「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 19
平均年収293万円

清掃員は、オフィスビルや商業施設、ホテルの客室、公衆トイレ、商店街の通路、個人宅などを専用器具と洗剤を使って清掃する職業です。クリーンキーパーと呼ばれることもあります。

家事代行として個人宅の清掃を単独で任される仕事もあれば、新幹線のわずかな発着時間内に複数人のチームで素早く車内清掃を行う仕事もあります。高層マンションの窓拭きなどクレーン車を使う高所作業や深夜の道路清掃など、さまざまな場所で仕事があるため、自分に合ったタイプの仕事を都合の良いシフトで選べます。

体力勝負の仕事ですが、綺麗になった達成感と、施設利用者からの「いつもありがとう」の一言にやりがいを感じられる仕事です。

平均年収493万円

クレーン運転士は、工場や港湾、建築現場などで、クレーンを運転・操縦し、人力では運搬できない重量物を運搬・移動させる職業です。事業所によっては荷物の移動だけでなく、部品の組み立てなどを任される場合もあります。

一定以下の小規模クレーンについては、所定の学科講習や実技講習、特別教育を受講することで運転・操作ができますが、それ以上の規模のクレーンになると、クレーン運転士免許試験(学科および実技)に合格し、国家資格(免許)の交付を受ける必要があります。

土木工事や建設工事現場などで需要が高い仕事なので、免許の取得費用は 入社後に会社が全額負担してくれることもあります。

平均年収965万円

航空機パイロットは、旅客機や貨物機を操縦し、人や貨物を目的地まで安全に運ぶ仕事です。

出発前に気象データや空港の状態、航空機の整備状況などを把握し、機長と副操縦士の二人で分担して離陸の準備をします。
客室内の準備が整い、離陸の指示がでたら離陸します。
飛行中はフライトプランを基に、航空管制官と連絡を取り合いながら安全な航行を確保します。
着陸後は、飛行中の機体状態を整備担当者に共有し、フライトの振り返りと飛行日誌の記入を行います。

最近は自動運転システムの発展により、運転は比較的容易になっています。
パイロットへの負担が軽減される一方、従来より安価なプライベートジェットなどの開発も進み、航空機パイロットの需要がより一層進むものと思われます。

平均年収368万円

トラック運転手は、個人や法人などから依頼を受けた荷物を、トラックを運転して荷揚げ場所から荷卸し場所まで確実に配送する仕事です。

宅急便などの小包だけでなく、引っ越しの荷物から建築使われる大きな構造物、危険物に指定されるガソリンや高圧ガスなど様々な種類があり、それに合わせて小型、中型、大型、長距離、宅配、冷凍冷蔵車やタンクローリーなど、使用するトラックや積載量が変わったり、距離などにより種類や必要な免許も変わります。

以前よりトラック運転手の過酷な労働環境が問題になっていますが、最近では労働時間の短縮や有給休暇の取得など少しずつ働きやすい環境が整ってきています。

平均年収575万円

運用管制官(宇宙センター)は、地球上の宇宙センターにて、宇宙ロケットや宇宙ステーションでの活動を補佐する仕事です。宇宙飛行士の活動や、宇宙で行われる実験など、宇宙に関連する計画の立案、管理、運用、調整などを行います。計画は、緻密に組み上げられたスケジュールのもと運用されます。宇宙飛行士との通信や健康管理をはじめ、宇宙環境で生命を維持するための機器の管理なども行うため、24時間365日の可動が必要です。トラブル発生時には、計画の変更や調整も行います。

各国の宇宙センターとコミュニケーションを取ることが多く、専門用語を含む英語での会話能力が必須です。また、日々進化の進む宇宙開発に関連する知識を得続けようとする探究心も重要でしょう。

小さなミスが重大なトラブルに繋がりかねない状況で、的確に問題点を発見し解決に導く課題発見力や、状況把握力が必要です。大規模な宇宙開発ミッションを世界中のたくさんの人々を協力して運用する規律性と、責任感を持ち業務に臨む主体性も大切です。

平均年収368万円

配送ドライバーは、指定された日時のとおりに、個人宅、企業、店舗などに荷物を届ける職業です。小包ひとつから、トラックいっぱいの荷物まで、生花や活魚、ゴルフバックや家電など、さまざまなものを届けます。担当地域の客の要望に応じて集荷も行います。

運送業者に所属し、社員やアルバイトなど複数の雇用形態があります。自転車や普通自動車、中型トラックや4tトラックを使用する場合もあり、保持している運転免許によって仕事の幅が広がるでしょう、また、フォークリフト免許を取得していると有利です。

指定された時間通りに配達先を訪問するための土地勘、重い荷物を運ぶための体力、もし荷物破損などのトラブルがあったときも落ち着いて行動する責任感や判断力も重要です。

平均年収323万円

美術品輸送コーディネーターとは、美術品の運送に最適な環境や方法をコーディネートする職業です。依頼者の要望に沿い、美術品を美術館や博物館、個人宅などのあらゆる場所へ、破損させることなく無事に届けるための輸送をコーディネートします。

輸送・集荷・梱包・展示・保管・返却・通関手続きなど、あらゆる美術品運送に関する知識を持ち、繊細で壊れやすい美術品を梱包方法から温度管理まで最適な方法で運ぶための方法を考えます。関係業者とのスケジューリング調整や書類作成などの事務処理も大事な仕事です。

美術品はその特性上、細かな管理をしないと破損リスクが高まります。そのため、美術品運搬の詳細な知識を持ち、丁重に美術品を運ぶ方法をコーディネートできる美術品運送コーディネーターが求められるのです。

平均年収575万円

航空管制官とは、無線やレーダーを用いて状況分析を行い、空の交通整理を行う職業です。他機体の運行状況や気象情報などをパイロットに共有し、航空機同士の接触事故が起きないよう誘導します。非常に専門性の高い職業であり、国家公務員として国土交通省に採用されます。

メイン業務は「ターミナルレーダー監視業務」と「飛行場管制業務」の2つです。「ターミナルレーダー監視業務」は、レーダーを見ながら航空機の航路がぶつからないか確認し、パイロットに無線で指示を出します。一方の「飛行場管制業務」は、360度見渡せる管制塔から、レーダーと目視で航空機の離着陸を指示します。どちらも飛行機の安全な運行、離着陸に欠かせない重要な業務です。

航空管制官になるには、国土交通省が行う「航空管制官採用試験」を突破する必要があります。その後、大阪府・泉佐野市に本校を置く「航空保安大学」で1年間の研修を受け、全国の空港に配属されます。「航空管制官採用試験」は21歳以上30歳未満であれば誰でも受験でき、「航空保安大学」は高校卒業から21歳未満であれば、直接入学することも可能です。

平均年収323万円

ディスパッチャーとは、航空機の運航に関わる情報を収集し、「フライトプラン」を作成する職業です。“地上のキャプテンとも呼ばれる運航管理のエキスパートで、ディスパッチャーなくして安全なフライトは実現しません。

ディスパッチャーが収集する情報は、目的地の気象情報や機体の整備情報、乗客および搭載貨物の重量などです。これらを元に、航空機を安全に定時運行させるためのフライトプランを立て、パイロットと情報共有します。離陸後は、気象情報や機体の揺れをリアルタイムで観測し、パイロットに指示を出します。

ディスパッチャーは、自分の仕事が安全運行に直結する職業です。お客様の命を預かる立場から、大きな責任感とプレッシャーに耐えうる精神力が求められます。なお、ディスパッチャーとして働くには、国土交通省が行う「運航管理者技能検定」と「航空無線通信士」という資格が必要です。

平均年収492万円

グランドハンドリングとは、航空機の安全な離着陸を操作・誘導する空港内業務の総称です。この仕事に従事する人をグランドハンドリングスタッフといいます。

グランドハンドリングの業務内容は、「航空機の誘導」と「カーゴ業務」の2種類に分けられます。「航空機の誘導」では、“パドル”という専用器具で航空機のパイロットに指示を出し、安全を確保しながら停止位置まで誘導します。さらに航空機の給油、翼の安全確認を行う「ウイングウォッチ」など、正確性と精度を求められる業務が中心です。

「カーゴ業務」では、航空貨物や旅客手荷物、機内食の搬入を行います。これにはターミナルビルと航空機を繋ぐボーディングブリッジの運転、着脱操作、パッセンジャードアの開閉なども含まれます。さまざまな航空機体に関わる仕事であるため、“飛行機好きの天職”ともいえます。

平均年収680万円

電車運転士とは、電車を時刻表通りに運転し、多くの乗客を安全に目的地まで連れて行く職業です。多くの乗客を乗せて運行するので、なによりも安全性と正確性が問われます。

電車運転士になるには、まず鉄道会社に入社し、駅員や車掌の業務を数年間経験します。その後、学科講習を受講し試験に合格すると、先輩運転士と一緒に乗務して技能・技術を習得します。最後に国家資格である動力車操縦者免許に合格すると、はれて電車運転士となります。

学歴を問われない職業であるため、高校卒業後に鉄道会社に入社し、電車運転士を目指すケースが多くなります。また、就職実績のある高校に鉄道会社からの求人が集まりやすいという特長もあります。

平均年収772万円

船長とは、船上におけるすべての業務・人事をつかさどる船全体の指揮官として、乗組員や乗客、貨物を安全に目的地へ運ぶ職業です。

気象や海の状況を判断しながら運航計画や航海計画を定め、難易度の高い場所を通過するときは自ら操船の指揮を執ります。緊急時には、船の安全を守るため、船員や乗客に対して命令することができるなど、法律の下に強い権限が与えられています。

船長になるためには、まず専門の学校を卒業して、国家資格である海技士の資格を取得することが必要です。外国航路と国内航路とでは、学べる専門学校が異なります。外国航路の船長を目指す場合は、東京海洋大学か神戸大学、あるいは全国に5校ある商船高等専門学校で学ぶ必要があります。国内航路の船長を目指す場合は、全国に4校ある海上技術学校か全国に3校ある海上技術短期大学校、あるいは海技大学校で学ぶ必要があります。

平均年収666万円

新幹線運転士とは、新幹線を時刻表通りに運転し多くの乗客を安全に目的地まで連れて行く職業です。

安全性がとくに重視される新幹線は、コンピューターによる自動運転機能も併用しながら運行されていますが、最終的には運転士の高い技術や判断力が求められます。電車運転士のなかでも“花形”といわれるだけあって、この職業に就くには向上心と努力が必要です。

まず鉄道会社に入社し、国家資格である動力車操縦者免許を取得し在来線の電車運転士として経験を積みます。その後、新幹線運転士の選抜試験に合格した人だけが研修に臨み、国家資格の甲種新幹線電気車免許を取得することで、はれて新幹線運転士になることができます。

勤務は変則的で、乗務する列車や出勤・退社の時間は日々変わり、1回の勤務は2日で1セット、泊まりでの勤務が基本となります。近年は女性の新幹線運転士も増えています。

平均年収680万円

車掌とは、電車運転士と協力して乗客を目的地まで安全に送り届ける職業です。

主に駅のホーム上で、電車出発・到着時の確認や車内放送、電車のドアの開閉や乗客対応などを行い、電車運転士をサポートします。急病人が出た場合や、災害・事故が起こった場合の対応も重要な仕事です。

車掌になるには、鉄道会社に入社し、駅員からキャリアを開始します。訓練を受け、社内試験に合格すると車掌として働くことができるようになります。さらに、車掌として2年ほど勤務すると、電車運転士を目指すこともできます。ちなみにバスの乗務員も車掌と呼ばれます。

平均年収423万円

自動車学校教官とは、生徒が運転免許を取得するために必要な学科教習や技術教習の指導をする職業です。

自動車学校教官になるには、公安委員会が行う研修に参加し、教習指導員資格試験に合格しなければなりません。指導員として教習生の免許取得をサポートする仕事なので、人に何かを教えるのが好きな人に向いているといえます。免許を取得した教習生からの感謝の言葉にやりがいを感じられるでしょう。

運転には高いモラルが求められますので、指導者としての資質に加え、ドライバーのお手本となる人格も求められます。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収469万円

ドローンパイロットとは、小型無人航空機・ドローンを遠隔操縦することでクライアントの要望をかなえる職業です。測量会社や建設会社、ドローン製造会社に勤務しながらドローンパイロットとして仕事をしたり、フリーランスで活躍したりと活動の幅は広くあります。

日本においてドローンパイロットといえば、主にドローンに搭載したカメラを用い動画の空撮を行う仕事を指しますが、その他にもドローンに農薬を搭載し作物への農薬散布を行ったり、上空からの測量に用いたり、エクストリームスポーツやサーフィン大会の撮影、配達員を必要としない宅配方法として活用されるなど、ドローン操縦士は現在あらゆる用途で必要とされています。

ドローンを飛ばすこと自体に特別な免許は必要ありませんが、ドローン操縦士への仕事の依頼は、「資格があること」が条件となる場合がほとんどです。ドローン関係の資格は数多くありますので、資格を取得することによってキャリアアップも見込めます。まだまだ就業人数の少ないドローン操縦士は、社会から強く必要とされる職業なのです。

平均年収348万円

タクシードライバーとは、タクシーに乗車し、乗客を希望する場所まで送り届ける職業です。

タクシーには「法人タクシー」と「個人タクシー」の2種類があります。法人タクシーはタクシー会社が保有し、運転手は会社の社員として働きます。個人タクシーは運転手個人が所有するタクシーで、個人事業主として働きます。タクシードライバーになるには「普通自動車第二種免許」の取得が必須です。また、東京都・神奈川県・大阪府においてタクシードライバーとなる場合には、「地理試験」という道路の名前、地名、有名な建造名などを問題とするテストに合格する必要があります。

外国人のタクシー利用者も増えており、サービス向上のため英語学習に励むタクシードライバーもいます。また、観光案内を専門とした「観光タクシー」も年々増加しています。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら