「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

職業の種類

職種

フリーワード

「輸送・機械運転・運搬・清掃・包装等」の職業一覧

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら

平均年収218万円

清掃員は、オフィスビルや商業施設、ホテルの客室、公衆トイレ、商店街の通路、個人宅などを専用器具と洗剤を使って清掃する職業です。クリーンキーパーと呼ばれることもあります。

家事代行として個人宅の清掃を単独で任される仕事もあれば、新幹線のわずかな発着時間内に複数人のチームで素早く車内清掃を行う仕事もあります。高層マンションの窓拭きなどクレーン車を使う高所作業や深夜の道路清掃など、さまざまな場所で仕事があるため、自分に合ったタイプの仕事を都合の良いシフトで選べます。

体力勝負の仕事ですが、綺麗になった達成感と、施設利用者からの「いつもありがとう」の一言にやりがいを感じられる仕事です。

平均年収493万円

クレーン運転士は、工場や港湾、建築現場などで、クレーンを運転・操縦し、人力では運搬できない重量物を運搬・移動させる職業です。事業所によっては荷物の移動だけでなく、部品の組み立てなどを任される場合もあります。

一定以下の小規模クレーンについては、所定の学科講習や実技講習、特別教育を受講することで運転・操作ができますが、それ以上の規模のクレーンになると、クレーン運転士免許試験(学科および実技)に合格し、国家資格(免許)の交付を受ける必要があります。

土木工事や建設工事現場などで需要が高い仕事なので、免許の取得費用は 入社後に会社が全額負担してくれることもあります。

平均年収965万円

航空機パイロットは、旅客機や貨物機を操縦し、人や貨物を目的地まで安全に運ぶ仕事です。

出発前に気象データや空港の状態、航空機の整備状況などを把握し、機長と副操縦士の二人で分担して離陸の準備をします。
客室内の準備が整い、離陸の指示がでたら離陸します。
飛行中はフライトプランを基に、航空管制官と連絡を取り合いながら安全な航行を確保します。
着陸後は、飛行中の機体状態を整備担当者に共有し、フライトの振り返りと飛行日誌の記入を行います。

最近は自動運転システムの発展により、運転は比較的容易になっています。
パイロットへの負担が軽減される一方、従来より安価なプライベートジェットなどの開発も進み、航空機パイロットの需要がより一層進むものと思われます。

平均年収368万円

トラック運転手は、個人や法人などから依頼を受けた荷物を、トラックを運転して荷揚げ場所から荷卸し場所まで確実に配送する仕事です。

宅急便などの小包だけでなく、引っ越しの荷物から建築使われる大きな構造物、危険物に指定されるガソリンや高圧ガスなど様々な種類があり、それに合わせて小型、中型、大型、長距離、宅配、冷凍冷蔵車やタンクローリーなど、使用するトラックや積載量が変わったり、距離などにより種類や必要な免許も変わります。

以前よりトラック運転手の過酷な労働環境が問題になっていますが、最近では労働時間の短縮や有給休暇の取得など少しずつ働きやすい環境が整ってきています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収469万円

ドローンパイロットとは、小型無人航空機・ドローンを遠隔操縦することでクライアントの要望をかなえる職業です。測量会社や建設会社、ドローン製造会社に勤務しながらドローンパイロットとして仕事をしたり、フリーランスで活躍したりと活動の幅は広くあります。

日本においてドローンパイロットといえば、主にドローンに搭載したカメラを用い動画の空撮を行う仕事を指しますが、その他にもドローンに農薬を搭載し作物への農薬散布を行ったり、上空からの測量に用いたり、エクストリームスポーツやサーフィン大会の撮影、配達員を必要としない宅配方法として活用されるなど、ドローン操縦士は現在あらゆる用途で必要とされています。

ドローンを飛ばすこと自体に特別な免許は必要ありませんが、ドローン操縦士への仕事の依頼は、「資格があること」が条件となる場合がほとんどです。ドローン関係の資格は数多くありますので、資格を取得することによってキャリアアップも見込めます。まだまだ就業人数の少ないドローン操縦士は、社会から強く必要とされる職業なのです。