「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 10
平均年収332万円

介護福祉士は、身体上の障がいがある方や、精神上の障がいがある方に対し、介助を行う仕事です。生活面での介助を「生活援助」、直接身体に触れての介助を「身体介護」と呼び、利用者ひとりひとりにあわせて必要なサポートを行います。

利用者や家族・関係者からの、介助に関する相談に答えることも業務のひとつです。専門的な知識を活かし、食事や入浴、買い物などの生活面での不安の解消を手助けします。また、利用者や家族・関係者との信頼関係構築も重要な仕事です。

介護福祉士は、介護分野で唯一の国家資格です。上位資格に認定介護福祉士があり、現場リーダーや人材マネジメントを行えるようになります。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収372万円

介護・福祉事業責任者とは、老人ホームなどの介護・福祉事業所のトップとして、施設のマネジメントを行う仕事です。

介護・福祉事業責任者の仕事内容は、利用者や職員などの人の管理や、施設・お金の管理、行政への提出書類の作成など、業務範囲は多岐に渡ります。多くの施設では、介護・福祉事業責任者になるために必要な要件が決められていますので、施設の種類によって取得すべき資格が異なります。

高齢化社会を迎えた日本において、介護・福祉施設は常に不足しています。介護・福祉事業責任者はこれから益々求められる職業であることはもちろんですが、社会貢献度が高いため、やりがいを持って取り組める仕事だといえます。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収424万円

医療ソーシャルワーカーは、保健医療分野における社会福祉士であって、疾病を有する患者やその家族の相談に応じ、関係者と協力して心理的・社会的・経済的な問題への解決を援助し、自立を支援する職業です。

医療ソーシャルワーカーになるための専門的な資格はありませんが、主な勤務先である病院において、国家資格である社会福祉士を有することが条件とされることが一般的です。また、精神保健福祉領域のソーシャルワーカーとして働くには、国家資格である精神保健福祉士を有することが必要です。社会福祉士や精神保健福祉士の受験資格を得るには、指定科目を学べる福祉系の大学への進学や、福祉系の短大で所定の課程を修了した上で実務経験を積むなど、いくつかのルートがあります。

医療と福祉とをつなぐ専門職であり、人が病気になった際のあらゆる心配事をカバーする医療ソーシャルワーカーのニーズは、今後も高いといえます。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら