この記事を書いたライター

伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

2020年2月3日

入社前にやっておけばよかった… 資格の勉強&取得は就活中から始めるべし

就職前の準備としてやっておきたいことのひとつが、資格やスキルの習得です。業界別や用途で資格もさまざまです。資格は取りたいけれど何の資格を取ればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

「働き始めてから必要な資格を取ろうかな」と考えている方は要注意! 実際に社会人になってから、試験勉強の時間を確保するのはとても大変なことで、就職する前に資格勉強を始めているライバルと差がつけられしまいがちです。働き始めてから「あのとき、やっておけばよかった」と思う前に、大学生、フリーター、転職希望者が就活・転職期間中に取得しておくといい資格をご紹介します。

社会人は資格の勉強時間を作るのが大変

社会人って、こんなに忙しいの!?

働き始めると、まずは業務を覚えることが最優先。また、業務をうまく回していくためにも、一緒に働く仲間との関係作りに時間を取ることも重要です。頑張る気持ちは大切ですが、無理をしすぎて体調を崩し、通常業務に穴を開けてしまっては本末転倒。業務に慣れるまでは自分のために時間を作ることは難しいのが現実です。

ですから、資格の勉強をするなら自分の時間をコントロールしやすい期間に着手しておくことをおすすめします。
資格は就活で有利に働くもの?

資格の有無によって、採用判断をする企業は少ないのですが、就職する前までに資格を取得しておけば、面接時にアピールできる強みや自信につながります。仮に勉強している途中であっても、働き出してゼロから始めるよりも学習ペースをつかめている分、継続しやすいといえます。

行動するのはいま! 自分で時間をコントロールできる時期に対策することをおすすめします。

資格は就活で有利に働くもの?

資格の有無によって、採用判断をする企業は少ないのですが、就職する前までに資格を取得しておけば、面接時にアピールできる強みや自信につながります。仮に勉強している途中であっても、働き出してゼロから始めるよりも学習ペースをつかめている分、継続しやすいといえます。

行動するのはいま! 自分で時間をコントロールできる時期に対策することをおすすめします。

さまざまな実務で使える資格とは?

たくさんの資格の中から、自分にぴったりのものを探そう

まだ就職していない状況ではどの資格の取得を目指せばいいのか、判断しにくいケースも多いですよね。今回は、比較的広い業種で役立つ資格をご紹介します。

入社前に取り組んでおきたい!TOEIC

グローバル化が急速に進み、仕事だけでなく日常生活でも以前に比べて英語に触れる機会は増えています。また仕事においては就職活動、転職活動はもちろん、社内でのキャリアップや海外赴任など、以前よりも英語のスキルが求められる企業も増えています。

多くの企業において英語力を測る指標として使われているのがTOEICのスコアです。一度受験しておけばスコア次第では就職活動中に着目してくれる企業も多いはずです。

また会社の昇格試験や管理職への登用試験にTOEICのスコアが求められる企業も少なくありません。英語に自信がある人はもちろん、これから英語の勉強を始めるという人も現状の自分の英語レベルを確認する意味でも、まずは受験しておくことをおすすめします。

TOEICはスコアが明確で目標も立てやすいので、何かを頑張りたい、新しい目標を立てたいという人にもおすすめです。

TOEICとは?

TOEICは世界共通基準の英語試験です。本来5つのテストで構成されていますが、日本では一般的に、読み聞きを行う「TOEIC Listening & Reading Test」のことを指すことが多いです。Reading495点満点、Listening495点満点の合計990点満点でスコア化されます。受験料は5,725円で年間10回、全国80都市で行われており、受験しやすい試験といえます。
仕事のお悩み相談室(無料)

どうせやるなら入社前! マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)

PCスキルを極めることで周りと差をつける

会社勤めであれば、ほとんどのPCに基本装備としてオフィス系ソフトがインストールされています。営業職の場合は企画資料を作るためにパワーポイント、マネジメント職では行動管理や売上管理を行うためにエクセル、一般事務では会議資料の作成補助や顧客対応資料のためにワードを使うというように職種や職務で使うソフトもさまざまです。

そのため正社員や派遣の求人広告の応募条件には、基本的なPCスキルが求められることも多く、知っておかなければ選択肢が限られてしまいます。一方で高度なテクニックを知っている人は限られることも。MOS資格を持っていれば業務を行う際に大きなアドバンテージにもなり得ます。

MOSとは?

MOSはマイクロソフトのオフィスソフトの活用スキルを証明する国際資格です。ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックのバージョンごとで試験が準備されています。またレべルもそれぞれ一般レベルと上級レベルで準備されており、スキルレベルに応じて試験を受けることができます。受験方法は、全国一斉試験と随時試験があります。全国一斉試験はオンラインや郵送で申し込むことができますが、試験は各試験会場で期間や申し込み方法が異なるため、確認が必要です。

就活生に人気?資格必須の業務も多数ある! 日商簿記検定

事務はもちろん、家計にも役立つスキル!

簿記3級では商品を仕入れて販売するやりとりを記録し、決算書を作成するいわば商売の基本を学んでいくことになります。これを商業簿記といいます。企業活動におけるお金の動きを把握できたり、専門用語の理解にもつながるので個人事業主や家族経営の商店や同レベル規模の会社での帳簿付けにいかすことができます。

簿記2級では、株式会社会計といったさらに高度な商業簿記に加えて、商品を自社製造する会社の活動を記録する工業簿記を学び、経営状態を見える化する財務諸表の作成まで行います。1級の合格率は10%未満で難易度が格段に上がります。経理財務の即戦力としての実務スキルは2級で十分だといわれています。

日商簿記検定とは?

個人のお金の動きは通帳や家計簿を使って家庭で管理されます。企業の場合はお金の移動が頻繁かつ金額も大きくなるので一定のルールに基づいた記録が必須です。このときに必要になるのが簿記の知識です。企業規模が大きくなるにつれてお金の動きが複雑化するため、日商簿記検定は3級〜1級まで段階的に難易度が設定されています。

社会人に必要なスキルを入社前に習得! 秘書検定

秘書に求められるスキルといえば、電話やメールの対応、スケジュール管理や来客応対などがイメージできます。ですが、よくよく考えてみるとこれらのスキルはすべての社会人が備えておくべき能力です。つまり、秘書検定はビジネススキルを一定レベル以上持っていることを資格を通して認定するものであり、どのような仕事に就いたとしても役に立つ資格と言えるでしょう。

秘書検定とは?

秘書検定の正式名称は「秘書技能検定試験」といい、3級・2級・準1級・1級の4つのレベルで構成されています。秘書検定というとその名称から秘書を目指している人が取得する資格と思われがちですが、実はそうではありません。新卒で入社する場合はビジネスマナー研修などを受講する機会がありますが、これまで企業勤めの経験がない人は資格を取得しておくと面接の際に生きてくる資格です。基本的にはどの都道府県でも受験できます。2級は2,800円から受験ができ比較的受験しやすい資格といえます。

資格取得のために学んだ知識は、日常生活でもいきる

頑張ったことは無駄にはならない

今回ご紹介した資格は会社に限らず、プライベートでも十分にその恩恵を受けることができるものです。PCスキルもお金の知識も、これからの生活のためには必要不可欠であり、秘書検定で学ぶことは人への配慮や気遣いにつながります。また昨今は海外からの観光客も増えています。道を聞かれたり、仕事上で英語を使ったコミュニケーションを取る機会もあるでしょう。そんなときに自分の言葉で英語を話すことができたら楽しいはずです。

資格を取得をして知識やスキルを得ることはもちろんですが、何よりも目標を立てて一歩ずつ進んでいく計画性と継続力を培うことができます。スキマ時間を有効に使い、休憩したいときでも自分自身に鞭を打って目標に向かう精神は、今後新しい目標にチャレンジするときに力になってくれるでしょう。

まとめ:資格取得は入社後のアピールポイントになる!

就活で直接役立たなくても、努力家のあなたをアピールするチャンス!

就職するにあたっては、特定の資格を持っている場合に優遇されることもありますが、ほとんどの企業では採用基準に資格保持の有無は入っていません。しかし、資格を取るまでの努力のプロセスを評価してもらえることは珍しいことではありません。

就職に限らず人間関係を築く場合、信頼はとても重要です。履歴書や職務経歴書の内容は基本的に自己申告ですが、資格は第三者機関が客観的に評価し認定するものであり、社会的信用につながります。自分のスキルとともに信用度を高めていくことのできる資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

出典:「MOS資格とは?難易度・受験方法から対策法まで解説」-JOBNET
出典:「TOEIC試験とは【初心者向けにマルっと解説します】」-English Inovations
出典:「今さら聞けない「簿記」の資格。持っているとどんな仕事につながる?」-マナトピ
出典:「秘書検定は2級が人気!級ごとの難易度や取得するメリットは?」-LICENSTUDY

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

関連記事をタグで確認
この記事を書いたライター
伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

TOPへ戻る