この記事を書いたライター

西繭香

西繭香

1992年生まれ。20歳の時に現在のパートナーと出会うまで、自分をマジョリティだと思っていたセクシャルマイノリティ(あと腐女子)。 「どんな人にも優しい記事」を目標に、多角的な物事を等身大の視点から分かりやすく執筆している。人の話を聞く事と、ディズニーシーと猫が好き。 Twitter: @Nishi_mayuka

2020年3月27日

引っ越し業者だけじゃない!新生活を後押しする引越しに関する職業6つ

hikkosi

就職や転職、転勤などこの春に引っ越しをされるという方も多いのではないでしょうか?今回ご紹介する引越しに関する仕事は、荷物を運ぶだけでなく個人の住居や法人の事務所選び、ハウスクリーニングや不用品回収など引っ越しや移転に伴う事前・事後に必要な業務を行う仕事です。新たな生活のスタートを支える身近な「引越し」ですが、具体的にどのような職業があるかご存知でしょうか。今回は引越しに関する6つの職業をご紹介します。

必要なところに、必要なサービスを。引越しに関する仕事

hikkosi

引越しのプロフェッショナルとして、客の荷物を責任を持って運搬する

「引越し」とは、住居や事業所をそれまであった場所から違う場所に移動させることを指します。「引越し」は飛鳥、あるいは平安時代には「引き越し」という言葉として存在していたと言われていますが、それ以前も狩猟などの為に「住処を移動させる」ことは行われており、はるか昔から変わらず人々は引越しをしていました。

引越し専門業者が荷物を運ぶ現在のスタイルは、1970年代頃に登場し始めたものです。それ以前の引越しは一般の運送会社に依頼したり、自力や関係者で協力して運んだりが一般的でしたが、荷物の破損や紛失も起こりやすかったといわれています。

そこで、現在の引越し専門業者が行う梱包サービスや、住居や家財を傷めないための配慮・保証などが、1970年代以降に各企業によって商品化され定着していったのです。

現在では複数の引越しに関連する業者があり、利用者はそのサービス内容を比較検討し、よりニーズにあった商品を選ぶことができるようになりました。荷物を運ぶスタッフはもちろん、見積もりを作る業務や不用品を回収する業者など、必要とされ、多様化した引越しに関連する仕事を、ここからはいくつか紹介していきましょう。

引越しの荷物を搬出し新居まで運び搬入する『引越しドライバー』

hikkosi

丁寧で迅速な仕事が勝負!

引越しドライバーは、引越しの荷物を目的地まで届ける職業です。荷物を積んだトラックを運転するのみの場合もありますが、荷物の旧居からの搬出やトラックへの積み込み、新居への搬入までを担当の引越しスタッフと共に行うこともあります。

荷物を運ぶ作業においては、重い荷物の持ち運びをするための体力や足腰の強さ、暑さや寒さにも耐えうるストレス耐性が必須です。また、荷物を傷つけないように目的の場所まで運びきるための集中力、複数人と協力して作業を行うためのコミュニケーション能力も重要となるでしょう。

雇用形態は正社員だけでなくアルバイトも多数あります。就業には、普通・中型・大型自動車免許のいずれかが必要です。普通自動車免許でも就業が可能ですが、それ以上の免許を取得していた方が作業の幅は広がります。

直接客と対面し作業を行うため、直接作業を褒められたり、お礼を言われたりすることもある、引越しに関連する仕事において花形の仕事と言えるでしょう。

一日の仕事や必要なスキル、年収を知るには職業ナビ!
▶︎「トラック運転手の仕事を詳しく見る

引越し関連の依頼を受け付ける『カスタマーサポート』

hikksoi

客、スタッフ、取引先、あらゆる関係各所をつなぐ中継地点

引越しに関するカスタマーサポートは、引越しに関する客の要望を聞き、各所に指示を出す仕事です。

客からの引越しの相談を電話やメールで受けた後、見積もりを行ったり、訪問見積もり担当者のスケジュール確認と手配を行ったり、引越しに関するスケジュールを作成したりします。

また、引越しを検討している客への架電を行い、電話が繋がった場合は状況の確認や見積もりの作成、繋がらない場合は再架電を行います。見積もりに関する業務のみならず、引越し当日のトラックの手配を初めとした各支店への支持、クレームの受付、スタッフからの相談受付も行います。

主に引越し会社の内勤で、正社員やアルバイトとして就業します。就業に必要な資格はとくにありませんが、顔の見えない電話口で顧客の要望を正確に聞き出す傾聴力や、各スタッフに正しく支持を出すためのディレクション力、客やスタッフと円滑に意思疎通をするためのコミュニケーション能力も必要です。

一日の仕事や必要なスキル、年収を知るには職業ナビ!
▶︎「カスタマーサポートの仕事を詳しく見る

引越し受け入れ準備をする『ハウスクリーニングスタッフ』

hikkosi

プロならではの技がある

引越しに伴うハウスクリーニングスタッフ(清掃員)とは、旧居を引き払う際と、新居に入居する際の清掃をする仕事です。不動産会社や不動産オーナー、不動産の借り主などから依頼を受け、住宅や事務所をきれいにします。

ハウスクリーニング専門店や清掃業務を行う会社の社員やアルバイトとして働いたり、フランチャイズ店を開業したり、起業したりすることもできます。就業に必要な資格はとくにありませんが、「ハウスクリーニング技能士」という国家資格を取得していると有利です。

