「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「施工管理・生産管理」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収739万円

二級建築士は、都道府県知事の免許を受けて、主に戸建て住宅の設計・工事監理を行う職業です。

ただし、国土交通大臣の免許を受ける一級建築士と違って、マンションや高層ビルなど、一定規模以上の建築物については設計・工事監理を行うことができません。小規模な建物の設計を専門に扱うことから、実際に住む人の立場や意見を尊重しながら、注文住宅の新築や中古住宅のリフォーム工事を請け負うことが多いという特長があります。

小規模な木造建築しか扱えない木造建築士という資格もありますが、住宅の設計を行いたい人が最初に取得を目指す、最も一般的な資格が二級建築士です。

平均年収639万円

宅地建物取引士(宅建士)は、主に不動産会社で、土地や建物の売買、賃貸物件の紹介を行い、契約者へ契約書の内容説明などを行う職業です。

宅地または建物の売買や交換、貸借、管理などの不動産取引に際して、取引当事者の利益を保護し、宅地または建物がスムーズに市場で流通するよう、重要事項の説明などを行います。同じ宅建士でも契約行為以外の仕事をしないケースや、営業活動から契約行為までを行うケース、金融機関で不動産担保ローンに関わる業務を行うケースなど、職場によって業務内容が異なります。

宅建士の免許登録は一度行ってしまえば一生有効ですが、 宅建士証(宅地建物取引士証)の有効期間が5年なので、以降は法定講習を受講し、免許を更新する必要があります。

平均年収370万円

造園業は、個人邸宅や料亭、ホテルなどに華やかな庭園を造ったり、美しい街並みを維持するため街路樹を剪定したりと、緑化全般に関わる仕事です。

造園作業は、主に屋外がメインであり、高所作業も伴います。そのため、体力や平衡感覚に自信のある人が向いてるといえます。また、庭園の設計や造園工事全体の指揮監督を行う場合は、植木や草花の特徴や扱い方に関する知識だけでなく、石材などの資材に関する知識も必要です。全体の配置や剪定の場面では、空間把握力や美的センスなども問われます。

緑化需要の高まりに伴い、庭師や植木職人など従来からの小規模事業者だけでなく、大規模な造園工事を手掛ける専門事業者、大手ゼネコン、不動産会社、商社など、異業種からの兼業事業者も参入しています。大手造園会社などでは、高付加価値化を図るため、造園施工管理技術士や造園技能士などの国家資格保持者を確保し、緑化ノウハウを生かす人材の育成が行われています。

平均年収488万円

自動車整備士は、安全に自動車を走行させ、排気ガスによる環境汚染を防ぐために、車体や部品等の整備・調整を行い、事故車などの修理を行う職業です。

分解整備は高度な技術が求められるため、道路運送車両法により、自動車分解整備事業を営む事業者に対して、国家資格を保有する自動車整備士を一定数以上配置するように定められています。資格の等級は、整備対象となる自動車の種類や要求される技能レベルに応じて、大まかに一級、二級、三級および特殊整備士に分類されます。

主に、二級ガソリン自動車整備士と二級ジーゼル自動車整備士の需要が高いものの、人材が不足しているため、厚生労働省が養成施設の受講費用の一部などを給付する「専門実践教育訓練」の指定講座にも選ばれています。世界的な規模で技術コンテストなども開催されており、車のスペシャリストとして技術と知識を積み重ねていくことができます。

平均年収488万円

航空整備士は、航空機の点検や整備を行う職業です。整備した航空機について、強度や構造、性能が、国の定める安全基準に適合していることを確認するのも重要な仕事内容のひとつです。ちょっとした不注意が大事故につながりかねないため、重大な責任を負いながら、慎重に丁寧に確認作業を進めます。

航空整備士の資格には、一等航空整備士、一等航空運航整備士、二等航空整備士、二等航空運航整備士があり、航空機の種類や等級により携わる業務範囲が決まります。航空整備士になるには国家試験に合格する必要があります。高校卒業後、専門学校や大学の理工系学部に進学し、航空整備会社などで実務経験を積んだ後、受験するのが一般的です。

LCC(格安航空会社)の需要増加や、初の国産ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の開発により、国内の航空整備拠点における整備士の需要が、今後さらに高まると予想されます。

平均年収640万円

建設コンサルタントは、ダムや防波堤、道路などの大規模な建設事業に際して、専門知識や高度な技術を駆使しながら事前調査や計画、企画立案を行い、総合アドバイザーとして依頼者をサポートする職業です。

同じ建設コンサルタントという職業でも仕事内容は細分化されています。主に土木に関する21部門の全部あるいは一部について、一定の要件を満たした場合には、国土交通大臣の登録が受けられます。登録をしなくても建設コンサルタントとして営業活動を行うことはできますが、発注者の大半が地方自治体を含む官公庁であるため、公共事業の競争入札に参加するためには登録が必要です。

打ち合わせや調査のため、国内出張や海外出張が多いため、旅行好きの人にはお勧めの仕事です。

平均年収589万円

一般計量士は、計量法に基づく経済産業省所管の国家資格であり、計量機器の精度管理や正確な数値測定を行う職業です。

計量士の資格を取得するには、計量に関する実務経験を経たのち、所定の教習を受講するか、国家試験に合格する必要があります。試験の合格率が20%前後と、難易度の高い資格といえます。資格がなくても計量業務を行うことはできますが、計量士の資格があれば「計量管理者」として高度な役割を担うことができます。

企業の製品生産工場や百貨店、スーパーマーケットなどで使用される計量機器類(長さ計・質量計・体積計・温度計など)の精度管理や測定計画の策定、実施など、計量管理を担います。もし都道府県による立入検査などで、計量法で許される範囲の誤差(量目公差)を超えて量目が少ない商品があった場合、販売事業者などに勧告・公表・改善命令を行うことがあります。

平均年収589万円

環境計量士は、計量法に基づく経済産業省所管の国家資格であり、振動、騒音、その他公害に関わる数値を正確に計量・管理する職業です。

計量士の資格を取得するには、計量に関する実務経験を経たのち、所定の教習を受講するか、国家試験に合格する必要があります。資格がなくても計量業務を行うことはできますが、計量士の資格があれば「計量管理者」として高度な役割を担うことができます。

環境計量士には、主に化学知識をベースに化学物質の濃度を計量する「環境計量士(濃度関係)」と、主に物理知識をベースに騒音・振動を計量する「環境計量士(騒音・振動関係)」の二種類があります。

平均年収639万円

マンション管理士は、マンション管理組合の役員や居住者、行政担当者などから相談を受けて、管理組合の運営や建物の構造上の問題などについて、専門家の立場から助言を行う職業です。コスト削減のためのアドバイスや技術的な指導、交渉サポートなどの仕事を行います。

合格率1割弱という難易度の高い国家資格ですが、少子高齢化による人口減少やタワーマンションの増加、外国人居住者の増加、民泊トラブル、大規模災害に向けた安全対策などにより、マンションを取り巻く諸問題を解決できるプロフェッショナルとして需要増が見込まれます。

マンション管理業や不動産業に従事する会社員との兼業が多く、マンション管理士としての専業者の数は多くありません。似たような資格で「管理業務主任者」がありますが、こちらはマンション管理会社側を支援する職種であり、マンション管理士とは異ります。また、常駐のマンション管理人も別の仕事です。

平均年収706万円

農産物品質管理者とは、主に植物工場にて農産物の品質を管理する職業です。仕事内容は多岐にわたり、農産物の品質を向上させることに関わる工場内の仕事の全般を行います。

完成した農産物が規定の基準に達しているかの確認から始まり、生産過程のあらゆる情報を精査し品質の向上方法を検討します。また、カスタマーサポート対応を行い顧客の意見を検討・対策するなど、多くの情報を取り入れそれを活用することが重要です。

また同僚と意見交換をしより良い改善方法を検討するなど、コミュニケーション能力も大切になります。品質のみならず、生産効率の向上や、廃棄の削減も目的であり、農産物品質管理者は植物工場において欠かせない存在なのです。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収640万円

環境コンサルタントとは、建設及び開発工事にともなう社会環境や自然環境への影響について、調査・予測を行い、影響を最小限に抑える環境保全策を企画立案する職業です。

環境コンサルタントが活躍する分野は多岐にわたります。工事以外にも、製品そのものや企業活動が環境に及ぼす影響について検討して対策を立てたり、企業としての環境保全の取り組みをサポートしたりするコンサルタントもいます。また、法令違反がないか調査し、必要があれば改善指導をします。そのほかにも、自治体や一般企業の環境政策をはじめ、環境ビジネスの企画提言や、地域住民の相談業務を行います。

近年、二酸化炭素の排出規制を行うカーボンオフセットなど、環境保全に対する意識が地球規模で高まり、規制も増えています。特に大規模開発において、環境コンサルタントは、クリーンな環境を未来に残すための重要な役割を担っています。

平均年収639万円

不動産鑑定士とは、土地や建物などの不動産の経済価値を見極め、価格を算出する職業です。

登記簿や地質などの情報や土地の利用計画などから、その不動産の価値を調べます。依頼者から預かった不動産の運用や活用コンサルティングを行ったり、公的機関から業務を請け負ったりします。また、個人の相続税や固定資産税に関する不動産の評価や、企業の資産評価も行う場合があります。

文系三大国家資格と呼ばれる弁護士・公認会計士・不動産鑑定士の中では、需要と供給のバランスがもっともとれていると言われ、仕事も増加傾向にあります。

平均年収399万円

土木作業員とは、建築工事や道路工事、ダムの建設など土木工事の現場で働く作業員です。

建築資材の運搬や穴を掘る作業など、基本的に力仕事になるので相応の体力が求められます。重機などの免許を取得している場合は、ショベルカーや掘削機械などを操作して作業を行います。

これまで男性ばかりだった作業現場にも、分業による身体的負担の軽減や職場環境の改善により、少しずつ土木系女子(通称「ドボジョ」)が増えてきています。

平均年収568万円

電気工事士とは、世の中のあらゆる電気設備の施工や保守を行う職業です。

仕事内容は大きく分けて、鉄道電気工事と建築電気工事があります。鉄道電気工事は、鉄道に必要なあらゆる電気設備の施工や保守業務を行います。建築電気工事は、新築や既存の建物の電気設備の据付や保守・点検などをを行います。

近年、環境に配慮した太陽光発電を始めとする自然エネルギーへの切り替えや、産業の発達による電気エネルギー需要の増加などで、電気工事士の需要もますます増加しています。

平均年収640万円

建設現場監督とは、建設現場の責任者として、原価・工程・品質・安全の管理を行う職業です。

建設工事を計画通りに実行するために必要なあらゆる管理を行います。工事の前には地元住民への説明会や問い合わせの対応も行い、工事が円滑に進むようにケアします。工事現場が大きくなるほど複数の業者や作業員が出入りするため、現場を統率する現場監督の役割は重要になります。

一般的に現場監督は建設会社の社員として働きますが、最近では1級建築士や1級建築施工管理技士などの専門資格を持ち、フリーランスで働く人も増えています。