「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 26
平均年収410万円

庶民文化研究家とは、主に近現代の一般庶民の生活様式を研究対象とし、起源や歴史を調査・分類したり、博物館や出版物などを通して情報発信をしたりする職業です。

研究以外にも、昔の雑貨品を収集したり、古い建築物を撮影して保存するなどして、後世に文化を伝えていくことも重要な仕事です。最近は、古民家や銭湯、駄菓子屋などの失われつつある庶民文化が再評価されてきています。そのため、テレビや雑誌などのメディアで取り上げられることも多々あり、その際に専門家として解説を求められることもあります。

時代設定の古い映画やドラマの製作において、時代考証を担当するのも庶民文化研究家の仕事の一つです。

平均年収410万円

資格コンサルタントは、様々な資格の調査や取得をする職業です。

資格の専門家であり続けるために、多種多様な資格を取得します。そのために、資格の情報を集め、取得を目指す資格を選定します。さまざまな資格を保有していることが求められる仕事であるため、常に資格取得に向けた勉強を行っています。

資格の取得数が多くなると、勉強法についての情報発信や、資格運営組織に対するコンサルティングなどの仕事を行います。

平均年収286万円

チアリーダーとは、スポーツ会場で元気な掛け声とともにダンスやアクロバティックなパフォーマンスを行い、応援を盛り上げる職業です。

チーム専用の衣装を身にまとい、ポンポンを両手に持ちながら音楽に合わせてパフォーマンスを行います。一般的にバレエやダンス経験者からチアリーダーになる人が多いですが、未経験から始める人もいます。

野球やバスケットボール、アメリカンフットボールなどでは、チームごとにチアリーダーのチームがあり、オーディションに合格することでチームに所属します。専業のチアリーダーは日本ではまだ少ないのが現状ですが、最近ではプロスポーツチームと専属マネジメント契約を結ぶ人も現れています。

平均年収1,288万円

都道府県議会議員とは、各都道府県議会において政策立案や重要な条例の制定、予算などの議決をする職業です。

議決結果通りに行政が活動しているかをチェックしたり、議決内容などを県民に報告したりするのも都道府県議会議員の仕事です。財政や教育、福祉、経済、環境などにおける課題を日々調査・研究し、政策を立案し実行します。

市議会議員や国会議員秘書などの経験者が多く、その後、国政に進出する議員もいます。都道府県議会議員になるには選挙に当選しなければなりませんが、近年定員割れをする選挙区が増えてきており、無投票当選する議員も少なくありません。

平均年収668万円

市議会議員とは、市民の声を市政に反映させるために地方行政を担う職業です。市の財政や教育、福祉、経済、環境などにおける課題を日々調査し、政策の立案・実行まで行います。

地元の名士や教育者など、地域や歴史をよく知る人がなることが多く、また国政にでる第一歩として目指すこともあります。駅や商店街などでの街頭演説や講演会で、市政に対する考えや議案を市民に訴えるのも仕事の一つです。そのため、祭りや市民集会などに参加し、市民の声を集め議案を作成します。

市議会議員は基本的に専業で行うことが一般的ですが、中には農業や会社経営などとの兼業で行っている人もいます。ヨーロッパの一部の国では、地方議員は無報酬のところもありますが、日本では報酬が支払われます。

青年海外協力隊とは、独立行政法人・国際協力機構(JICA)のボランティアとして、発展途上国にて自らの経験や知識を使い活動する職業です。アジアをはじめ、中近東、中南米、アフリカ、太平洋の諸島諸国などのさまざまな地域に赴き、住み込みで業務を行います。

活動期間は大きく分けて、原則2年間の「長期」と、1年未満の「短期」の2種類があります。地域や目的、必要とされているスキルごとにさまざまな募集があり、ボランティアではありますが、生活費や住居が用意されることも特徴です。

案件は、コミュニティー開発、観光のサービス向上促進、医療支援、防災・災害対策、上下水道の整備、教育支援、森林保全、スポーツ指導など、さまざまなものがあります。「日本国籍を持つこと」と「満20歳から満39歳であること」が基本的な応募条件となっています。

平均年収330万円

キャンプコーディネーターとは、自らキャンプを実践しキャンプの魅力を伝え、依頼者のキャンプをコーディネートする職業です。

近年人気が高まっているキャンプですが、その人気に一役買っているのがキャンプコーディネーター。日常的にキャンプ場に足を運び、自らのキャンプの様子を写真や動画に記録します。撮影した写真や動画を活用して、YouTubeやInstagram、ブログなどで、キャンプの魅力を発信するのです。

キャンプコーディネーターの中には、企業から依頼を受けてテントサイト(テントを貼るエリア)のコーディネートを行ったり、キャンプ用品のプロデュースを行ったりする人もいます。