清掃に関する深い知識と技術はもちろんのこと、数人で清掃業務を行う際に必要なコミュニケーション能力やチームワーク力、ものを傷つけないよう効率良く作業を行う集中力、すみずみまで掃除をするきめ細やかさや、客の要望に寄り添う柔軟性も必要です。

スキルを会得すれば独立開業も可能なハウスクリーニング業は、引越しに伴うクリーニング業務のみならず、客の居住場所のクリーニング代行業務など、仕事の幅を広げることも可能です。

一日の仕事や必要なスキル、年収を知るには職業ナビ!
▶︎「ハウスクリーニングスタッフの仕事を詳しく見る

引越し先を選んでくれる『不動産営業』

hikkosi

客の要望を丁寧に聞き、後悔のない選択の助けを

引越しに伴う不動産営業は、不動産を売ったり貸したりする職業です。不動産店舗で来店客に物件を紹介したり、個人宅や企業におもむき訪問営業を行ったりします。専門性が高い業種なので不動産会社の社員として働くことが多いですが、業務内容によってはアルバイトとして働くことも可能です。

来店客に対し行う営業は、自社が取り扱う不動産や、他社が取り扱う不動産を代理で紹介することもあります。

訪問し営業を行う場合、ときには飛び込みで営業をしたり、SNSを利用したマーケティングや、チラシをポスティングしたりと、不動産を必要としている客に対しあらゆる方法で物件や土地を紹介します。

共通する必須スキルとして、不動産に関する専門知識はもちろん、客の要望を正確に聞き取る傾聴力、高額な商品を購入して貰うために必要な信頼関係構築能力、商品の良さを正確に伝えるプレゼンテーション能力があります。

引越しに伴う不動産営業は、住宅や土地という高額で重要な買い物を手伝う仕事です。客の人生の転機にも関わり、その一助となることができる職業なのです。

一日の仕事や必要なスキル、年収を知るには職業ナビ!
▶︎「不動産営業の仕事を詳しく見る

引越しと合わせてお願いしたい『不用品回収スタッフ』

hikkosi

大きいものも重いものも、プロにまかせて簡単リサイクル

引越しに伴う不用品回収とは、客が不要になったものを引き取り、販売する仕事です。

客の要望で希望の場所におもむき、不用品を引き取り、それの処理や運搬、人件費などの料金を回収します。引取先の種別や不用品の取り扱いなどの業務内容により、免許が存在し、営業には対応する市区町村の許可が必要です。

複数の業者から自社を選んでもらうためのマーケティング能力と接客力、許可された業務範囲内で客の要望を叶えようとする正義感、複数人と協力し業務を行うためのコミュニケーション能力が必要です。また、家電リサイクル法、古物営業法、廃品回収に伴う該当市区町村の条例に関する知識も重要となります。リサイクル業者に就職したり、アルバイト、独立起業などさまざまな業務形態があります。

不要になったものを引き取り、リサイクルし、あるいは正式なルートで廃棄する廃品回収業は、引越しに欠かせない業者だといえるでしょう。

一日の仕事や必要なスキル、年収を知るには職業ナビ!
▶︎「不用品回収スタッフの仕事を詳しく見る

引越し作業の空腹を満たしてくれる『フードデリバリースタッフ』

hikkosi

すぐに美味しいものを食べたい! と思っているお客さんのもとへ、迅速安全に

フードデリバリースタッフは、客からの注文を受けて飲食店で作った料理を指定場所まで届け、場合によっては代金を回収します

飲食関係企業の社員や、アルバイトとして就業します。主にデリバリー用のバイクで配達を行いますが、自動車を使う場合もあり、各種運転免許が必要になります。自転車を使うこともあります。

安全に配達を行うための交通ルールに関する知識はもちろん、ある程度の土地勘、料理をあたたかい状態で迅速に届けようと努力する責任感、悪天候の日の運転にも耐えうるストレス耐性や体力が必要です。

美味しい料理を必要なときに届けるフードデリバリーは、作業に追われ食事を作る暇がなかったり、電気・ガス・水道が未開通だったりと食事に事欠く引越し作業中には必須なのです。

一日の仕事や必要なスキル、年収を知るには職業ナビ!
▶︎「フードデリバリースタッフの仕事を詳しく見る

【まとめ】引越しを通じて、人を応援し支える仕事

hikkosi

新生活に踏み出す背中を、あらゆる人が支えている

人が長い時間を過ごす住居や事業所は、なにげないようでいて重要です。その見慣れた場所から荷物一式運び出し、見知らぬ場所に運び込む。生活スタイルが大きく変わることもある引越しは、人生の転機にもなりかねません。

引越しに関連する仕事は、どんな人にも訪れる可能性がある「新生活」を、応援し、支えることができる職業なのです。

この記事を書いたライター
西繭香

西繭香

1992年生まれ。20歳の時に現在のパートナーと出会うまで、自分をマジョリティだと思っていたセクシャルマイノリティ(あと腐女子)。 「どんな人にも優しい記事」を目標に、多角的な物事を等身大の視点から分かりやすく執筆している。人の話を聞く事と、ディズニーシーと猫が好き。 Twitter: @Nishi_mayuka

TOPへ戻る