「職のたのしいを見つける職業情報サイト」

検索条件
検索条件

フリーワード

職業のタイプ

平均年収

万円 〜
万円

職種

検索結果
該当する職業 14
平均年収718万円

消防士(消防官)とは、地方自治体の消防本部や消防署に所属し、火災の消火や救急によって、人々の安全を守る職業です。

消防士は、火災が起きた際に行う消火活動や、事故や災害が発生した際に行う救助活動、怪我人や病人を搬送する救急活動、事故や災害による被害が増えないようにする防災活動、建造物が事故を起こしにくい構造になっていることを確認する予防活動の5つの活動が主な任務となります。 それ他にも、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

その技術を持って模範となる隊員を育成するため、昭和47年から毎年、全国消防救助技術大会なども開催され各地の隊員が切磋琢磨を続けています。

平均年収560万円

航空自衛隊とは、空からの侵略に備え、日本の平和と航空交通の安全を守る職業です。

役割は主に3つに分かれており、領空を守る防衛活動、国内で災害が起きた時に出動する緊急救助活動、海外で災害や紛争が起きた際に行う国際平和協力活動があります。それ以外にも有事に備え、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

航空自衛隊に所属するアクロバット飛行チームである「ブルーインパルス」は、その飛行技術の高さが海外からも評価されています。

平均年収560万円

海上自衛隊とは、海上からの侵略に備え、日本の平和と海上交通の安全を守る職業です。

役割は主に3つに分かれており、領海を守る防衛活動、国内で災害が起きた際に出動する緊急救助活動、海外で災害や紛争が起きた際に行う国際平和協力活動があります。それ以外にも有事に備え、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

各地域の艦艇ごとの独自の秘伝レシピがあるといわれる海上自衛隊カレーが有名で、一般に販売されているものもあります。毎週金曜日に食されており、時間感覚を失う長期の航海で曜日を把握するために毎週カレーを食していたことがルーツとされています。

平均年収560万円

陸上自衛隊とは、陸上での戦闘や情報収集、補給に当たり、国民や国土を守る職業です。

役割は主に3つに分かれており、国土を守る防衛活動、国内で災害が起きた際に出動する緊急救助活動、海外で災害や紛争が起きた際に行う国際平和協力活動があります。 それ以外にも有事に備えて、日々規則正しい生活や自己管理を行い、技術を磨く訓練や体力づくりを行うことも大切な仕事です。

定期的に行われている演習は一般にも公開され、チケットを入手するのが困難なほど、大変な人気を博しています。

平均年収690万円

消防庁の理系行政官は、理系の知見から国民の命を守る消防防災の専門家です。主な業務は、国内の安全対策に関わる企画立案、法令化、運用となります。社会情勢の変化や大規模事故の発生など、特定の課題に対して合理的な安全対策を提示するのが、理系行政官の仕事です。

理系行政官は、平常時と災害発生時で業務内容が変化します。平常時は、エリアメールや行政放送無線といった情報伝達体制の充実・強化といった消防防災業務に従事。災害発生時は、被災地に災害対策本部を設置したり、政府と消防庁間の調整を行ったりする緊急対応業務にあたります。

その活動範囲は広く、2017年に発生したメキシコ中部地震では、国際緊急援助隊として派遣されたこともあります。メキシコ政府と各国の援助隊の活動調整などを行い、国境を超えて救助活動を行いました。人命を守る国家公務員として、大きなやりがいが得られる職業です。

平均年収312万円

空港警備員は、空港内における警備・保安のスペシャリストです。「警備業務」「検査業務」「接客業務」を中心に、利用客と空の安全を守ります。

「警備業務」は、空港内のパトロールがメインです。不審者や盗難被害、置き引きなどのトラブルを未然に防ぐべく、365日24時間体制で巡回します。また「検査業務」とは、保安検査場や手荷物カウンターで行う「手荷物検査」のことです。機内に危険物を持ち込まぬよう、検査には細心の注意を払います。

迷子や落とし物の捜索など、利用客と直に接する場面は少なくありません。これは「接客業務」に相当し、困っている人を助けるのも空港警備員の仕事です。なお、空港警備員の多くは、民間企業の従業員です。警備保障会社が求人を出しているため、興味のある人は探してみましょう。

平均年収541万円

入国審査官は、日本に訪れる外国人のビザやパスポートを確認し、出入国を管理する職業です。主な職場は空港や港であり、不法滞在の可能性がある外国人や、テロリストといった危険人物の入国を未然に防ぎます。水際で日本社会の安全を守る、重要なポジションの仕事です。

入国審査官の業務内容は、同一性および書類確認を行う「出入国審査」、不法入国などを取り締まる「違反審査」、在留期間が適切かチェックする「在留資格審査」の3つに大別されます。これらの審査をクリアした人だけが、日本での出入国が認められます。

入国審査官は、国家公務員の一種です。まずは国家公務員採用一般試験を受験し、合格したら地方入国管理局の面接試験を受けます。それに合格した後、入国審査職員として採用され、実務経験を積んだ上で入国審査官になることができます。外国人と頻繁に接するため、ネイティブな英語力が求められる職業です。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収688万円

海上保安官とは、海上保安庁に所属する国家公務員で、日本近海の治安と安全を守る職業です。仕事の特性上「海の警察官」と呼ばれています。

業務内容は、不審船の取り締まりなどを行う「警備救難業務」、安全な航海のための情報を集める「海洋情報業務」、海上交通を管理する「海上交通業務」の3つに大別されます。巡視船や航空機を使って常に日本の海域を監視しています。

似ている職業に海上自衛隊がありますが、海上自衛隊は他国の侵略から日本を守ることを目的にしているのに対して、海上保安官は警察官と同じように治安保全を目的としています。そのため、逮捕権も有しています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収541万円

税関職員は、主要な空港や港に設置されている税関で、輸出入の通関や密輸入の取り締まりを行う職業です。

私たちにもっとも身近な税関職員のごとは、空港の入国カウンターでの手荷物検査です。銃や薬物など違法な物品の密輸を取り締まる監視と、一定額以上のお土産に課される税の徴収を行っています。税関職員になるには、国家公務員試験に合格したうえで、選考を経て採用されることが必要です。

試験は進みたいキャリアによって、幹部候補で転勤ありの総合職と、転勤のない一般職の2つにに分かれており、国家公務員総合職試験を受験するには大卒以上の学歴が必要です。国家公務員一般職試験は高校卒業以上で受験することができます。

グローバル化の進展でヒト・モノ・カネが国境を越えて移動する機会が増えており、テロ対策強化などの必要性も増す中で、税関職員の需要・存在感は増しています。

平均年収707万円

警察官は、治安を守るために個人の生命や財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う職業です。

警察官になるには、警察官採用試験に合格することが必要です。警察庁の警察官になるには国家公務員試験を、都道府県警察の場合は各都道府県が実施する公務員試験を受験します。警察官に採用された後は、全員が剣道や柔道の初段以上の資格や普通二輪免許、無線免許を取得することになります。

近年、犯罪捜査に用いられる手法は高度化しており、IT知識に長けたサイバー犯罪対策スタッフなど専門警察官を求めて理系人材を積極的に採用する動きがあります。また、外国人就労者や観光客の増加に伴い、語学力や国際感覚にすぐれた人材のニーズも高くなっています。

現在作成しております。しばらくお待ちください。

平均年収605万円

科学捜査研究員とは、科学的に犯罪を解明、立証するため証拠物件を鑑定して犯罪捜査をする職業です。

都道府県警察本部に設置された科学捜査研究所において、法医学や化学、工学、物理、心理学、文書鑑定、現場科学など、それぞれの専門分野に分かれて科学捜査を行います。科学捜査研究所は通称”科捜研”と呼ばれます。

犯罪の多様化が進む現代において、事件や事故の現場に残された物的証拠は、真相解明や犯人逮捕につながる手がかりとなり、その鑑定結果は裁判の重要な証拠になります。科学捜査研究員をテーマにしたテレビドラマも多くあり、その重要性が描かれています。

お探しの職業が見つからない場合、ご連絡ください。連絡窓口はこちら