「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「製造・建設業務」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収488万円

レストア技術者とは、クラシックカーや生産中止となった自動車を修復し、公道を走れる状態にまで仕上げる職業です。車体、エンジン、足回り、内装、板金、塗装といった、車に関する幅広い技術と知識を用い、もう動かないはずの自動車を蘇らせます。

レストア(restore)とは回復・復活の意味の英単語で、車を扱う技術者の中でも「復元」に特化した仕事です。古い車を扱うため、既に生産されていないパーツが必要になる場合もあります。どのような形状かも分からないパーツを、想像力と知識を駆使し一から作り出さなければならないこともあります。

依頼者の車に対する思いを理解し、一歩一歩修復に向かって情熱を持って進んでいける、根気と熱意が必要です。時には一台の修復に年単位の時間がかかることもある自動車修復。自らの手で車を復元し、公道を走れるまでに仕上げることができれば、大きな充実感を得ることができるでしょう。

平均年収488万円

レーシングメカニックは、レーシングカーの整備や調整を行う職業です。自動車に関する高度な理解と整備技術が求められます。大学や専門学校で機械工学を学び、自動車メーカーに就職しレーシングチームに入るなどして仕事に就くことが一般的です。

高速で走るレーシングカーの間近で仕事をする特性上、命の危険が伴います。また整備ミスが車体の故障、クラッシュにつながるため、レース期間中はいかなる時も集中力を切れません。多くの場合チームで働くため、円滑に仕事を行うためのチームワーク力やコミュニケーション能力も必要になります。ちなみにレーシングメカニックのリーダーはレーシングエンジニアと呼ばれます。

世界中が注目し、高額な賞金もかけられることがあるカーレース。レーシングメカニックは、そこに欠かせない“裏方”として、最も大切な仕事と言えるでしょう。

平均年収488万円

カーチューナーは、顧客の要望に沿いエンジンやパーツを交換することによって、自動車性能を上げる職業です。

顧客が希望する自動車性能に近づけるために、専門のカーチューニング知識を用いて適切な提案をし、カーチューニングを行い、試乗後に納車します。カーチューニングに関する知識や、自動車整備の知識、顧客から要望を聞き出す傾聴力やコミュニケーション能力などが必要です。

車のチューニングはメンテナンスと違い、車にとって必ずしも必要なものではありません。顧客は愛車の性能をより高めて、かっこよくしたいという思いで依頼をするため、顧客要望を正確に把握する必要があります。顧客の気持ちを正しく理解できるかが、カーチューナーにとっては重要なスキルなのです。

平均年収488万円

カスタムメカニックとは、主に自動車のカスタマイズを顧客要望に沿って行う職業です。

板金・溶接・塗装・機械工などの技術を用い、流行りや顧客要望に応じてホイールやサスペンション、マフラーなど、自動車のカスタマイズを行います。カスタマイズ技術はもちろん、顧客の希望を聞き出す傾聴力、精密機械を扱う上で必要な手先の器用さ、頭の中に描いたカスタムデザインを実際に作り上げる表現力などが必須です。

自分のアイデアによって顧客の車をカスタマイズし、顧客に喜んでもらえるカスタムメカニックの仕事は、自動車やそのカスタマイズが好きな人にとっては非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収640万円

建築技術者は、主に建築業に従事する専門的技術者の総称であり、建築士や建築設備技術者などが含まれます。建物の建設や改修、維持に関する計画や設計、工事監理、技術指導、施工管理、検査などを行います。

建築に関連するさまざまな分野において即戦力となる技術者のニーズが高まっていますが、公共建築工事の経験や関連資格を求められることがありますので、職場に勤務しながら関連資格を取得しておくことが推奨されます。専門分野だけにとどまらず、建設全般に関して高度な応用能力を備えておくと、建築コンサルタントなどへの転身もはかれます。

近年では、東京ディズニーリゾートでおなじみのオリエンタルランドのようなアミューズメント企業でも、建築技術者のニーズが高まっています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収465万円

CADオペレーターとは、「CAD(Computer Aided Design)」という図面作成ソフトやシステムを使い図面や3Dデータを作成する職業です。

CADの操作を専門的に行う仕事ですので、設計者やデザイナーの指示に従いCADで製図します。数値や仕様に変更があればデータを修正し、作成した製図データはいつでも確認したり共有できるよう管理します。建築のほか、自動車、通信機器などの工業製品で使われているイメージが強いCADですが、家具やアパレルデザインなどでも幅広く使われています。

近年、AIによる自動化により、製図やデータ管理の効率化が進んでいます。そのため、今後は2Dだけでなく、より難易度の高い3D CADを扱ったり、設計・デザインの技術を習得したりすると仕事の幅が広がっていくでしょう。