「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「栄養士・調理士・調理人・調理業務」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収274万円

フードディレクターとは、レシピ開発やパッケージデザインを通して、食品メーカーや飲食店に対してコンサルティングを行う職業です。他にも、飲食店プロデュースや料理教室の運営、食に関するイベントの企画・開催を行うこともあります。

料理人というよりも食の魅力を引き出す演出家という役割が強いので、「食」にまつわる幅広い知識が要求されます。料理番組やグルメ雑誌など、メディア向けのレシピや料理を提供するのもフードディレクターの仕事です。

フードディレクターという資格はなく、調理師やフードコーディネーターなど、飲食従事者から転身することが一般的です。フードディレクターとして有名になると、テレビや雑誌などから依頼を受けて、番組の出演やコラムの執筆を行うこともあります。

平均年収393万円

ハム・ソーセージ職人とは、食肉加工店や工場で、ハムやソーセージ、ベーコンなど、主に豚肉の加工食品を作る職業です。

ハムやソーセージに適した豚肉の選定から、加工、包装、保存、衛生管理まで、食品店に商品が並ぶまでの全ての工程を担当します。私たちが安全で美味しいハムやソーセージが食べられるのも、彼ら職人のおかげです。

日本にハムやソーセージの製造技術をもたらしたのは、第一次世界大戦の際に日本に連れてこられたドイツ人捕虜でした。本場ドイツでも廃れてしまった当時の製法技術ですが、伝統的な製法のままハムやソーセージを作り続けている職人が日本では生き残っています。

平均年収274万円

料理研究家とは、料理について研究し、新しいレシピを生み出したり、世の中に情報発信したりする職業です。

お客さんに料理を提供することを仕事としている料理人とは違い、料理教室で生徒に教えたり、レシピ本を出版したりすることが主な仕事です。人気が出ると、テレビの料理番組に出演したり、料理雑誌で特集が組まれたりすることもあります。ブログやインスタグラムなどでレシピを公開して情報発信を行うことも一般的になってきました。

最近では、ローカーボ(低糖質)専門の料理研究家や、オリジナルで制作した健康食品を販売している料理研究家もいます。

平均年収409万円

料理人とは、レストランやホテル、居酒屋などで食材を調理し、お客様に料理を提供する職業です。仕事内容は調理だけでなく、食材の仕入れや仕込み、メニュー開発など多岐にわたります。

日本料理の場合は板前、西洋料理の場合はコックやシェフと呼ばれます。とくにシェフと呼ばれる場合は、ただの料理人ではなく、コックをまとめる”総料理長”を意味します。そのため、シェフの仕事にはスタッフや料理のクオリティのマネジメントも含まれます。

料理人になるには、調理師の専門学校に通ったり、飲食店で下積みをして技術を身につけたりする方法があります。最近では、料理に関することだけでなく、売上や原価計算などの経営感覚を持った料理人が求められています。

平均年収344万円

調理師は、飲食店や宿泊施設、医療機関などで料理や栄養管理、衛生管理などを行う仕事です。

経営や所属するお店舗や施設に合わせて様々な料理を作ります。お店にあるレシピに合わせて、食材の仕入れや管理を行い、新たなレシピを作るなども行います。また設備の清掃を行うなど、常に衛生的な環境を保ちます。

最近ではレシピの本や動画サイトなどの人気により店舗や施設だけでなく、レシピ提供や動画出演など調理師の活躍の場が増えています。

平均年収348万円

パティシエは、「お菓子を作る職人」という意味を持ち、ケーキやクッキーなどさまざまな洋菓子を作る仕事です。

洋菓子店やレストラン、ホテルのカフェなどに所属して洋菓子の製造を行います。人気パティシエは複数店舗のオーナーやレストランのデーザートの監修、お菓子メーカーとのコラボ商品の監修などを行います。またスイーツを作るだけでなく、各種コンテストに出場したり、講習会の講師を行う場合もあります。

洋菓子の本場であるヨーロッパで修行を行い、日本に戻り人気パティシエとなる方々が増えています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。