平均年収572万円

花火師とは、花火の製造や打ち上げ、花火大会の準備・運営を仕事とする職人です。

夏の花火大会や結婚式、スポーツ大会などのイベントの場で花火の打ち上げを行います。依頼の少ない冬場は花火の製造を行うことが一般的です。花火師の仕事は伝統的な職人技ですが、最近ではコンピューターを使って花火を打ち上げることが主流となり、IT化が進んでいます。

花火師になるには、煙火事業所に就職し「煙火消費保安手帳」の交付を受けることが必要です。しかし多くが小規模事業者であり求人が出ることは希なので、積極的に問い合わせをするなど、自ら門戸を叩く情熱が求められるでしょう。

平均年収388万円

せり人とは、卸売市場で行われる「せり」を取り仕切り、商品の値段を適切に決定する職業です。

せりは、「手やり」と呼ばれるハンドサインを用いる商品取引方法のひとつ。せり人は、手やりで伝えられる複数の買い手の希望価格を数秒のうちに把握し、一番高い値段をつけた業者にその商品を販売します。おもに水産物のせりで行われる方法です。他にも、野菜や果物のせりは「見本せり」、肉や花卉のせりは「機械せり」とよばれる方法を用いており、「せり」は取り扱う商品により複数の方法があります。

せり人は、おもに卸売業者に就職し業務を行います。すぐにせりを取り仕切る仕事は行わず、数年をかけて知識と経験を積み、まずは所属市場に定められた資格の取得を目指すことが一般的です。

平均年収261万円

交通量調査員とは、国や自治体の施策のため、あるいは企業の新規店舗出店にともなう立地調査のために必要となる、交通に関する情報を集める職業です。

具体的には、交差点の一角に座り、カウンターとよばれる複数のボタンが横並びになった機械を持ち、目の前を通り過ぎる車を確認していきます。乗用車・貨物車・原付・自動二輪など、車種ごとに振り分けられたカウンターのボタンを、通行していく車に応じて押しカウントしていく仕事です。歩行者をカウントする場合もあります。

交通量調査員の多くがアルバイトでの就業です。調査を専門とする企業や派遣会社に登録し、業務が発生したときに依頼連絡がきます。ひとりで黙々と行う作業であるため、副業として人気のある仕事です。

ミステリーショッパーとは、顧客からサービスに対する感想がほしい店舗経営者などから依頼を受け、一般客として店舗に来店し、来店の目的を悟られないように通常のサービスを体験し、感想や改善案などを報告書に取りまとめる職業です。

業界専門のコンサルタントとして企業に所属することもありますが、多くの場合、ミステリーショッパーを専門とする調査企業や、コンサルタント企業に登録し、アルバイトとして業務件数に応じた報酬を得ます。収集されたデータを解析し、報告書を作成する内勤業務もあります。

店舗の良い点も悪い点も隠すことなく伝え、クライアントとともに業績やサービスの改善を測るミステリーショッパーの仕事。店舗を経営する企業にとって大事な顧客の視点と、専門家としての視点を兼ね揃えたコンサルタント業務といえるでしょう。

平均年収312万円

探偵とは、企業や個人からの依頼を受け、調査をする職業です。

警察とは違い、浮気調査などの民事案件を扱います。興信所や探偵事務所に勤務し、個人の身辺調査や企業のリスクマネジメントに関わる調査などがを行うことが一般的です。

探偵になるには、探偵事務所などの求人に応募する方法や、探偵の専門学校を卒業し、就職を斡旋してもらうこともあります。また、公安委員会への届出を出せば、独立開業することも可能です。

平均年収816万円

環境活動家とは、地球温暖化や公害問題、動物保護問題など、あらゆる環境問題の解決のために環境保全活動を行う職業です。

環境保全のための講演活動から研究活動、植林などの実地活動まで幅広い仕事があります。NGO団体や公益財団法人などで働くことが多いですが、個人で活動する人もいます。

近年では、地球温暖化防止を訴えて学校ストライキを行った、スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさんが有名になり、環境活動家への注目が集まっています。

極地冒険家とは、北極地方や南極大陸の冒険や探検を行う職業です。元々は北極圏や南極大陸の実地調査や研究、観測のために行われるものでしたが、現代ではスポーツに近い目的で行われることもあります。

極地という人類未踏の場所へ出かけ新たな発見をすることを目的に、氷に囲まれた過酷な環境の中、徒歩やソリでひたすら進み続けます。ときには命を落とす危険と向き合いながら、無事に帰還しなければなりません。

極地冒険には多くの費用が必要となるため、書籍を出版したり、テレビ出演や講演を行ったりする冒険家や探検家もいます。有名になるとスポンサーがつくこもありますが、最近ではクラウドファンディングで資金を集める極地冒険家も出てきています。

