「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 9
平均年収330万円

ダイエット美容家とは、食事法や運動法、マッサージ法など、ダイエットや美容法に関して研究し、インスタグラムなどのSNSや本を出版することで、独自のメソッドを情報発信する職業です。

世の中にはさまざまな美容・健康法がありますが、ダイエットに特化した美容法を提供しているのが特長です。無理なく痩せられるように、体質の改善やメンタル面のサポートも含めたノウハウを提供します。

ただノウハウを公開するだけではなく、おすすめのダイエット・美容グッズを紹介したり、オリジナルで制作した商品をネットショップなどで販売することで、自身の体型や見た目に悩んでいる人々をサポートします。

平均年収281万円

ペットトリマーは、犬などの長毛ペットの被毛をカットして見た目を整える職業です。トリミング(毛を刈って整えること)を行うことからトリマーと呼ばれますが、スキンケアや爪切り、耳掃除など、グルーミング(手入れ全般)も行います。

優れた理容技術と美容センスを生かして、飼い主の多様な要望にも柔軟に応えながら、ペットの健康管理と衛生管理をサポートします。全身を丁寧に触ることでさまざまな病気の予兆を発見しやすくなります。

ペットトリマーになるには必須の資格はありませんが、「JKC認定トリマー」「一般社団法人日本ペット技能検定協会認定トリマー」などの民間資格を取得しておくと、ペットサロンなどへの就職に有利になります。

平均年収298万円

ネイリストは、ネイルサロンや美容室などで爪の形を整えたり、アートを施したりして美しく飾る仕事です。

まず初めに、お客様の要望と爪の状態を把握します。
お客様の生活習慣も踏まえながら、どのようなケアやカラー、アートを施すか提案します。
方向性が決まったら爪のケアを行います。削ったりするだけでなく、修復や巻き爪対策をすることもあります。
カラーリングやジェルの塗布、シールやラインストーンを用いたアートは腕の見せ所です。

爪の状態を観察して、お客様に合ったネイルケア商品の紹介や販売をしたり、キャンペーンやイベントの案内もします。

最近は3Dアートやペイントアートなどのニーズが高く、流行を知ることだけでなく、常に進化している商材を扱う技術や知識を身につける必要があります。

平均年収298万円

エステティシャンは、フェイシャルやボディなどの部位ごとに全身の手入れを行う仕事です。

お客様の要望やライフスタイルの確認を行い、肌の状態や普段のケア方法などを細かく把握します。
サロンでの施術とともに、生活習慣とケア方法の改善を提案し、フェイシャルエステ、ボディケア、脱毛など行います。
お客様に合ったスキンケア商品を販売したり、キャンペーンやイベントを案内することも業務のひとつです。

また、お客さまにリラックスしてもらうため、施術中の会話やサロンの空間づくりなどに配慮することも大切です。
エステティシャンは約70,000人いると言われており、エステティックサロンの他、ブライダルサロンや美容室、ホテルなど幅広い活躍の場があります。

平均年収281万円

美容家は、美容に関する知識・スキルを活かして、その人の個性や生活志向に合った美容法やヘアメイクなどを提案する職業です。

テレビなどのメディアで講師をしたり、レッスンを企画・開催したり、雑誌やネットで美容に関する記事を寄稿したり、オリジナルの商品を販売するなど、人によって活動内容はさまざまです。美容家になるには資格は必要ありませんが、美容師やメイクアップアーティストなどから転身することが多いようです

最近では、InstagramやYouTubeなどで自身のチャンネルを運営するなど、自分で情報発信を行ってファンを獲得する人も増えてきています。いずれにしても、。自分の強みをしっかりと磨きながらセルフブランディングをすることが必要です。

平均年収281万円

理容師は、髪を切って整える理容を行う職業です。理容室で、顧客に対しヘアカットのみでなくシャンプーや顔そりなどのサービスを行います。

美容師と違い、剃刀を使った施術を行えるのが特徴です。理容師になるには、国家資格である理容師試験に合格することが必要です。受験資格を得るためには、理容師の養成課程のある専門学校で2年間学ぶか、通信課程で3年間学びます。

高齢化が進行するなか、最近は福祉と理容の観点から、病院や介護施設、自宅へ訪問し高齢者や障害者に施術を提供する「訪問理容」の取り組みも需要を伸ばしています。また、技術やセンスを高め続けることで独立したり、多くの指名を得たりしながら、長く仕事を続けることができるのも理容師の仕事の魅力です。

平均年収281万円

ヘアメイクアップアーティストは、テレビや映画、CM、雑誌、舞台、ファッションショー、イベント、ブライダルサロンなどで、タレントやモデル、出演者、一般の人に対しヘアメイクを施す職業です。

ヘアスタイリングとメイクアップの仕事はとくに分業されていないため、ヘアメイクアップアーティストは両方の知識と技術を持っていることが必要です。また、単に美しいだけでなく、TPOや依頼者のニーズに合ったヘアメイクを行います。ヘアメイクアップアーティストになるには、まず美容系専門学校に入学し、その後ヘアメイクアッププロダクションやブライダルサロンなどに就職するルートが一般的です。

華やかな業界ですが、裏方としての体力勝負な一面もあり、地道な仕事をこなしながらスキル・経験を磨き、人脈を築いていきます。向上心を持ち続けて売れっ子になれば、フリーランスとして幅広く活躍することも可能です。

平均年収281万円

アイリストとは、まつ毛エクステやまつ毛パーマなどの施術を行ったり、目元のケアを行う職業です。

まつ毛エクステやまつ毛パーマは、ビューラーやマスカラをしなくても目元がはっきりするため、美容に敏感な女性に高い人気があります。アイリストになるには、大切な目元に薬剤を使用するなど高度な技術を要するため、国家資格である美容師免許に合格することが必要です。美容師免許取得後に美容サロンやエステサロンに就職し、まつ毛や目元のケアについての専門知識やスキルを修得していきます。民間講座を利用してアイリストの技術を学ぶ人もいます。

アイリストは、美容師や理容師と同様に手に職の仕事です。高い技術を身につけることで独立したり、多くの指名を得たりしながら、長く働き続けることが出来るのも大きな魅力です。

平均年収281万円

美容師とはヘアスタイリストとも呼ばれ、お客の要望に合わせて髪の毛を美しく整える職業です。

最初にお客の希望を確認し、髪質や生活スタイルによってアドバイスを行いながら、施術内容を決定します。全体のバランスに注意しながら施術し、カットやパーマなどを終えたら綺麗にヘアセットをします。また、施術後のクオリティを保つために、ヘアケアやヘアセットのアドバイスをしたり、ケアに有効な商品の紹介と販売をしたりもします。

最近ではトータルビューティーをかかげ、メイクやネイルなど、髪以外の部分に関わる施術を行なったり商品案内をしたりする美容師も増えています。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら