「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「その他教員・インストラクター」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収423万円

予備校講師は、主に大学受験を目指す高校生や浪人生向けに、予備校で受験対策に特化した講義を行う職業です。各教科のプロとして入試問題の解法研究を積み重ね、模擬試験の作問を通じて試験問題を予想しています。職業柄、難関大学卒の学歴を有する講師が大半といえます。

予備校講師が行う大学入試センター試験後の解答速報や分析、アドバイスは、難関大学や医学部を目指す受験生たちにとって貴重な参考情報となっています。

社会人経験を持つ兼任講師も多く、大学入試合格に特化したノウハウだけでなく、広い視野で語られる熱い大人のメッセージに生徒たちのやる気も鼓舞されます。また、林修先生のように、有名になるとテレビ番組から出演依頼がくることもあります。

平均年収330万円

盲導犬訓練士は、視覚障害者が使用する盲導犬を育成する職業です。さらに勉強と経験を積み重ねると、視覚障害者に盲導犬との歩き方を指導する盲導犬歩行指導員になれます。

盲導犬候補の子犬は約10か月間、パピーウォーカー(家庭で候補犬を預かるボランティア)の元で育てられた後、盲導犬に向けた訓練を開始します。

年齢や性格が異なるさまざまな視覚障害者のために、想像力を駆使して”見えない世界”をイメージし、より安全・快適にユーザーをサポートする盲導犬を育成する、社会貢献度が高くやりがいのある仕事です。

平均年収410万円

日本語教師とは、国内外の日本語教育機関などで、日本語を母語としない外国人に日本語を教える職業です。原則、授業は日本語のみで行われるため、 英語などの外国語スキルは必要ありません。

日本国内で日本語を学ぶ外国人は約24万人おり、日本語教師の需要は年々高まっています。また、海外でも約130か国で日本語教師が活躍しています。採用時に重視されるのは、実務経験や指導力です。 そのため面接時には模擬授業を課されることもありますが、応募資格さえ満たしていれば未経験者歓迎の求人も多数あります。

文化庁による平成27年度の調査では、教師数はボランティアが60%と最も多く、非常勤が28.5%、常勤が11.5%と続きます。また年代別では、60代が全体の23.2%、50代が18.2%を占めており、副業や退職後のボランティア活動としても定着しています。

平均年収1,159万円

私立大学教員とは、学校教育法で定められた学校法人に所属する教授や准教授、講師、助教、ポストドクター(ポスドク)などを指します。自然科学系や人文社会系など各専門分野に関する研究・教育活動を行います。

私立学校は、国公立とは違い私人等の寄附によって設立された法人であるため、独自の教育理念に則って運営されています。しかし、公教育の一翼を担っている点で「公の性質」を有するため、国の法令に基づき交付された私学助成の配分を受けて活動を行っています。

私立大学の教授として有名になると、国立大学教授よりも高い収入を得ることも可能です。また、なかには企業の顧問や社外役員といった兼業を行っている教員もいます。

平均年収917万円

国立大学准教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。研究室を主宰する教授と連携しながら、独自の研究活動と、実質的な研究室運営に携わります。

公募情報は各大学の公式ウェブサイトやJREC-IN Portalなどの研究人材向けポータルサイトなどに掲載され、各機関の部局単位で置かれる教授会での審議などを経て採用が決まります。

かつては助教授と呼ばれていましたが、2007年4月の改正学校教育法施行に伴い、准教授に名称が変わりました。

平均年収1,159万円

国立大学教授とは、学校教育法で定められた国立大学法人に所属し、自然科学系や人文社会系など、各専門分野に関する教育と研究を行う職業です。他にも入試委員や公開講座講師など、さまざまな活動を通じて大学の運営に携わります。

国立大学教授は国立大学法人の職員という立場なので、公務員ではありません。しかし、公共性の高い職種であることから、「みなし公務員」として、公務員と同じような待遇を受けられます。

知を愛し、学問を深く希求する哲人の姿になぞらえて、自らをアカデミアと称することがあります。これは紀元387年頃、哲学者プラトンが創設した学園名に由来します。

平均年収410万円

家庭教師は、生徒の自宅に訪問し、生徒の個別目標に合わせて各教科の学習をサポートする職業です。専業のプロ家庭教師もいますが、多くの場合、大学生や他の仕事との兼業者が家庭教師登録会社から派遣されます。

難関校の入試対策を希望する受験生や、学習習慣を身につけたい、あるいは不登校で集団行動が苦手な子供など、さまざまな生徒の性格や性別、学習目標、希望スケジュールに応じて、最も適した家庭教師が選ばれます。

最近では、学校で学ぶ教科だけでなく、プログラミング学習やスポーツ教育なども需要が高まってきています。

平均年収330万円

ヨガインストラクターは、ヨガの正しいポーズや呼吸法などを指導し、生徒の心と身体の健康をサポートする職業です。

ヨガのポーズには様々な効果があり、それらの解説をしながら、自ら実演しアドバイスをします。また、生徒の年代や健康状態などに合わせて、指導計画を練り、ヨガの楽しさを伝えていきます。

ヨガサロンで社員として働く以外にも、フリーランスとしてスポーツジムや老人ホームなど、さまざまな場所で出張レッスンを行うインストラクターもいます。人気のインストラクターになると、個人サロンを開業したり、本を出版したりして、大きな収入を得ることも可能です。

平均年収330万円

ドッグトレーナーは、しつけ教室などで子犬のしつけ方を飼い主に教えたり、飼い主の手に負えない問題犬を調教したり、人間と犬が一緒に暮らせるように飼い主に指導したりする職業です。アジリティー(障害物競争)やフライボール(ボール競技)など、犬と愛犬家が楽しめるドッグスポーツを提供する役割も担います。

犬は社会性があり、個性豊かな動物です。犬の個性を的確に把握し、上位者として毅然とした態度で適切な距離を保ちながらも、愛情と情熱を持ってトレーニングすることで、犬と心を通じ合わせる喜びを感じられます。

ドッグトレーナーになるには資格は必須ではありませんが、専門ライセンスを発行している民間資格も存在します。なお、警察犬や麻薬探知犬などの使役犬を育成する仕事は訓練士と呼ばれており、公務員試験に合格し、警察官や税関職員になる必要があります。

平均年収574万円

動物飼育員は、動物園で動物の飼育や調教、生態の研究などをする仕事です。

飼育業務や衛生管理の他、ショーのトレーニングや季節や生物に合わせた様々なイベント企画、水族館の設備や施設の点検や管理、さらにはふれいコーナーの整備や来園客の案内などを行います。
また専門とする生物の生態観察、研究を行い発表します。

大型動物や肉食動物を扱う動物園では、動物との信頼関係を気づくことや、生態を把握することが重要です。また、希少な動物には繁殖に関する仕事も大変重要となります。

平均年収574万円

水族館飼育員は、水族館で水生生物や海洋生物の飼育や調教をする仕事です。

飼育業務や衛生管理の他、ショーのトレーニングや季節や生物に合わせた様々なイベント企画、水族館の設備や施設の点検や管理、さらには来場客の案内などを行います。
また専門とする生物の生態観察、研究を行い発表します。

幼い頃から夢を持って飼育員になる方が多く、欠員も少ないことから狭き門として募集などに応募が殺到します。

平均年収410万円

学芸員とは、美術館や博物館などの文化施設において、施設内に保管する資料を研究・整理・展示などに使用して、学術振興や文化向上に貢献する職業です。

取り扱う文化的資料に関する深い造詣を持つことはもちろん、常に知識を更新していく必要があります。それは施設に訪れる人を案内をする立場であるからだけでなく、「学術振興や文化向上に貢献する」学芸員として、常に自己研鑽をし、その道の専門家で有り続ける必要があるからです。研究職としてのイメージが強い学芸員ですが、施設運営に関する幅広い事務作用も行います。

海外ではキュレーターという専門職が設置されますが、日本における学芸員の仕事はキュレーターよりも多岐に渡ります。そのため、あらゆる専門技術が必要とされますが、やりがいのある職業といえるでしょう。

平均年収372万円

登山ガイドとは、登山に関する豊富な知識と経験を活かし、登山者をガイドする職業です。険しい山になればなるほど、登山者にとっては安全に登山をするためのサポートとして、なくてはならない職業です。

登山ガイドになるために必ず必要な資格はありませんが、取得しておいた方が良い資格は複数あり、その資格がないと恒常的に仕事を得ることはできません。利用者にとって登山ガイドが持つ資格は、登山に関する深く広い知識を証明するものです。命の危険が伴う登山において、登山ガイドの知識と経験は、その量と質がそのまま信頼になります。

フリーランスの登山ガイドとして、1,000万円を超える高収入を得る方もいます。登山が好きな人にとって、登山ガイドは豊富な登山経験と知識を生かせる職業です。

住職は、寺院の最高責任者として住み込みでお寺の管理や維持、運営を行う職業です。

僧侶を取りまとめて葬儀や法事で読経を行うなどして故人を供養し、安らかに成仏させる役割を担います。僧侶から住職になるためには、まず僧侶になる必要があります。僧侶になるには、まず自身のなかで仏教への理解や信仰心を深めたうえで、仏門に入る許可を得るための得度と呼ばれる儀式を受けます。仏教への知識を深めるためには仏教系の専門学部のある大学で学ぶことが一般的です。得度を受けた後に、寺院に奉職し厳しい修行を終えると晴れて僧侶になることができます。

これまで寺院の大きな収入源であったお布施や檀家制度は、だんだんと時代に合わなくなってきました。もっと気軽に仏教に親しんでもらうため、マインドフルネスやメンタル・マネジメントの観点などと合わせて勉強会やイベントを開く住職や僧侶もいます。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。