平均年収679万円

プロゲーマーは、eスポーツなどのゲーム大会に参加し報酬や賞金を稼ぐ職業です。

得意分野のゲーム内容や攻略方法を研究し、ゲーム操作の腕をみがきます。またゲーム会社とスポンサー契約をして、イベント実演や講師を行うことも。攻略本の出版やゲームの開発に携わることもあります。

最近ではeスポーツとしてゲーム競技が世界的に広がっており、大会での賞金が数億円に及ぶこともあるのです。アメリカ、中国、韓国など強豪国のプレイヤーとの競争も激化しています。

ダンサーとは、音楽や演出に合わせて踊ることにより収入を得る職業です。ダンスによって舞台やイベントをより華やかにしたり、人に感動を与えたり、新たな価値を生みだすことのできる仕事といえます。

基本的なダンスステップや身体の使い方はもちろん、表現力や個性も必要で、ダンスの専門学校や個人スクールなどでその技術を学ぶのが一般的です。激しいダンスにも耐えうる体力やストレス耐性、ダンスで芸術を表現しようという情熱も求められます。

プロダクションやダンススタジオへ所属したり、フリーランスで活躍したりと、働き方はさまざまです。しかし共通していることは、完全実力主義であること。実力が認められたダンサーは仕事が増え、労働単価も上昇します。一方で実力が認められていないダンサーは仕事も収入も少ないことが現実です。ダンスに関する正しい知識を蓄えれば、自らが第一線でパフォーマンスを行うのではなく、振付師やダンス指導者の道を選ぶこともできます。

平均年収383万円

宮大工とは、神社や仏閣、城郭といった文化財の建築・修繕を専門とする職業です。職業名にある“宮”は、神社や仏閣が“お宮さん”と呼ばれることに起因します。一般的な大工に比べ、木材に関する専門知識と高度な加工技術が求められます。

宮大工の仕事は、「文化財の建築・修繕」と「一般住宅の建築・修繕」にわかれます。神社などの歴史的建造物は、補強材や釘を使わない“木組み工法”により建築されるため、現在主流となっている“在来工法”が使えません。よって、“木組み工法”の技術を身につけた宮大工が建築・修繕を請け負います。

木材のみで、住宅の建築を希望する人もいます。その場合、宮大工が建築を請け負い、完成後の補修まで対応するのが一般的です。求められるスキルは通常の大工と変わりませんが、一人前になるまで、最低でも10年の修行が必要とされます。なお、各地の文化財を渡り歩くことから、宮大工は“渡り大工”とも呼ばれます。

レーシングドライバーとは、レーシングカーを操作し自動車レースに出場する職業です。レースで好成績を出すことで、実績を築き、賞金も多く稼げるようになります。

主にスポンサーからの資金によって活動を行います。レース成績、運転技術、知名度などによって報酬は変わります。トップレーサーでは年収50億円を超える選手もいますが、完全実力主義のため、結果を残せないレーシングドライバーもいます。その場合、自動車メーカーやタイヤメーカーなどのテストドライバーとして、収入を得る場合もあります。

自動車レースは、事故やアクシデントといった危険性があります。大けがをすることや、命を落とすリスクと隣り合わせであるぶん、成功を収めたときの名声は大きなものです。大きなリスクとどう向き合うかも、レーシングドライバーとして必要なことなのです。

平均年収330万円

占い師とは、専門的な占いの技術を用いて、依頼者のあらゆる悩みに対してアドバイスを行う仕事です。スピリチュアルな能力を使った占いを専門とする場合もあれば、「四柱推命」などの統計学に近い理論を専門とする場合もあります。

日本において占いは「詐欺」や「インチキ」などの偏見を受けていました。しかし現在は緩和傾向にあり、占い師の職業も多様化しています。フリーランスとして個人店を構えたり、時間持ち回り制で複数の占い師が所属する店舗で働いたり、Webサイトへの寄稿、Web占いサービスなど、あらゆる仕事が出現しています。

常に占いの技術を学び向上させ、時代に沿ったニーズをつかみ、顧客に提供していく必要があります。顧客の、極めて個人的な情報を扱う場合もあることから、顧客情報の管理能力と、顧客のニーズに沿って的確なアドバイスをすることに努めるという正義感が必須となります。

トレイルランナーとは、山などの舗装されていない自然の路面を走るトレイルランニングのプロアスリートです。主にトレイルランニングのレースに参加し、そこで実績を残すことによって企業からスポンサードを受けたり、競技の普及活動を通して得られる資金によって生計を立てます。

近しい競技にクロスカントリーがありますが、クロスカントリーは舗装されていない路面と人口的な障害物があるコースで行われるのに対し、トレイルランニングは舗装されてない路面と自然の障害物、また激しい高低差がある路面で行われます。そのため、山で起こりうるあらゆるストレスに耐え、トラブルを回避し、解決する能力は、トレイルランナーにとって必須能力となります。

クロスカントリーに比べて、トレイルランニングは日本での知名度がまだ低く、プロアスリートとして生計を立てることは容易ではありません。しかし、近年欧米を中心にトレイルランニングのオリンピック正式種目採用に向けて活発な活動が行われており、競技者人口も増加していることから、トレイルランナーは将来性のある職業だといえるでしょう。

平均年収388万円

ボードゲームソムリエとは、豊富なボードゲームに対する知識を用い、様々な状況で最適なボードゲームを提案・提供する職業です。

クライアントの要望にあったボードゲームの選定だけでなく、オリジナルゲームの開発も行います。まだ認知度の低い職業であるため、自身のサービスを世の中に発信していく必要があります。ボードゲームが好き、良さを広めたいという強い熱意と、誰よりもボードゲームについて詳しいという知識量が求められます。

ボードゲームのプロとして、テレビ、雑誌、web媒体、講演会などあらゆる場面で活躍できます。娯楽を紹介するエンターテイナーとしての仕事だけでなく、企業から依頼を受けボードゲームデザイナーとして作成に携わることもあります。

平均年収312万円

ライフセーバーとは、水辺で起こる事故を防ぎ、事故が起こった場合はただちに救助活動を行う職業です。

広い監視範囲の中でも危険や事故を発見する状況把握力や、溺れた人や倒れている人を早急に安全な場所へ運べる体力と筋力が必要です。また、救助に関わる人々との連携を円滑にするコミュニケーション能力や、応急処置を行う医療知識も必要となります。

活躍の場は夏の海に限らず、プールでの監視や巡回、水難事故防止を目的とした一般へ向けての講習会、後任育成のための支援など多岐に渡ります。ライフセーバーは、海外では公務員として扱われている国があるほど、水辺の安全を守る重要な意義を持った仕事です。

平均年収370万円

庭師は、庭を1つの造形空間として設計、施工、制作し、その後の植物の生育を管理して定期的に剪定して景観を造りあげる職業です。

造園業者が建築会社の下請けとして注文された通りに庭作りを行うことが多いのに対し、職人的な性格の強い庭師は、ゼロベースから設計を行うところが特徴です。造園会社に就職して造園業としての経験とスキルを積み、独立するという流れが一般的で、徒弟制度も色濃く残っています。

洋風建築の増加に伴い、昔ながらの日本庭園を造ったり手入れするニーズはだんだんと減っているのが現状です。個人邸宅にかぎらず、商業施設や公共施設の広場や植え込みなどさまざまな景観づくりに、庭師としての専門性が活かせるよう、視野を広げチャンスを掴むことで活躍の場が広がるでしょう。

平均年収738万円

茶道家は、茶人ともいわえれ、日本の伝統的なおもてなしである「茶道」を今に伝え、おもてなしをする仕事です。

表千家、裏千家、武者小路千家などの三千家と言われるそれぞれに流派があり、流派によって作法や立ち居振る舞いが変わります。茶人はそぞぞれの流派に入門し、茶道の技術を磨きます。主にイベントとして茶会を開催したり、ゲストとして招待されるなどで参加者にお茶を振る舞うことや、茶道教室で茶道を教えることなどが主な仕事内容です。

茶道といえば、抹茶を茶の湯だが、江戸時代以降は煎茶を用いる煎茶道も存在します。最近では日本へ来る外国人観光客に人気が高く、日本の伝統文化として積極的に海外へ茶道を発信する茶人も多く現れている。

平均年収1,047万円

区議会議員は、区民の意思を区政に反映させるため、区議会を構成して区民生活のさまざまな課題について審議し、どう処理すべきか決定する職業です。

区議会議員は4年ごとの選挙によって区民の中から選出されます。議員の定数は区の条例で決定され、たとえば世田谷区は定数50人です。区議会議員になるには、引き続き3カ月以上区内に住んでいる満25歳以上の日本国籍を有する者であることが条件で、特別な資格や学歴がなくとも誰でも立候補できます。

選挙に当選するには、地域のために長年活動し信頼を確立してからでないと難しいのではと思うかも知れません。しかし区によっては倍率がそこまで高くないところもあり、また20代・30代の若手議員自体が相対的に少ないことから、経験が浅くともシンプルに力強く想いを訴えることで当選にぐっと近づきます。愛する区をより良くしていきたいという強い責任感と、区政に関わるさまざまな分野の問題について自ら学ぶ向上心を持っている人が向いているでしょう。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら