この記事を書いたライター

笹谷 淳介

笹谷 淳介

鳥取県出身のフリーライター&エディター。ファッション誌の編集部を経て現在に至る。主にファッション・音楽・カルチャー系の紙媒体・ウェブメディアで活動中。音楽と古着がとにかく好きで休日は古着屋かレコード屋にいる可能性大。最近の趣味は町中華で美味しい炒飯を食べること。

2020年3月26日
スペシャリストたちの7つ道具

カスタムビルダー(HIDE MOTORCYCLEオーナー)富樫秀哉 / “好き”を生業にした男が生み出す、唯一無二のカスタムバイク

カスタムビルダー富樫氏/HIDE MOTORCYCLEオーナー

皆さんは、カスタムビルダーという職業をご存知だろうか? バイク乗りでない人にはあまり馴染みのない言葉だと思う。

カスタムビルダーとは、依頼主の要望に合わせてバイクをカスタムするバイクのデザイナー的職業のこと。鉄の板から1台のバイクを生み出すこともあり、製作期間は1年以上かかることもある。

そんなカスタムビルダーとして日本のバイクシーンを牽引するのが富樫秀哉氏。今回はバイクブランドの雄「ハーレー・ダビットソン」(以下、ハーレー)の魅力に取り憑かれ、ハーレーのカスタムで国内外から称賛されるバイクを生み出す富樫氏にフォーカスし、愛用している7つの道具からカスタムビルダーの仕事を紐解いていく。

幼少期の記憶。バイクとの出会い

富樫氏の生まれは京都の嵐山。実家は西陣織の染織家という「和」の傾向が強い環境で育った。少年時代は勉強が嫌いで遊ぶことだけを考えていた、少しヤンチャな少年だったと話す。

「学生時代はとにかく遊ぶことだけを考えていました。好きな教科は美術。典型的な勉強嫌いの生徒ですね(笑)。少年時代から絵を描いたり、物を作るのが好きな子どもだったと思います」

カスタムビルダーの富樫氏

少年時代について話す富樫氏

少年時代から、夢中になることを見つけたらそれだけをしてしまう性分な富樫氏。バイクと出合ったのは高校生のとき。バイトで貯めたお金で「YAMAHA・SR」を購入したことをきっかけに、バイクにどっぷりハマり学校から帰ればすぐにバイクに乗った。

しかし、そんな彼も進路選択という現実と向き合うこととなる。彼が選んだ進路は美大への進学だった。

「高校2年生の頃にふと、このままではダメだと思ったんです。でも勉強は嫌いだったし、どうしようと考えた結果、美大に挑戦してみようと思いました。

そこからの1年間は必死に勉強しましたね。もともと絵を描くことや物を作るのは好きだったし、勉強してみると楽しくて。ダメもとで受けた美大ですけど、なんとか受かったんです」

カスタムビルダーの富樫氏

美大への進学を決め、勉強の日々

努力の末、美大への入学を決めた富樫氏。デザイン科へ進みデザインを学ぶことになるのだが、自分の好きなものが作れないという環境にギャップを感じる毎日だった。大学での授業は、まず教授に作りたいものについてプレゼンをして、許可が出れば制作に入れるという流れで行われていた。その流れが富樫氏の性格には合わなかった。

「今考えたらそれが普通だと思うんですけど、教授のOKが出ないと制作できないという状況はとても嫌でした。

教授好みの作品を作って認められるのは、なんか違うなと感じたんですよね。自分の好きなものが作れないのはストレスでした。だから2回生のときに大学を辞めたんです」

大学を辞めるという決断をした富樫氏。この選択が国内外で活躍するカスタムビルダー・富樫秀哉が誕生するきっかけとなる。

ハーレーに憧れ、カスタムビルダーを目指して上京

カスタムバイク

カスタムバイクが並ぶ「HIDE MOTORCYCLE」の店内

以前より、バイクをカスタムするというカルチャーがあることは知っていた富樫氏だが、大学を辞めたころに手に取った雑誌『HOT BIKE JAPAN』(HLDC刊)によって、自分のこれからの夢はカスタムビルダーだと気づいたという。

『HOT BIKE JAPAN』は、ハーレーを中心に国内だけでなくアメリカでも取材を敢行し、オーナーのライフスタイルを紹介するバイク雑誌。カスタムバイクについても多く取り上げている。自分の夢に気がついた富樫氏が、行動に移すまでにはあまり時間はかからなかった。

「学生時代、知り合いにバイクをカスタムしている人間がいたのでそういうカルチャーがあるのは知っていたし、乗っていたバイクを自分で修理したこともありました。でも、ハーレーは未知の世界。憧れはありましたけど乗れなかったですね。

雑誌で見たことをきっかけにカスタムビルダーという仕事に就きたいと思い、上京することを決めました。当時、関西にはそういうお店もなかったですし、ハーレーのお店となると関東が多かったんです」

上京してからは、就活の日々。ハーレーを取り扱うお店に何軒も足を運び「働かせてください」と頭を下げた。しかし結果はどこも不合格。一旦、ハーレーを諦め、住み込みで働けるバイク屋へ就職した。

今考えれば、好きという感情だけの若者を雇ってはくれるはずがないと話す富樫氏。住み込みで1年半、バイクの基礎などを学んだのちに再び就活を始めた。

カスタムビルダーの富樫氏

カスタムビルダーを目指し、上京

就活の末、憧れだったハーレーの店で働くことができるようになった。しかし、そこで待っていたのは厳しい下積み生活だった。当時のバイクショップはいわゆる体育会系。厳しい親方に頭を叩かれることも日常茶飯事で、休みも少なく、給料は10万円にもいかない。そんな状況下でも不思議と辞めたいとは思わなかったと富樫氏は振り返る。

「生活は厳しかったですよ。風呂なしアパートに住んでいましたからね(笑)。でも周りには自分より厳しい状況に置かれている人が多かった。当時はカリスマ美容師のアシスタントをしてる友人やカメラアシスタントの友人なんかの方がヤバかったんです。

それに親に報告もなしに勝手に上京していたのでこれ以上迷惑もかけれない。だから、絶対地元に帰れない。そんな状況だったので頑張れたんだと思います。この修行期間でかなり我慢強くなったと思う」

この厳しい下積み時代を4年半経験し、退社。もともと独立志向の強かった富樫氏はこのタイミングで独立を決意したという。

そして、独立後にどのように動いていけばいいのか考えていた矢先、富樫氏の知人がガレージを借りないかと声をかけてきた。最初はプライベートの遊び場にしようと思っていたのだが、最終的には現在、自身が経営している「HIDE MOTORCYCLE」の前身となるショップをそのカレージでオープンすることに。そこがカスタムビルダーとしてのスタート地点となった。

念願だったハーレーのカスタムビルダーとして独立

HIDE MOTORCYCLE

「HIDE MOTORCYCLE」の前身となるショップをスタート

独立してすぐの頃は、お金もなくパチンコ屋でアルバイトとして平日は8時〜17時まで働き、平日18時からと休日はカスタムビルダーとして働いた。最初はハーレーだけの経営では成り立たなかったため、さまざまなバイクをカスタムしたそうだ。

「当時のお客さんは友人や後輩、知り合いの方ばかり。新規のお客さんはほぼゼロでした。パチンコ屋の仕事は1年半くらい続けたと思います。

カスタムビルダーとして飯が食えるようになったタイミングで『HIDE MOTORCYCLE』という看板を掲げました」

その後、現在の多摩川沿いの場所にショップを構えるわけだが、富樫氏が考えるハーレーの魅力とは何なのだろうか。

「自分が乗っていて楽しいという理由もありますが、ハーレーはカスタムを楽しむバイクといっても過言ではないんです。とにかくパーツが多いのが特徴で海外にはパーツだけを扱うショップが多くあり、ニーズが確保されています

あとは古い年代のものでも価値があまり下がらないのも特徴のひとつ。親子二代で乗り継ぐことができるバイクでもあるので、そこが魅力なのかなと。

とはいえ、うちはハーレーだけでなく基本的にはどんなバイクでもカスタムしますよ」

バイクをカスタムする工具

バイクをカスタムする工具が雑多に並ぶ

自分の城を築き、さまざまなショーで称賛される富樫氏だが、実際のところカスタムビルダーとはどんな仕事なのか。一見すると職人仕事のような気もするが、それは違う。カスタムビルダーはいわばクリエイター。ゼロのものをイチにする、まったく新しいものを作る仕事だ。

お客さまの要望を形にするため、鉄の板からオイルタンクやマフラー、バイクに関わる部品を作っていく。設計図をもとに作ってもよさそうな仕事だが、富樫氏はあえてそれはしない。

「スケッチを描いてバイクを作ることもできるけど、それだとおもしろい方向へ発展しない気がしていて。だから僕は設計図みたいなものは描かないんです。すべて頭の中のイメージで作っていきます。

なので、途中でお客さまに『完成はどんな風になりますか?』と聞かれても分からないっていう……(笑)。その方の身長や体重などにも気を使って、またがったときのことを考えて作っていきます。

そのときにかっこよくなかったら意味がないですからね。バイクって本当におもしろいんですよ。最初にまたがったときの印象と乗り込んだあとの印象がまるで違う。どんどんかっこよくなっていくんです。ある意味生き物みたいな魅力がバイクにありますね」

バイクの魅力を笑顔で話す富樫氏を見ていると、世界で称賛される理由がよく分かる。愛を持ってカスタムするからこそ、長年第一線で活躍できるのだろう。

カスタムビルダー 富樫秀哉の7つの道具

カスタムビルダーの仕事ではどんな道具を使用するのだろうか? 今回は富樫氏に作業に欠かせないアイテムを7つセレクトしてもらった。

富樫秀哉の道具 その1:『愛車のハーレー(1975FLH・カスタム)』

カスタムしたハーレーのバイク

自身でカスタムしたハーレーのバイク

カスタムビルダーの前に富樫氏は生粋のバイク乗り。“好き”を仕事にしている彼だからこそのセレクトと言えるだろう。このバイクは自身の好きなようにカスタムしたバイクということで富樫氏の愛の詰まったバイクだ。

「70年代のチョッパースタイルを流用して作ったものですね。技術的なことでいうと、アルミで作っているので、かなり軽量。技術的に鉄よりも作るのが難しいので、それを見せたいですね」

富樫秀哉の道具 その2:『レッド・ウィングのエンジニアブーツ』

レッドウィングのエンジニアブーツ

使い込まれた味のあるブーツ

バイカーといえば、やはりブーツ。味のあるレッドウィングのエンジニアブーツは富樫氏が長年愛用しているブーツのひとつ。バイクに乗るときや作業をするときの足元はこのブーツを履いていることが多いようだ。

「ハーレー乗りならウエスコとか、いろんなブーツがあるんですけどこのレッドウィングのPT91がお気に入りで、鉄板を抜いてもらってカスタムしたものです。

ソールはダナーのソールをつけているのですごく軽くて履きやすいんです。ブーツもカスタムする人がいるんですよ(笑)」

富樫秀哉の道具 その3:『ロック・ミュージック』

ロック・ミュージック

作業に欠かせないBGM

作業中は音楽を聴きながらすることが多いという富樫氏。店内にも音楽が鳴り響いていたのが印象的だった。やはり音楽とカルチャーは切っても切り離せない関係のようだ。

「音楽を聴くと集中できるんですよ。アーティストはクリス・ロビンソンが好きですね」

富樫秀哉の道具 その4:『デジタルカメラ』

デジタルカメラ

このカメラで完成したバイクを撮影する

「HIDE MOTORCYCLE」ではInstagramやブログを更新しており、投稿を見て来店する人も多い。完成したバイクは一眼レフ(写真右)で、コンパクトカメラ(写真左)は富樫氏の趣味用のカメラだ。

「iPhoneで撮影してたんですけど、なんかiPhoneで撮る写真って愛がないなって思ってしまって……(笑)。気持ちが全然入らないから嫌になったんです。だからコンパクトなカメラを購入しました」

富樫秀哉の道具 その5:『小林精機の旋盤』

小林精機の旋盤

創業当初から使う、思い入れのある機械

「HIDE MOTORCYCLE」の地下の作業場には、カスタムに使用する工具や機械がところ狭しと並ぶ。なかでもこちらの機械は創業当初から使用する思い入れのある機械。壊れては自分で修理して使い続けている。

「バイト時代にちょっと頑張って買った旋盤です。もっといいやつに買い換えたいと思ってるけど、これはこれで使えるし、ずっと使っています。相当古い機械だけどバイクを作るには絶対必要」

富樫秀哉の道具 その6:『多種多様な板金ハンマー』

板金ハンマー

さまざまな種類のハンマーを使い分ける

1枚の鉄板を叩きながら形にしていく作業に必要なのがこちらのハンマー。その数の多さに驚いたが、繊細な作業にはさまざまな種類のハンマーが必要のようだ。

「たくさんありますよね(笑)。作業中はこのハンマーを使い分けて鉄を叩いていきます。ハンマーがないと仕事になりませんね」

富樫秀哉の道具 その7:『仲間たちと働く環境』

カスタムビルダーの富樫氏

共に働くスタッフとたまたまお店に来ていた常連客

「最後は道具ではないけど、自分の置かれた環境ですかね。友達や仲間がみんな助けてくれる状況で仕事をしています。昨年の台風のとき、実は地下の作業場が浸水したんですよ。

そのときに多くの方が心配して駆けつけてくれて、片付けなどを手伝ってくれました。そのときに自分は恵まれているなと思ったんです。

カスタムビルダーを志して、自分のショップをこの土地で開けたことも恵まれていたことのひとつ。多摩川沿いがいいなと思って物件を探していたときにたまたま見つけた物件ですけど、運がよかったと思いますね」

自分が楽しいと思える仕事を見つけてほしい

カスタムビルダーの富樫氏

好きなことを見つけることが大切

最後にカスタムビルダーとして成功した富樫氏に、今を生きる若者たちへメッセージをいただいた。

「ベタだけど好きなことを見つけられたらいいですよね。好きなことを仕事にできるかどうかっていうか。どっちが正しいかはわからないけど、週5でサラリーマンやって土日を思いっきり楽しんでいる人もいるし、僕自身それを羨ましいって思うときもあるしね。

でも好きなことさえあれば、自ずと仕事も楽しくなってくると思うし、あまり悩んだりしないで欲しいものがあるから仕事頑張るとか、土日は思いっきり遊ぶぞとかそんな些細なことから自分が楽しいと思えることを探していけばいいんじゃないかな」

純粋にバイクを楽しんでいる富樫氏。好きなことを生業にした男のアドバイスはこれから働こうとしている若者たちの心に届くに違いない。

カスタムビルダー(オートバイ)の仕事について詳しく知るには職業ナビ!
▶︎「カスタムビルダー(オートバイ)の仕事」を詳しく見る

取材後記

インタビュー中、今後の展望について教えてくださいと質問したところ、「そういうのあった方がいいですよね(笑)。あんまり考えてないんですよね。これからもバイクが作れたらいいなってことしか考えてないんだよね」と笑顔で話す富樫氏を見て、この人は本当にバイクが好きでこの仕事をやっているんだと感じた。

“好きこそ物の上手なれ”ということわざがあるが、これはまさに今の富樫氏にピッタリな言葉だ。好きなことを仕事にし、その分野を突き詰めて勉強し、努力する。これは簡単なことではないが、“好き”という感情がどれだけ強い感情なのかを再確認した有意義な時間になった。

私も好きな仕事、少年時代に夢だった仕事を今している。まだまだ悩むことはたくさんあるが、いつか富樫氏のように笑顔で自分の仕事について語れるようになりたい。

富樫秀哉さん/HIDE MOTORCYCLEのご紹介

カスタムビルダーの富樫氏

富樫秀哉/カスタムビルダー

2003年に神奈川・多摩川沿いに「HIDE MOTORCYCLE」を設立、オリジナルデザインのカスタムバイクやオリジナルパーツは国内だけでなく、海外からも高い評価を受ける。

2006年製作MOD CHOPPER 2が横浜HRCSのベストを受賞。H-D Italy CEOの手に渡りミラノのコレクションへ。2007年製作MOD CHOPPER 3も横浜HRCSベストを受賞、欧州へ。2008年、伊最大のハーレーHOGラリーのカスタムショーへゲスト招待。

2009年HRCSではコールフォス ター特別アワードを受賞。2010年アパレルブランドRUDE GALLERYの10thコラボエキシビジョンで製作したアイアンカスタムが好評。2010年HRCSではショベルリジッドボバーでUKのGKMアワードを受賞した。

HIDE MOTORCYCLE
〒213-0032 神奈川県川崎市高津区久地2丁目4−28
営業時間:10:00〜20:00
定休日:毎週水曜
TEL:044-822-8069

この記事を書いたライター
笹谷 淳介

笹谷 淳介

鳥取県出身のフリーライター&エディター。ファッション誌の編集部を経て現在に至る。主にファッション・音楽・カルチャー系の紙媒体・ウェブメディアで活動中。音楽と古着がとにかく好きで休日は古着屋かレコード屋にいる可能性大。最近の趣味は町中華で美味しい炒飯を食べること。

TOPへ戻る