる、重要な仕事です。

平均年収421万円

フードデリバリースタッフとは、飲食店で作った料理を一般家庭やオフィスに配達する職業です。

昔からピザやラーメン、寿司などの出前はありますが、現在では飲食店と顧客のマッチングサービスが普及したことで、さまざまな料理を配達するようになりました。デリバリー用のバイクで配達を行うことが多いですが、自動車や自転車での配達をすることもあります。

近年、Uber Eats(ウーバーイーツ)が日本でのサービスを開始したことで、雇用関係を結ばずに好きな時に好きな時間だ働くという自由な働き方も普及してきています。

平均年収421万円

不用品回収スタッフとは、一般家庭などのリサイクル品や不用品の回収を行う職業です。

引越しなどの際に顧客からの依頼により、リサイクル品や不用品、粗大ごみなどを回収します。ふたり以上のスタッフでトラックで現場に向かいチームで仕事をすることが一般的です。トラックの運転が必要になるので、普通自動車免許の取得が必須となっている会社が多くあります。

引っ越しだけではなく、人が亡くなった際の遺品整理も不用品回収スタッフの大事な仕事のひとつです。

平均年収218万円

ハウスクリーニングスタッフとは、一般家庭の住居を対象に清掃サービスを提供する職業です。

ハウスクリーニングの仕事は大きく2種類あり、ひとつが大掃除のときなどに依頼されたり、エアコンや水回りなどパーツ毎に清掃を依頼される「在宅クリーニング」。もうひとつが、引っ越しの際に退去後の部屋を掃除する「空室クリーニング」です。

ハウスクリーニングスタッフになるには資格は必要ありません。しかし、プロの清掃スキルが要求されるので、ハウスクリーニング会社に入って研修を受けてから働き始めることが一般的です。また、フランチャイズに加盟して、初めから独立開業するという道もあります。

平均年収323万円

カスタマーサポートとは、企業の窓口として顧客からの商品やサービスに対する問い合わせに対応する職業です。

商品やサービスの使用方法に関する問い合わせや、クレームなどに対応します。顧客とのやりとりは電話やメール、チャットなどでのコミュニケーションがメインです。また、業種によっては見積もりや各種手配業務も仕事内容に含まれます。

シフト制で残業のない職場が多いため、ワークライフバランスの面で女性が働きやすい職種といえるでしょう。また近年、サブスクリプション型のビジネスモデルが増えてきているので、顧客満足度を向上させるためにカスタマーサポートがより重要視されるようになっています。

平均年収286万円

空港案内・旅客サービスは、空港ビル内の案内所で働く総合サービススタッフです。フライトインフォメーションの情報提供や施設案内、遺失物の捜索から迷子の呼び出し案内など、その仕事は多岐にわたります。

案内業務に加え、周辺エリアの交通案内や在来線、リムジンバスの乗車券も販売します。案内所によっては、ホテル予約を請け負うこともあります。さらに国内・国外旅行保険を取り扱う案内所もあり、旅客の空の旅を総合的にサポートします。

空港案内・旅客サービスに必須資格はなく、未経験でも挑戦しやすい仕事といえます。ただし、国際ターミナル内の案内所で働く場合は、一定の語学力が求められます。英語・中国後・韓国語のいずれかに長けている人は、採用されやすくなります。

平均年収278万円

グランドスタッフとは、空港での接客業務に従事する職業です。広義においては、航空整備士やキャビンアテンダントもこれに含まれますが、搭乗カウンター・搭乗ゲートで接客を行うスタッフをグランドスタッフと呼ぶのが一般的です。

グランドスタッフの業務内容は、「搭乗手続き」「搭乗案内」「荷物管理」の3つに大別できます。「搭乗手続き」は、チェックインカウンターで航空券の発行、座席の指定、乗り継ぎ案内を行います。さらにパスポートやビザの確認、荷物の計量、必要に応じて超過手荷物料金のお預かりも行います。

搭乗ゲートで「搭乗案内」を行うのも、グランドスタッフの仕事。出発時刻になっても見当たらないお客様は、アナウンスで呼びかけたり、空港内を走り回って探したりします。見かけによらず、体力勝負な職業ともいえます。

グランドスタッフの中には、「手荷物係」として配属される人もおり、万が一、お客様の荷物が紛失、破損した場合、「手荷物係」が対応をします。荷物の捜索、補償、修理など、後の対応をお客様と話し合います。空港には、イレギュラーな事態がつきものです。不測の事態が発生しても、お客様のスムーズな搭乗をサポートするのが、グランドスタッフの使命といえます。

平均年収330万円

結婚カウンセラーとは、結婚を希望する人の相談にのり、アドバイス、紹介などを行い、未婚者同士をマッチングさせる職業です。

一般的に結婚相談所の従業員として働くことが多いのですが、独立して個人サロンを開業することも可能です。中には、フランチャイズなどの独立支援制度を利用して、未経験で結婚カウンセラーを開業する人もいます。

女性の社会進出が増え、晩婚化が進む日本では、出会いの機会に恵まれないない人も多くいます。そのため、結婚カウンセラーは、これから益々社会から求められるよになる職業といえます。また、結婚のアドバイスを行うという仕事柄、夫婦でサロンを営むことの多い職業でもあります。

平均年収264万円

バリスタとは、カフェやバールのカウンターに立ち、客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業です。日本においてはコーヒーをいれるプロとして認識されています。

もともと「バリスタ」とはイタリア語で、「バールで接客をする人」という意味。バールとは昼はカフェ、夜はアルコールドリンクを提供する飲食店のことです。現在では、バールで働きアルコールも取り扱う職業は、「バールマン」という呼び方をされるようになり、バリスタはコーヒーの専門家という認識が一般化しつつあります。

バリスタになるために必須資格はありませんが、大学や専門学校で学び、日本のカフェで経験を積んだり、海外のコーヒーショップで働き知識と経験を得たりと、自主的にコーヒーについて学ぼうという気概や根気が必要です。

バリスタとしての実力を得た後も、さらなる技術向上のために資格を取得したり、技術を競う大会に出たりと、ただコーヒーをいれるだけの仕事ではない奥深さがあります。

平均年収280万円

ビューティーアドバイザーとは、化粧品の販売や提案を行う美容部員のことです。百貨店やドラッグストアに配置され、さまざまな化粧品を利用客に提案したり、トライアルを行って販売したりします。華やかなイメージのある職業ですが、商品の在庫管理や伝票処理など、裏方業務にも徹します。

百貨店に所属する社員、化粧品メーカーに所属する社員など、雇用形態は複数あります。化粧品の販売がメイン業務ですが、時には利用客のスキンケア相談にのったり、メイクを施したりもします。女性特有のデリケートな問題に接するため、ビューティーアドバイザーの大半は女性です。

一般的にビューティーアドバイザーは、化粧品メーカーが実施する研修に参加します。百貨店に所属するビューティーアドバイザーには異動があり、その都度担当メーカーの研修を受けることになります。メイクや化粧品に対する深い知識、利用客に安心感を与えるコミュニケーション能力が必要な職業です。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収497万円

キャビンアテンダント(客室乗務員)は、旅客機に搭乗し、乗客が快適に過ごせるようサービスを提供したり、保安管理を行う仕事です。

旅客機へ搭乗する前に、運行管理者やパイロットとミーティングを行い、気象データやフライトプランなどを確認します。搭乗したら客室の準備を行い、乗客を迎え入れます。
乗客が搭乗から降りるまでの間、安心かつ快適に過ごすことができるよう、機内設備や機器の説明から運行状況のアナウンス、飲食や新聞・雑誌の提供を行います。
また乗客の安全を守ることも大切な仕事の一つで、パイロットと連携し機内での注意事項や緊急時の説明、急病人への救急処置や緊急時の誘導など行います。

キャビンアテンダントというと女性のイメージが強いですが、近年ではハイジャックなど緊急事態の際、より有効に対応できる男性のキャビンアテンダントの必要性が高まっています。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら